REDSエージェントの菅野洋充です。訳あって現在、地方の物件売却のお手伝いをしています。親族からの依頼で最初、私に売ってもらいたいと言われたのですがお断りし、無償で窓口対応をしているのです。

 

高齢者夫婦

(写真はイメージです)

 

これまで、首都圏をフィールドに仲介を行ってきましたので、勝手の違う地方での仲介に四苦八苦しました。REDSでは「仲介手数料の割引から最大無料」を掲げているのですが、地方ではやっていけないかもしれないと感じました。その理由を振り返ってみると、だいたい以下の3点にまとまりました。

 

(1)レインズやポータルサイトがほとんど用をなさない

 

物件売却を依頼され、相場観を確認するため最初にのぞいたのが不動産業者専用の売買情報検索システムであるレインズです。近隣事例を確認しようとしたところ、なんとほとんど物件がないのです。登録されているわずかな物件にも、販売図面の登録すらありません。1年以内の成約事例もありません。

 

これではまったく参考にならないと、ポータルサイトを見たのですが、これまた物件が少ない! 相場観がつかめません。いろいろ調べてみると、どうやらその物件の場所は市内では比較的需要が高めの地域のようでした。レインズに登録しているのは地元の需要がなく、広く買い手を募らないといけない場所だ、ということは理解できました。

 

不動産業者は売買の専任・専属専任の媒介契約で仲介依頼を受けたら一定期間内にレインズへの登録が義務づけられています。その一定期間内になぜか売れてしまうから、登録が少ないのでしょうか。それとも、登録義務のない一般媒介契約ばかりなのでしょうか…。

 

(2)調査がたいへん

 

弊社REDSでは、東京23区とその隣接地域までを取り扱っておりますが、東京の市部や埼玉県川口市などは調査する役所が比較的広範囲にあり、苦労するところです。それでも同じ市内や近隣駅の最寄りにあればなんとか一日で調査は済ませることができます。

 

しかし、地方では建築確認事務を広域で行っていることがほとんど。この物件についても市外に建築確認を管轄する役所があり、行くのに物件から車で片道1時間ほどかかりました。また、他にもたくさん調査する事項がありますが、管轄の部署が広く点在していて移動が非常に大変でした。

 

(3)不動産業者が少ない

 

価格相場について直接業者に聞いてみようと思ったのですが、近くにあまり不動産業者はありません。選択肢が少ない中からいくつか接触を試みようとしましたが、夕刻早めの時間でも電話がつながらなかったり、住所をストリートビューでみると一戸建てで営業しているのかどうか分からなかったり、地主が自分のアパートなどの管理会社と不動産屋を兼ねていたりなどと、なかなかカオスな状況です。

 

とりあえず、所有者とお付き合いのある業者さんと、比較的大きめな地元企業の関係業者さんにお声がけをして解決しました。どちらも一般媒介で受けてもらい、現在販売しています。インターネットでの露出がほとんどないのですが、なぜか案内はしばしば入るので、どのように集客しているのか今度聞いてみようと思っています。

 

やってみると、都内とはかなり勝手が違い、大変でした。価格だってもちろん都内ほど高くはないし、お客様もたくさんいるわけではないようなので、弊社のような「仲介手数料割引から最大無料」ではちょっとできない仕事だなあと感じました。

 

 

菅野 洋充(REDSエージェント、080-6789-2788、hiromitsu@red-sys.jp)
北海道出身。所有資格は宅地建物取引士、宅建マイスター、2級ファイナンシャル・プランニング技能士(個人資産相談業務)、ホームステージャー2級、競売不動産取扱主任者、ITパスポートなど。担当エリアは東京都内一円、埼玉県南部、南東部、神奈川県川崎市、横浜市。
プロフィールページはこちら
インタビュー記事はこちら