REDSエージェント、宅建士・マンション管理士・2級FPの津司徳義(つしのりよし)です。

 

今回はREDS自慢の「仲介手数料無料」の仕組みをご説明いたします。REDSでは仲介手数料については「すべて割引から最大無料」をキャッチフレーズに掲げています。

 

無料イメージ

(写真はイメージです)

 

仲介手数料と言えば宅建業法で定められた「物件価格の3%プラス6万円プラス消費税」を当然のように請求してくる不動産会社がほとんどですが、そんな慣習がはびこる業界にREDSは強烈なアンチテーゼを放ちました。業績は拡大しており、徐々に認知度も高まってきたのですが、それでもなお「無料」については「怪しい」と感じる方が多いでしょう。

 

私も顧客目線では確かにそう思います。「タダほど高いものはない」との格言もあります。しかし本質は無料ではないのでご安心ください。

 

仲介手数料が「無料」になるケースは新築のマンションや戸建ての場合です。一方、「割引」となるのは中古のマンションや戸建ての場合です。今回は「無料」になるケースについて説明します。

 

新築のマンションや戸建ての場合、売主は建売業者や販売会社です。一方、買主は一般消費者であるお客様。仲介会社は仲介手数料を売主と買主の双方からいただくことが法的に可能で、ほとんどの業者がそうしています。たとえば4,000万円の物件を売却した売主の販売業者からおよそ120万円、買主のお客様からも同様に120万円を受け取っています。

 

REDSの場合、ここで買主であるお客様からは手数料をいただかないとしています。仲介手数料は売主の業者からいただくだけでよしとしているのです。言い方はどうかと思いますが、お客様からは仲介手数料をいただかなくても、しっかりもうけさせていただいています。そしてお客様からいただかないことをもって他社との差別化を図っているのです。

 

また、こうも考えることができます。

 

マンションの売主の販売業者は、お客様から4,000万円を受領し、その中から仲介手数料およそ120万円を不動産会社に支払います。つまり、売主が支払う仲介手数料の原資はお客様が出しているということです。これとは別に、不動産業者に手数料およそ120万円を支払うということは、二重に支払っていると言うこともできそうです。

 

不動産業者は実質的には買主様に法定上限のおよそ3%をはるかに超える手数料を請求している。そう考えると、もはや無料や割引にしない業者の方がおかしいのです。

 

不動産は高額商品のため、取引に関しては不透明なことが多いのも事実ですが、REDSの場合、お問い合わせいただければすべての疑問について包み隠さず説明しています。

 

 

津司徳義(REDSエージェント、070-1402-4276、n.tsushi@red-sys.jp)
北海道出身。宅地建物取引士。マンション管理士、2級ファイナンシャルブランニング技能士、不動産鑑定士(2019年短答式試験合格)。目黒・太田・品川・港・渋谷区の戸建て、マンション・戸建て、土地取引に強い。
紹介ページはこちら