上場グループがお届けする仲介手数料最大無料のサービス

不動産の購入・売却コラムcolumn

宅建士の担当者が対応するメリット(1)

「担当者が宅建士」というのは大きなメリットです!

宅地建物取引士(宅建士)とは、毎年1回本試験が実施される合格率15%程度の難関国家資格を有する不動産取引の専門家です。
不動産を売る場合も買う場合も、お客様にとって「宅建士の担当者」が対応をするメリットがあります。
宅建士があなたの取引を担当していれば、民法・建築基準法・宅建業法などの不動産取引に関する専門的な法律知識に基づく正確なアドバイスを受け、様々な取引上の疑問点を解消しながら安心して取引を進めることができます。

 

(写真はイメージです)

 

不動産売買は高額な取引ですから、お客様の様々な質問に対して、営業担当者から曖昧な回答が続くと不安を抱きかねません。あなたにとって「営業担当が宅建士」であることは、取引を進める上で大きな安心感につながります。

しかし、不動産取引に関わる担当者の全員が宅建士の資格を持っている訳ではありません。
宅建業法では、不動産会社では5人に1人以上の割合で専任の宅建士を置くことと定められています。
つまり1人の宅建士がいれば、宅建士の資格を持たない営業担当者が4人働くことができるということです。

また、ある不動産会社で専任の宅建士が2人の場合、宅建士でない(無資格)の営業が8人と多数を占めていても、宅建業法上、最低設置人数5人に1人以上を満たしていますので、法律上は「問題なし」となります。

お客様にとって「営業担当全員が宅建士」であることが理想ではありますが、お客様の営業担当者が宅建士でない(無資格)ということも、この割合から考えてみても珍しいことではないのです。

買う場合も売る場合も「営業担当が全員宅建士」であれば大きな安心感を得ることができます!

たとえば、あなたが不動産の購入を検討している場合、担当する営業が専門知識を有する宅建士であれば、物件をご案内する際も的確な説明をすることができます。

具体的には、あなたが「不動産を購入したら、今はマイホームとして使い、数年後は自宅の1階部分を店舗にしたい。」という要望をお持ちの場合には、宅建士は建築基準法に基づいて建物の使い方の規制に関するルールを確認し、本当にその物件をマイホームから自宅兼店舗に用途の変更をすることができるのかどうかなど、専門的な知見から、あなたにアドバイスを差し上げることができます。

あるいは、あなたが物件見学をした不動産の前面にある道路の道幅が狭い場合には、やはり専門的な知見から、この先自分の土地であっても、一部を道路として利用するために提供しなければならないというリスクがあるかどうか(セットバック:敷地に接している道路の道幅が4メートルに満たない場合に土地の一部を提供しなければならないというルール)を専門的に調べお伝えすることで、あらかじめリスクを回避することができます。

不動産取引の専門家である宅建士は、たとえ、お客様が物件を気に入っている場合でも、お客様の希望をできる限り叶えるために、各種法律や売買の安全性を勘案し、あえて物件をお勧めしないこともあります。

また、お客様を担当する営業が宅建士でない(無資格)と、法律で定められた重要事項の説明ができない、契約書面(37条書面)への記名と押印ができません。

つまり、様々なやり取りや詳細な打ち合わせを積み重ねてきた営業担当者が、最後の一番重要な契約の場面に登場せず、その場で初めて会った宅建士から重要事項の説明・契約書面(37条書面)への記名と押印を担当することとなってしまい、お客様にとって不安です。

最初から不動産取引の専門家である宅建士が一緒に物件見学をし、あらゆる相談を重ねて不安を解消した上で、さらに重要事項の説明・契約書面(37条書面)への記名と押印までワンストップで担当することで、あなたは大きな安心感を得ることができます。

また、あなたが不動産の売却を検討している場合には、漠然と営業担当から「この物件は再建築できないので相場よりも安く売る必要があります。」と言われても、納得できないと思います。

一方で、取引について詳しい宅建士から、「建築基準法に接道義務と呼ばれるルールがあります。都市計画区域内で建物を建てる場合、原則として道幅4メートル以上の建築基準法で認められている道路に、2メートル以上接した敷地(土地)でなければ、建物を建てることができません。ですから、この物件は、再建築できない物件にあてはまり、相場よりも安く売ることを検討する必要があります。」と不動産取引の専門家として法律のルールに基づいた正確で具体的な説明を受けることができれば、あなたはよく理解し、納得した上で取引を進めることができます。

やはりお客様のことを第一に考えると、営業担当は「全員が宅建士」であることが望ましいと言えます!

お客様にとって、不動産を買う場合も売る場合も、営業担当が宅建士の資格を有しているかどうかには、大きな違いがあります。資格を持った担当者に担当してもらえるかどうかわからないという状況ではなく、営業担当は「全員が宅建士」であることが望ましいと言えます。

このように物件のご案内から、契約の立ち合い、住宅ローンのお手伝い、重要事項の説明、契約書面(37条書面)への記名と押印、物件の引き渡し決済、リフォームの相談、アフターサービスなど、すべて不動産取引の専門家である宅建士が対応することで、すべてのお客様に安心して取引をしていただくことができます。

●ご存じですか? 不動産売買の仲介手数料はすべて割引!さらには無料になることを

東証一部上場企業グループの不動産流通システム(REDS)は、不動産売買の仲介手数料をすべて割引、さらには最大無料としつつも、お客様からの満足度の高いサービスを実現しています。

広告宣伝費などのコストを徹底的にカットしつつ、資質と経験を兼ね備えたベテランスタッフの運営でサービスの質は高め、お客様に利益を還元しています。

業界の常識を覆すREDSの新たなビジネスモデルは、「ワールドビジネスサテライト」「とくダネ!」などのテレビ番組をはじめ、各メディアでも紹介されています。

平日・土日祝日も営業中(10:00-19:00)です。お気軽にお問い合わせください。フリーコールはこちら0800-100-6633


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

不動産事業プロデューサー 牧野知弘氏による推薦の言葉

 世の中に名の通った大手でも、地域密着の中小でも、不動産会社に「仲介手数料」をたずねるとほとんどの場合「物件価格の3%+6万円」と答えます。でも私は知っています。それはあくまでも法律で決められた上限であり、定価ではないことを。だからREDSが行っている「仲介手数料の割引サービス」は、本当はとても自然な取り組みであり、これまでなかったことが不思議なくらいです。営業スタッフ全員が宅建士で、さらに上級資格の宅建マイスター認定者が多く在籍するREDSは、横並びの不動産業界に新たな息吹を吹き込むことでしょう。

オラガ総研株式会社 代表取締役 牧野知弘氏

東京大学経済学部卒業。第一勧業銀行(現:みずほ銀行)、ボストンコンサルティンググループを経て1989年三井不動産入社。数多くの不動産買収、開発、証券化業務を手がけたのち、三井不動産ホテルマネジメントに出向し、ホテルリノベーション、経営企画、収益分析、コスト削減、新規開発業務に従事する。2006年日本コマーシャル投資法人執行役員に就任しJ-REIT(不動産投資信託)市場に上場。2009年株式会社オフィス・牧野設立およびオラガHSC株式会社を設立、代表取締役に就任。2015年オラガ総研株式会社設立、代表取締役に就任する。著書に『なぜ、町の不動産屋はつぶれないのか』『空き家問題』『民泊ビジネス』(いずれも祥伝社新書)『老いる東京、甦る地方』(PHPビジネス新書)『こんな街に「家」を買ってはいけない』(角川新書)『2020年マンション大崩壊』『2040年全ビジネスモデル消滅』(ともに文春新書)などがある。テレビ、新聞などメディア出演多数

  • LINEでのお問い合わせ絶賛受付中!
  • Rマンション 新しいマンションの選択肢として私もお勧めします
  • 不動産のリアル
  • REDSには宅建マイスターが在籍しています
  • いつも、新しい答えを。桧家グループ
  • 実録 家売るオトコたちの素顔

仲介手数料がすべて割引、
最大無料のREDSに問い合わせる

仲介手数料がすべて割引のREDSに問い合わせる

LINE

フリーコールで
REDSに電話発信する