REDSエージェント、宅建士・マンション管理士の津司徳義です。

 

7月からREDSのメンバーになりました。今回は、なぜ私が新たな職場としてREDSを選んだのかを紹介します。みなさまの不動産会社選びの参考になるかもしれないと思い、筆を執りました。

 

ビジネスウーマン

(写真はイメージです)

 

私が数ある不動産会社の中からREDSを選んだ理由は2つあります。

 

1つめは、REDSには尊敬できる営業マン(エージェント)がたくさん在籍しているということです。私は普段からお客様に対しては冗談半分で、また自分を律するためにも「不動産営業マンの8割は良くない人ですよ。不動産会社選びは慎重にしてくださいね」と申し上げてきました。

 

8割は大げさですが、不動産営業マンは同業者の目からみても「あの営業マン尊敬できるな!」「あの営業マン良い人だな!」「あの営業マン本当にお客様のことを考えているな!」と尊敬できる人は、実は多くないのです。

 

一方で、不動産営業マンとして仕事をする中で、特に良い印象に残っていた先輩営業マンの複数人がREDSに転職したり在籍したりしていたのです。「良いところには良い人が集まる」というのが人生訓でもあったため、転職を決意するに至りました。出社した初日から、その感覚はやはり間違っていなかったな、と感じています。

 

2つめは「仲介手数料が最大無料」ということです。お客様のためのこのサービス、私の会社選びにとっても非常に魅力的でした。

 

不動産業者は、手数料の割引をする会社としない会社(法定上限額まで請求する)の2種類があると思います。

 

今までは手数料を割引しない会社に在籍しておりましたし、かつては「割引は邪道だ」とさえも思っていました。お客様から「割引してよ」と言われたことも一度もなかったので、「手数料に見合う価値の提供をしているので問題ない」と思っていました。

 

手数料を割引する会社の中でも、「とことん経費を削減するだけの会社」と「精鋭を集めることにより経費を削減することを可能にした会社」に二分することができます。後者は、能力が高く、幅広い業務を担うことができる精鋭を集めることで、余計な人員や経費を削減できているのです。

 

もうお気づきとは思いますが、それはもちろんREDSのことであり、私は、この考え方で手数料の割引をしている会社をREDS以外に知りません。これからの不動産業界にとって、お客様に利益を還元するという姿勢を持つことは、今後の重要な課題であると考えています。物件を紹介するだけで多額の仲介手数料を請求するスタイルは、近い将来、崩壊するはずだからです。

 

不動産仲介業者として、お客様の立場で考え、最も正しい方向を向いている企業戦略だなと感じています。多くの魅力を感じたREDSで、これからお客様に貢献したく思いますので、よろしくお願いいたします。

 

 

津司徳義(REDSエージェント、070-1402-4276、n.tsushi@red-sys.jp)
北海道出身。宅地建物取引士。マンション管理士、2級ファイナンシャルブランニング技能士、不動産鑑定士(2019年短答式試験合格)。目黒・太田・品川・港・渋谷区の戸建て、マンション・戸建て、土地取引に強い。
紹介ページはこちら