REDSエージェント、宅建士の菅野です。住まいを買うタイミングは人それぞれではあります。しかし、不動産業者としてお客様と接していていつも思うのは、「家は可能な限り早いうちに買ったほうがいい、できれば20代のうちに」ということです。

 

実は私も20代で家を買いました。ITバブルやリーマンショック、東日本大震災といった困難な時期や3回に及んだ転職を乗り切れたのは、家を買っていたおかげではないかと思っています。20代に家を買うメリットは3つあります。

 

マイホーム

(写真はイメージです)

 

現役中に完済できる

 

まず、最も大きいメリットとして、35年ローンでも60代のうちに完済してしまえることです。

 

一般に住宅ローンの借入期間の最長は35年です。29歳で買ったとしても、35年後は64歳。まだ現役です。繰り上げ返済すれば、退職金はリタイア後の生活資金に回せます。

 

39歳に35年ローンを組むと完済は74歳、44歳で組むと79歳となり、老後の生活が苦しくなっていきます。また、住宅ローンは80歳の誕生日までに返済しなければならないルールとなっているため、45歳を過ぎると返済期間を35年にできなくなります。期間が短いと、毎月の返済額が多くなりますので、40代半ばを超えて買うと負担もリスクも大きくなります。

 

このほか、一般に加齢とともに健康状態にもさまざまな問題が出てきます。糖尿病や高血圧などの生活習慣病にかかる確率が高まり、団体信用生命保険に入りにくくなります。若くて元気なほうが住宅ローンを組みやすいということです。

 

返済リスクを減らせる

 

若くてまだ稼げないうちに買うことで、逆にリスクを減らすことができるのも大きなメリットです。矛盾しているように思われるかもしれませんね。

 

20代は年収がそれほど多くないため、借入総額が低くなるためあまり高い物件は買えません。しかし、入社後にだんだん給料が上がっていくと、月収に占めるローン返済額の割合は低くなっていきます。そうなると、余剰分を貯蓄に回したり、ローンの繰り上げ返済ができたりします。貯蓄があれば、いろいろな生活のリスクに対応することもできます。

 

早く家を買うだけで、その後の生活に余裕が生まれるというわけです。「稼いでからいい家を買おう」ではなく「稼いだらもっといい家を買おう!」という考え方ですね。

 

若いうちだと親に援助を頼みやすい

 

「孫が生まれる前に家を買いたい。だから頭金を出してくれない?」とストレートにおねだりできるのも20代の特権かもしれません。

 

国も、親からの資金援助は「直系尊属から住宅取得等資金の贈与を受けた場合の非課税」という制度を作って後押ししています。親から子への財産の移動に対する、もっとも強力な減税制度の一つですので、親御さんにお金があるなら絶対に使ったほうが良い制度です。

 

デメリットを挙げるならば、引っ越ししづらくなることくらいでしょうか。しかし、資産性の高い物件を買っていれば、売却して住み替えることは難しくありません。

 

とにかく、家は早く買えば買うほど、メリットが大きくなります。これまで将来を漠然としか考えていなかった方でも、家を買うことでしっかりと考える習慣がつくことは間違いありません。20代に買った家はボロ家だったにもかかわらず、とても満足している私の経験から言えることです。

 

 

菅野 洋充(REDSエージェント、0800-100-6633、hiromitsu@red-sys.jp)
北海道出身。所有資格は宅地建物取引士、宅建マイスター、2級ファイナンシャル・プランニング技能士(個人資産相談業務)、ホームステージャー2級、競売不動産取扱主任者、情報セキュリティマネジメント、住宅ローンアドバイザーなど。
プロフィールページはこちら
インタビュー記事はこちら