REDSエージェントの坂爪です。大手から中小零細に至るまで、多くの同業者で仲介手数料を法定価格の上限ギリギリまで請求するなか、REDSは不動産売買にかかる仲介手数料の価格を世間一般の価格から割り引くことを宣言しています。その理由はこのサイトでさんざん語られているので、ここでは別の視点から、仲介手数料について私が考えていることを述べます。

 

シェアハウスを探す女性たち

(写真はイメージです)

 

いきなりですが、仲介手数料の上限額が一律で「成約価格×3%+6万円」(消費税抜き)ってなんだかおかしくないですか?

 

不動産取引の現場にいる私たちエージェントからすると、実は500万円の物件も1億円の物件も、お仕事の内容はあまり変わりません。

 

逆に、物件価格が安い方が大変だし、難しいというのが本音です。というのも、高額物件のほとんどが都会にあるので手軽に行けますし、関係書類がきちんと保管されていることの方が多いのですが、価格の安い物件はその逆。離れたエリアにあることが多かったり、それゆえ物件調査に慣れていないという大変さがあったりするだけでなく、古い物件になると建築当時の資料が残されていなかったり、境界トラブルがあったり、 近隣住民との取り決めに関する書類を紛失していたりと、問題が山積みで取引に移るまでの手間が膨大なのです。

 

このため、500万円の物件でいただく仲介手数料の上限金額(21万円)は安すぎる気がする一方で、1億円を超える物件での上限価格(306万円)はやはり高すぎると、私は思ってしまいます。

 

もちろん、宝石でも車でも野菜でも、高額な物や希少性の高い物の売買では大きな報酬がついてくるものですし、大きなものを取り扱うことによる訴訟リスクもあるわけですから、仲介手数料の額に全面的に異論があるというわけではありません。私が言っているのは「それにしても高すぎじゃないですか?」 ということです。

 

仲介手数料の仕組みに、このようにいわば構造的欠陥を抱えているわけですから、法定上限を請求するのが当たり前という状況から少しでも早く脱し、仲介手数料を自由化し、仕事に見合った報酬を適正に請求できる業界になってほしいと思います。

 

仲介手数料の自由化を実現するためには、透明性の高いサービスを提供していることへの信頼感が得られなければなりません。何をするにも難しい時代になりましたが、専門性の高い人間が残る時代であってほしいと思います。

 

私は仲介手数料を自由化し、両手仲介を行わないエージェント制こそが次の仲介業界のスタンダードになると考えています。それはREDSがすでに実現しているシステムです。不動産業界全体が良い方向に進んでいくためにも、私たちエージェントに課せられた使命は重く、いっそう努力していきたいと思います。

 

 

坂爪潤(REDSエージェント、080-7959-2283、j.sakazume@red-sys.jp)
長野県出身。宅地建物取引士。首都圏一円、戸建て、マンション、注文住宅、投資・事業用物件まで幅広く対応。相続や登記に関する知識は豊富。
紹介ページはこちら
インタビューページはこちら

 

●ご存じですか? 不動産売買の仲介手数料はすべて割引!さらには無料になることを

東証一部上場企業グループの不動産流通システム(REDS)は、不動産売買の仲介手数料をすべて割引、さらには最大無料としつつも、お客様からの満足度の高いサービスを実現しています。

広告宣伝費などのコストを徹底的にカットしつつ、資質と経験を兼ね備えたベテランスタッフの運営でサービスの質は高め、お客様に利益を還元しています。

業界の常識を覆すREDSの新たなビジネスモデルは、「ワールドビジネスサテライト」「とくダネ!」などのテレビ番組をはじめ、各メディアでも紹介されています。

平日・土日祝日も営業中(10:00-19:00)です。お気軽にお問い合わせください。フリーコールはこちら0800-100-6633


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る