REDSエージェント、宅建士の渡部親三です。マンションのご契約の手続で重要事項説明をしているときに、お客様から質問をいただきました。

 

「『陸屋根』って何ですか?」

 

確かに聞き慣れない言葉ですね。不動産の世界への興味を広げていただくために、今回はこの「陸屋根」について解説してみます。

 

住宅とクエスチョンマーク

(写真はイメージです)

 

物件の買主様に対して行う重要事項説明では、冒頭の「不動産の表示」という箇所で、どんな不動産であるかを端的に説明します。マンションの場合「一棟の建物の表示」という、建物全体の概要の説明から始まります。お客様が尋ねられたのは、その中の「構造:鉄筋コンクリート造【陸屋根】10階建」という表記です。

 

建物全体の構造を説明するところで、建物の構造は「当該建物の構成材料+屋根の種類+階数」で表示します。つまり、この場合は鉄筋コンクリートでできた10階建ての建物で、屋根は陸屋根形式である、という意味です。

 

この「陸屋根」は「ロクヤネ」と読みます。「リクネヤ」も間違いではないようですが、建築用語の「陸=ロク」から来ている言葉なのでロクヤネと読むのが正しいようです。この「陸(ロク)」とは、「水平」という意味で平らなことを指しています。つまり陸屋根とは「勾配・傾斜のない平面の形状の屋根」のことで、マンションの屋根の形状では一番多いものです。

 

陸屋根をもつ建築物の上の平面部を屋上といいます。水平といっても、実は陸屋根にはごくわずかな傾斜がついていて雨水などが貯まらないようになっています。

 

陸屋根以外の屋根の形状としては、「スレート葺」「亜鉛メッキ鋼板葺」「瓦葺」などがあり、いずれも傾斜がついています。戸建てでよく見る「への字型」の「切妻屋根」や「入母屋屋根」といったものをイメージしてもらうとわかりやすいと思いますが、それらの形状の屋根が登記されることは通常はありません。陸屋根だけが形状そのままに陸屋根と登記されます。

 

ところで、なぜ「陸」をロクと読むようになったのでしょうか。実は、このロクは「ろくでなし」という言葉の語源でもあるそうです。「水平でない=不陸」というところから、否定的な言葉として使われるようになったとか。建築現場で大工さんが使い始めた言葉なのかもしれませんね。 意外な不動産トリビアでしょう?

 

このように不動産の広告や解説記事の中には一般には聞き慣れない言葉がたくさんあります。あ行だけでも、青地、赤地、RC造、青田売り、アルコーブ……。よく意味が分からない用語に出くわしたときは、お気軽にお問い合わせください。

 

 

渡部親三(REDSエージェント、090-9815-2948、s.watanabe@red-sys.jp)
福島県出身。保有資格は宅地建物取引士、宅建マイスター、損保募集人資格、行政書士(未登録)。首都圏一円で、戸建て・マンションは居住用・投資用ともに得意としている。
プロフィールページはこちら
インタビュー記事はこちら
外部ライターによる紹介記事「家売るオトコたちの素顔」はこちら