REDSエージェント、宅建士の下山です。みなさまの記憶に新しい先日の台風19号。台風に備えてスーパーに買い物に行ったときの話です。

 

水やインスタント食品などライフラインが止まっても生活ができるものを買いに行ったのですが、みなさん考えることが同じですね。2リットル、500ミリリットルの水がすべて売り切れ、カップ麺などインスタント食品も辛いもの以外は売り切れて、閑散とした陳列棚が、準備が遅いと笑っているようでした。

 

風呂

(写真はイメージです)

 

仕方なく、麦茶の2リットルペットボトル2本とパスタを買って帰りました。帰宅後、1階のシャッターを閉めて、2階はカーテンを閉めました。さらに、断水に備えてお風呂に水をためました。

 

結局、被害もなく一安心でしたが、台風襲来の間に面白いネットの記事を見つけたので紹介します。

 

《「浴槽に水をためる」 防災の備えが問題視される理由》

 

内容は、災害時に浴槽に水をためておけば、配管確認後のトイレや生活用水に役立つ。ただ、普段から浴槽に水をためると、小さな子供がいる家庭では、子供が浴槽に落ちる危険性があるためよくない。「風呂水をためましょう」という言い切りの防災情報は、生活に密着しない情報になるので、実施されにくいのが実情。「風呂水はためたほうがいいこともあるけど、ためないほうがいい場面もある。どうしたらいいか、具体的に考えてみよう」という、その人の生活の中で実施してもらいやすい情報に変わっていけばいいのに、という提言でした。

 

私の娘は二人とも小学生なので、水が入っている浴槽に落ちるようなことはありませんが、小さい頃は、階段に柵をつけたり、部屋やテーブル角にクッションを設置したりして危険を予防しました。上記のようにお風呂に水を常にためておけば、いざというとき助かるのか、大変なことになるのかは、その人の置かれている立場で変わってしまいます。

 

このことを私の仕事である不動産取引に置き換えて考えてみました。

 

みなさん不動産を買うときは、できるだけ安く買いたい。一方、不動産を売るときは、できるだけ高く売りたいものです。

 

不動産を買いたいお客さまからは「相場よりも思いっきり金額を下げて申し込みしてもいいですか?」、売りたいお客さまからは「相場よりも思いっきり金額を上げて販売してもいいですか?」とよく質問されます。

 

不動産を買うときは、売る人の気持ちをほんの少しだけ考えてください。あなたなら、大切な資産をその金額で売りますか? 不動産を売るときは、買う人の気持ちをほんの少しだけ考えてください。あなたなら、その金額で買いますか?

 

このように、逆の立場で考えていただけますと、おのずと答えが出てきます。どちらの立場の方でも、REDSを通してのお取引であれば、他社様に比べて、仲介手数料が割引もしくは、無料になります。

 

どちらの立場でも必ずかかってくる、諸費用が節約できます。これは、両方の立場から考えても大変お得です。そこでREDSの場合、大事なこととしてエージェントが徹底しているのはお客様の立場になることです。どうぞ、ご安心の上、お問い合わせください。

 

 

下山聡(REDSエージェント、080-3082-8409、s.shimoyama@red-sys.jp)
神奈川県出身。所有資格は宅地建物取引士、損害保険募集人。担当エリアは神奈川県、東京都内。大手不動産会社などで13年、あらゆる形態の不動産取引実績を積む。
プロフィール、インタビューはこちら