REDSエージェント、宅建士の島崎です。

 

現在は不動産売買仲介の仕事をしていますが、前職では賃貸管理業務をしていました。その中で感じていたことをお伝えします。

 

引っ越し

(写真はイメージです)

 

マイホームを購入して住んでいる方が、急に会社から地方への転勤の辞令を受けることがあります。会社の中には、マイホームを買うまではなかなか一人前として認められず、そして買ったらすぐに転勤辞令が出る、というところもあると聞きます。

 

小学生や中学生くらいのお子さんがいる方は、転校させたくないのでご主人が単身赴任するという方もいらっしゃるでしょうし、お子さんが小さい世帯や単身者、新婚さんなら「売却」か「賃貸」に出すとかすると思います。余裕のある方は「空き家にしておく」という選択もありますが、それはごく少数の方でしょう。

 

賃貸管理業務はこの中の「賃貸」に出す方のためのお手伝いです。転勤中の間、お部屋で資産運用する訳です。たいていの場合は住宅ローンが残っており「空き家にしておくことができない」のが現実です。家賃収入を住宅ローンの返済にあてれば、家を手放さないで所有し続けることができる訳です。

 

ただ、住宅ローンを払って、管理費を払って、固定資産税を払えば家賃収入だけではマイナスになる方も多いのが現実です。そのマイナスになる金額によっては売却を考える方も少なくないのですが、問題は売却して住宅ローンが完済できるかどうかです。購入当時に頭金を多く入れた方は別にして、フルローンに近い組み方をした場合、残債の支払いに自己資金をあてなくてはならないのですが、なかなかできないという人の方が多いのが現状です。

 

なので、毎月マイナスになっても貸すしかないというケースがほとんどなのではないでしょうか。貸す場合に気を付けなければいけないのは、貸している間にトラブルがあると資産価値が下がってしまうことがあることです。

 

実は、家を賃貸に出したという人が困ったこととして「借り手がなかなか決まらなかった」や「確定申告が面倒」などのほかに「入居者がトラブルを起こした」や「入居者が家賃を滞納した」などの入居者がらみがけっこう多いのです。いちばんひどいのは大きな事件に巻き込まれて大きく報道されてしまい、売ることも貸すこともできなくなったというケースです。

 

ただ、これはリスクゼロにすることができません。だから他人に貸す前に、賃貸管理会社を活用して入居者を審査するということを徹底しましょう。後々、貸主様にとってメリットとなるはずです。

 

賃貸管理を頼むときは「誰でもいいから入居させてしまう管理会社」よりも「良質な借り手を選んで賃貸してくれる管理会社」を選んだほうが結果的によい訳です。大手の管理会社だから安心とは必ずしも言えないものです。意外とご自宅の最寄りの小さな管理会社のほうがより親身になって入居者選びをしてくれる場合も多いということをぜひ知っておきましょう。

 

 

島崎正輝(REDSエージェント、090-2646-1379、ma.shimazaki@red-sys.jp)
茨城県出身。所有資格は宅地建物取引士。得意エリアは東京都足立区、埼玉県内、TX沿線。
プロフィールページはこちら