REDSエージェント、宅建士の小野田浩です。コロナウイルス感染拡大の問題が不動産業界に影響していることが多くのメディアで報じられています、REDSも先日、日本テレビの朝の情報番組『ZIP!』に取材を受けました。

 

不動産価格

(写真はイメージです)

 

番組では、コロナウイルスの影響でお客様をご案内する機会が減っていることや、中国製の部品が入らないためにキッチン・トイレなどの設備機器の納入時期が延び、新築物件やリノベーション物件のお引き渡しに遅れが出ている現状などをお伝えしました。

 

混乱が生じていることはほかの業者からも伝わってきます。先日、新築戸建ての建売業者さんから聞いたお話では、引き渡し直前の物件のトイレが手に入らなくなってしまい、お約束の期日に物件の引き渡しができなくなりそうになったそうです。そこで、先方と合意の上で、なんとか確保できた賃貸アパート用のトイレを仮設置して引き渡しを間に合わせたそうです。

 

後日、戸建用のグレードの高いトイレが手に入ったら、改めて付け替えるということですから、非常に良心的といえますが、たぶん似たような話はあちこちで起きているのではないでしょうか。

 

私が聞いた話のように、なんとか引き渡しが間に合うケースはよいのですが、住み替えやお引越しのスケジュールが絡んでいたりすると、仮住まいを探す必要も出てきます。余分に費用がかかるので、経済的にも精神的にも本当に大変ですよね…。

 

このように不動産業界への影響も大きいコロナウイルスの問題ですが、これを契機にこれまで上昇傾向を続けていた不動産の取引価格はいったん下落に転じる可能性がとても高いと考えられます。特に外国人観光客によるインバウンド景気に沸いていた地方の観光地の地価は、大きく下落するのではないでしょうか。

 

このところの地価公示などを見ても明らかなように、観光地を中心とする商業地の価格高騰は過熱気味でした。コロナショックが落ち着いて外国人観光客の客足が戻っても、価格水準はすぐには戻らない可能性が高いような気がします。

 

他方で、マイホームとしての底堅い実需のある物件や、賃貸需要が高く一定水準以上の家賃収入が見込めて、評価額の圧縮による相続税の節税効果がかなり期待できるような資産価値の高い物件(たとえば都心のタワーマンションなど)の価格は、いったん下がっても、比較的短期間で元の価格水準に戻るような気がします。

 

ただ、価格が下がれば、「お買い得」と感じる方も増えるのではないでしょうか。これまでは予算が届かなかったという方にもチャンスが出てくるかもしれません。

 

いずれにしても、コロナが早く終息して、一日も早く日常が戻ることを祈るばかりです。

 

 

小野田浩(REDSエージェント、080-9353-9588、hiroshi@red-sys.jp)
千葉県出身。所有資格は宅地建物取引士、宅建マイスター、住宅ローンアドバイザー、公認不動産コンサルティングマスター、住宅診断士。首都圏一円、不動産オールジャンル対応可。東京都、川崎市、横浜市のほか、23区内城南地区と東急各沿線は特に精通している。
紹介ページはこちら
インタビューページはこちら