「不動産屋の営業マン」と聞くと皆さんはどのような印象をお持ちですか?

 

「怖い」
「買わされそう」
「しつこく連絡が来そう」

 

残念ながらあまり良い印象では無いかも知れません。最近は比較的、おとなしい不動産営業マンも増えてはきましたが、まだまだ、ガッツリ系の営業マンも数多くいます。

 

ビジネスウーマン疲れ

(写真はイメージです)

 

当社のお客様には、複数の不動産会社の営業マンと接してきた後にいらっしゃる方や、他社での物件探しと同時進行の方が多いです。お客様からお話をうかがっていると、「営業マン疲れ」しているのが分かります。しつこい電話勧誘や不誠実で嘘くさい対応に嫌気がさしているようです

 

そうしたお客様は、そもそもマイホーム探しというものは自分たちのペースでして当然であるということを、残念ながらご存じないのです。そんな当たり前のことをまず知っていただき、体感していただくために、私はあえて「積極的には売らない営業」をしています。

 

「売らない営業」とは具体的にはどういうことかというと、私がお客様にお会いして、実際に物件にご案内する際には 買う、買わないのお話はしません。同じ目線で、自分が買うつもりになって、一緒に物件を探します。物件のメリットだけでなく、マイナスポイントも隠さず伝えます。そのマイナスポイントがプロ目線でみてあまりに過剰であるなら、場合によっては購入を断念することを勧めます。

 

もちろん、購入するべきだと感じたときは、軽く後押しはします。それでも、「購入しましょう」とは決して言いません。営業マンの役割とは、お客様の不安を察知して解決することであり、情報提供とともにお客様の求める条件整理をすること、さらに専門家としての意見を述べること。そうやって、お客様ご自身で購入するかしないかを決断できるようにすることだと考えています。

 

とにかく、最終判断はお客様に委ねます。会社によっては、こんな営業スタイルは許されないのかも知れませんが、REDSの営業マン(エージェント)は、皆それぞれのスタイルで営業活動することが許されています。私の営業スタイルに合うお客様も数多くいらっしゃると、これまでの経験から確信しています。マイホーム探しで、営業マンに疲れた方はぜひ、どうぞ。

 

 

坂爪潤(REDSエージェント、080-7959-2283、j.sakazume@red-sys.jp)
長野県出身。宅地建物取引士。首都圏一円、戸建て、マンション、注文住宅、投資・事業用物件まで幅広く対応。相続や登記に関する知識は豊富。
紹介ページはこちら
インタビューページはこちら

 

●ご存じですか? 不動産売買の仲介手数料はすべて割引!さらには無料になることを

東証一部上場企業グループの不動産流通システム(REDS)は、不動産売買の仲介手数料をすべて割引、さらには最大無料としつつも、お客様からの満足度の高いサービスを実現しています。

広告宣伝費などのコストを徹底的にカットしつつ、資質と経験を兼ね備えたベテランスタッフの運営でサービスの質は高め、お客様に利益を還元しています。

業界の常識を覆すREDSの新たなビジネスモデルは、「ワールドビジネスサテライト」「とくダネ!」などのテレビ番組をはじめ、各メディアでも紹介されています。

平日・土日祝日も営業中(10:00-19:00)です。お気軽にお問い合わせください。フリーコールはこちら0800-100-6633


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る