REDSエージェント、宅建士の井原直樹です。

 

先日の出来事です。ある新築戸建ての購入希望のお問い合せをいただきました。「価格交渉の余地がないか売主側に確認してほしい」とのことでしたので、売主業者に確認したところ、「売れ行き好調なので、できても80万円ですね」とのご回答でした。

 

不動産購入

(写真はイメージです)

 

そのことをお客様に報告すると、「他の仲介会社は200万円下がる可能性ありますと言っていましたよ?」とのことでした。

 

この業界にいて、仲介会社がつく「ウソのパターン」を知っていて、すっかり辟易している私とすれば、「またか」という感じです。

 

当たり前の話ですが、仲介会社がどこであろうと、価格決定の主導権は売主にあります。新築戸建てはハウスメーカーが売主です。彼らは事業計画を作成し、それにのっとって価格を決定しています。このため、せいぜい30万~80万円程度の値引きが限界です。

 

もちろん、営業マンの力量によって、値引きをどこまで引き出せるかは変わってきますし、REDSエージェントも必死で努力しています。

 

そもそも人気物件は、「びた一文まからない」のが普通です。では、なぜ他の仲介営業は、できもしない値引き額をお客様に提示したのでしょうか。もう身も蓋もないのですが「見込み客を逃がしたくない」という下心だけです。「200万円くらい下がる可能性があるので、購入申込みしてみましょう!」なんて、営業マンに言われたら、このパターンです。

 

今回のお客様は聡明な方で営業マンのウソと下心を見抜かれていましたが、営業トークに乗せられてしまうと、値引きが営業マンの予想どおりに80万円にしかならなかったとしても「営業マンの方が頑張ってくれたから契約しようか」という気持ちになってしまう方もいるかもしれません。

 

そうやって購入申込みを急かされたら、まず警戒しましょう。本当はいくら下がるのか、REDSなら仲介手数料が無料になるのか、すぐにお調べします。どうか、透明性が高く、安全な不動産取引をなさってください。

 

 

井原直樹(REDSエージェント、080-7564-4417、n.ihara@red-sys.jp)
長野県出身、宅建士。担当エリアは東京23区、埼玉県南部、千葉県西部、神奈川県。マンション売買を最も得意とする。
プロフィールページはこちら