REDSエージェント、宅建士の菅野です。先日、同僚エージェントの井原に「マンションのインターネット回線が遅くて困っている」と相談を受けました。同じような状況でお困りの方も多いのではないかと思い、相談の一部始終と解決方法をお伝えします。

 

パソコンと砂時計

(写真はイメージです)

 

井原「菅野さん、なんかおすすめのWi-Fiルーターってないですか?」

 

菅野「おお、そうね。TP-LINKのWi-Fi6対応の最新機種は爆速でヤバイらしいよ! IPV6…」

 

井原「いやー、そういうごっついのはいらないんですわ」

 

菅野「そういえば、井原君はひとり暮らしだっけ? それなら、新しければなんでもいいんじゃない?」

 

井原「それが、非常に遅いんですよ。ルーターが古いからだと思って、替えようと思うんです」

 

菅野「そう、でも一人で使うレベルなら、買い替えてもそんなに変わらんかもしれないよ」

 

井原「そうなんですか?」

 

菅野「マンションのインターネット回線が遅い可能性もあるんじゃない?」

 

井原「ああ、もともと最初から込みで入ってるネット回線で、100M共有なんです。」

 

菅野「それが原因だよ。いくら低圧用のシャワーヘッドに変えても、水圧が極端に低けりゃどうにもならないのと一緒だよ」

 

井原「管理会社に言ってるんですが、全然変わらないんですよね!」

 

という相談で、結論としては「引っ越すしかない」でした。

 

2000年代前半から2010年代にかけて、マンション全体で常時接続インターネット回線(FTTH)を引き、管理費に組み込むスキームが流行しました。そのころは「インターネットの契約をいちいちしなくてもすぐに繋がって便利」と考える人が多かったのは事実です。

 

しかし、このコロナ禍でテレワークが普及し、インターネット回線の使用頻度が上がってきています。また「YouTube」は言うに及ばず「Amazon Prime Video」「Netflix」「Hulu」などの定額大容量動画配信サービスを利用する方も増え、回線の容量というものが建築当時に比べ、非常に重要な要素となってきています。

 

先ほどの井原のマンションですが「100M共有」という仕組みだそうです。これは回線容量100Mbpsを部屋数の32世帯で共有するわけで、実際に全戸が利用した場合には最大100÷32=約3Mbpsまで速度が落ちます。これでは動画視聴はおぼつきません。

 

また、現在のインターネットプロトコルはIPV4という方式を利用していますが、これが速度遅延の原因となることが分かっています。IPアドレスが枯渇してしまったせいで現在、「プライベートアドレス」という仕組みが使われているのですが、上記の100M共有と同じような仕組みのため、それがISP(プロバイダ)でも行われて回線が混むとそこから遅くなっていく、という事態になってしまいます。要するにどんどん枝分かれして、スピードがどんどん下がっていくというわけです。

 

この「IPアドレス枯渇問題」を解決するのがインターネットプロトコルヴァージョン6、いわゆる「IPV6」だといわれています。ただ、マンション全体でインターネット回線を導入しているマンションで、プロバイダが指定されているものも多く、そのプロバイダが「IPV6」に対応していない場合は利用できません。

 

IPV6を利用する場合には、終端装置やルーターがIPV6に対応しているものを利用しなければなりません。また、IPV4とIPV6の互換性がないため、別の問題がおこる可能性があります。詳しくはご利用のプロバイダ、回線業者にご確認ください。

 

今後、マンションを検討する際には「インターネット回線」があらかじめ導入済みか、そのインターネット回線は高速であるかについての調査もわれわれ宅建士にとって重要になってきます。自宅で仕事をされる方、動画サービスを頻繁に使用される家族がいる方は、ぜひお尋ねください。

 

 

菅野 洋充(REDSエージェント、0800-100-6633、hiromitsu@red-sys.jp)
北海道出身。所有資格は宅地建物取引士、宅建マイスター、2級ファイナンシャル・プランニング技能士(個人資産相談業務)、ホームステージャー2級、競売不動産取扱主任者、情報セキュリティマネジメント、住宅ローンアドバイザーなど。
プロフィールページはこちら
インタビュー記事はこちら