REDSエージェント、宅建士の小室武稔です。

 

不動産業界はなかなかアナログな世界です。でも、少しずつではありますが、時代の利器を取り入れつつあります。新型コロナウイルスの影響で外出自粛が呼びかけられる中、中古物件の内見を嫌う方が増えていますが、今回は画期的な手法で内見ができるようになっていることをお伝えします。

 

オンライン会議をする女性

(写真はイメージです)

 

振り返ると、私がこの業界に入った当時、お客様が不動産会社の店舗に行き、物件を店舗で選び、営業マンと一緒に車で内見に向かうというスタイルが一般的でした。そして再び店舗に戻り、お申込みをいただく流れです。

 

最近では、インターネット普及し、その技術が不動産取引の随所に取り入れられています。2017年からは賃貸住宅に限り、これまでは宅建士が対面で行われなければならなかった重要事項説明をオンラインで行うことが可能になりました。売買取引でも、2020年10月以降の正式運用を見込み、重要事項説明書の電子交付(いわゆるIT重説)の実証実験が始まりました。

 

物件を買うのも、最近は事前にお客様が物件を選定し、内見は現地集合・現地解散、そして回答は後日メールで、という流れになっています。もちろん、昔ながらのやり方を強いる業者もありますが、どちらがお客様にとって便利かは自明でしょう。

 

新型コロナウイルスの影響による緊急事態宣言が出されたことで、物件の内見もネットを駆使した方法に変わりつつあります。これまでもインターネットサイトで360度カメラで撮影した画像をつなぎ合わせることで、実際に内見しているように確認することもできてはいたものの、細かい部分までは確認できませんでした。また、CG画像を見ているようでどこか無味乾燥であり、しかも人が住んでいない物件に限られるなど、限界もありました。

 

今回、新たなスタイルとして始まったのは、エージェントがカメラを持って現地に向かい、お客様はご自宅でパソコンやスマホの前で座っていながら、オンライン上で内見ができるというものです。エージェントはカメラで撮影しながら実況中継する一方、お客様は気になる部分や不明な点をその場で質問できます。もちろん、室内だけでなくマンションの共用部分も細かくお伝えできます。

 

私も実際にやってみましたが、現地でお客様とお話しをしながら、気になる箇所は重点的に解説する感覚はこれまでと変わらない印象です。一人で話しながら、物件をまわる寂しさはありますが…。

 

まだまだ、実績が少なく、居住中の物件では売主様にご理解をいただくなど、ハードルはありますが、手軽に内見できるという点では、需要も増えるような気がします。ぜひみなさまにも、ライブ解説付きオンライン内見をご体験いただければと思います。

 

 

小室武稔(REDSエージェント、080-7564-4434、t.komuro@red-sys.jp)
神奈川県出身、宅建士、管理業務主任者、2級ファイナンシャルプランニング技能士。担当エリアは首都圏全域。マンション、戸建てで早期売却希望への素早い対応を得意としている。
プロフィールページはこちら