REDSエージェント、宅建士の坂爪です。台風19号の話題は少し前のことになってしまいましたが、「天災は忘れた頃にやってくる」という寺田寅彦の警句もあります。通過するまさにその瞬間、鎌倉のわが家も強い風に煽られ心配しました。被害はなかったのですが、記憶にはとどめておきたいと思います。

 

水害

(写真はイメージです)

 

二子玉川や武蔵小杉が冠水し、わが街鎌倉でも、前回15号で被害を受けた国道134号線、稲村ガ崎でさらに被害が拡大し、歩道が波に削られてしまいました。そして何より、私の郷里の長野県で千曲川の堤防が決壊、氾濫して大きな被害が出ました。

 

今回の被害を受けて、不動産営業マンとして思うことがあります。

 

当社でも二子玉川や武蔵小杉は営業エリアです。今回、被災した物件を取り扱う際には、売主様が買主様にご説明する「物件状況報告書」には、当然のごとく冠水の事実は記載してお伝えします。さらに重要事項説明においても記載していきます。今回の災害自体は公知の事実ですので、これから当該エリアの物件をお求めになる方々も水害があったこと自体はご存じでしょうが、実際に購入する物件がどのような状況に陥ったのかを詳細に知っておいていただく必要があるからです。

 

一方、被災した地区にお住まいの方々や物件を売りに出されている方にとって、最も気になるのが「資産価値の減少」ではないでしょうか。予測は非常に難しいのですが、短期的には価格下落方向に動くことは確実でしょう。東日本大震災の後、海沿いのマンション低層階の販売は苦戦を強いられました。今回被災しなかったエリアでも、同様にマンション低層階の買い控えがあるかもしれません。

 

ただ、もともと人気のエリアというのは利便性が優れているなど必ず理由がありますから、冠水によってそのニーズが完全に失われるとは思えません。行政も手をこまねいているばかりとは考えられず、今後は災害予防の対策が講じられることでしょう。

 

そう考えると、将来的には人気のエリアとして、市場に君臨するのではないかとも思えます。今回の台風19号は不動産業界に大きな影を落としていきました。私たちREDSはお客さまの利益を最優先し、被災状態の正確な告知は怠らずにやっていこうと思います。

 

 

坂爪潤(REDSエージェント、080-7959-2283、j.sakazume@red-sys.jp)
長野県出身。宅地建物取引士。首都圏一円、戸建て、マンション、注文住宅、投資・事業用物件まで幅広く対応。相続や登記に関する知識は豊富。
紹介ページはこちら
インタビューページはこちら