仲介手数料無料!東京23区の不動産売買はお任せください - REDS(レッズ)
無料通話:0800-100-6633(平日・土日祝日10-19時・メールは24時間受付)

マンション買取のご案内

査定申し込み

 

 当社は、東京証券取引所第一部に上場する株式会社ヒノキヤグループのグループ企業です。 安定した経営基盤ならびに法律・税務の専門家のネットワークを生かし、最後まで売主様をサポートします。

 

 

マンション買取のお問い合わせ

 

 

 

【ケース1】 自己資金ゼロ、たった2週間で実現した
お気に入りマンションへの住み替え

REDSの「買い取り+仲介手数料無料」で100万円の貯蓄もできたサクセス住み替えストーリー

家庭の事情などから急な引っ越しが必要になったA様。1400万円の残債があり、貯蓄もなかったため不安を抱えていたのですが、REDSの買い取りサービスを活用してたった2週間のスピード売却を実現しました。しかも、他社よりも高値での買い取りと仲介手数料無料による仲介で、100万円の現金が手に入るというオマケまでついて、大いにお喜びいただけています。どんな住み替え活動をされたのか、振り返っていただきました。

【売主様】A様ご夫婦、お子様1人
【売却物件】世田谷区内 築33年 購入価格2,200万円
【購入物件】世田谷区内 築44年 購入価格3,000万円
【売却価格(REDS買取価格)】2,000万円
【自己資金】0円

売却活動への経緯から教えてください

A様 貯蓄がなかったので、なにもかも不安でしたが、頭金がなくてもローンを組んでマンションが買えないかというところから調べていました。ローンの残債は1,400万円あり、住んでいたマンションを買うための頭金として親族から500万円の援助を受けていたので、最低でも1,400万円、できれば1,900万円で売れればいいなと考えていました。調べているうちに、残債がクリアになれば頭金がなくても、ローンが組めるということを知りましたので、賃貸ではなく、マンション購入を決めました。

最初から業者による買い取りを想定されていたのですか

A様 新居になる物件がとても気に入ってしまい、「どうしてもここに住みたい」と思ってしまったのです。価格、子供の学区、実家との距離など、条件が完璧に合致したためで、ほかの人に買われる前になんとかして押さえてしまいたいと。REDSの担当の方からは「一般の人から買い手が現れるのを待った方が高く売れるかもしれない」とお聞きはしましたが、「残債を払えるくらいの値段がつくなら、とにかく早く売りたい」という希望をお伝えし、「業者買い取り」で手続きを進めてもらいました。

REDSをパートナーに選んでいただいた決め手は何でしたか?

A様 買取価格としてH社が1,600万~1,700万円、T社が1,800万~1,900万円を提示してくれました。ここでT社に決めてもいいかなと思っていたのです。でも、そのあとREDSの担当者から2,000万円を提示していただきました。その額にも驚きましたが、さらに話を聞くと、新居の購入にかかる仲介手数料がREDSは無料だと言うんですね。他社なら消費税込みだと100万円を超えますから、なおさらですよね。でも「無料で商売が成立するはずがない。理由をつけてほかに料金を請求されるのではないか」という懸念もありましたので、念のために確認したところ、REDSの担当の方はその心配はないことを丁寧に説明してくれました。なので、お願いしない理由はありませんでした。

確かに、 他社の買取価格の相場観で言うと1,600万~1,800万円が妥当でしょうね。当社は薄利多売ですので、そうした金額が可能になります

A様 2000万円で売れて、仲介手数料もかからないなら、残債に加えて親族からの援助を返済しても手元に100万円が残ります。しかも、マンションを購入するために手付金がかかり、自己資金がゼロだったのでこれも不安だったのですが、売却価格の2,000万円から充てることができたので、とても助かりました。

今後、住まいを売却、購入される方へのメッセージをお願いします

A様 不動産の売却や購入は専門知識がないと理解できないことばかりです。住宅ローンや手付金など、それについて回るお金の流れも分かりづらかったのですが、REDSの担当の方が図解してくれたのでありがたかったです。売却の相談から新しい住まいの購入、引き渡しまでワンストップで全部やってくれて、私の手間が少なかったこともメリットに感じました。他社と違って担当の方がベテランの方だったことや、グループ会社も上場企業の大手であることも、安心につながりました。急いで住み替えしないといけないという方には、かなりお勧めできます。

 

マンション買取のお問い合わせ

【ケース2】 “買いたたかない”買い取り価格の提示に驚き、即決。
資金を確保しUターン、「第二の人生」へ

REDSの「買い取り+仲介手数料無料」で早期に希望販売価格で売却できたストーリー

都内でグラフィックデザインのキャリアを積み、ふるさとでの「第二の人生」を考え始めたK様。古民家をリフォームした自宅兼仕事場で、週末にカフェを開く計画です。その前に、浅草にある自宅マンションを売却しなくてはなりません。当初、4,200万円の希望売却価格で売却活動をスタート。2カ月がたち、エージェントから「REDS買い取り」を提案されました。「4,000万円以下だったら断る」と決めて聞いてみたところ、その価格にビックリ。即決し、ローン残債を払って1,900万円もの現金を手にされました。

【売主様】K様、奥様
【売却物件】台東区内 築16年 2LDK ローン残債2,200万円
【購入物件】ふるさと島根県の古民家
【売却価格(REDS買取価格)】 4,100万円
【手にした現金】1,900万円

REDSで売却活動をされる経緯を教えてください

K様 

いわゆる「一括査定サイト」を利用してみたりもしましたが、いろんな不動産会社から高めの査定価格を提示して、電話やメールで営業活動を仕掛けられたのですが、どれもしつこくてイマイチ信用できませんでした。そこで、ネットであれこれ調べているうちに、たまたまREDSを見つけました。

 

じつはREDSが大手不動産会社ではないので信用面で不安はあったのですが、サイト上にテレビの経済情報番組やワイドショー、また週刊誌などで取り上げられたと書かれてあり、大丈夫と感じました。ただ、それ以上に仲介手数料が半額になるということが、大手ではないことへの不安を上回るほど大きな魅力で、心を動かされるものがありましたので、売却をおまかせすることにしました。

REDSで買い取りに至るまではどんな流れだったでしょうか

K様 当初は、普通に一般人に売却してもらうことを考えていました。売却希望価格は4,200万円で、今年の夏くらいに売れればいいと。なので、別に売れなくて焦っていたわけではありません。購入を検討する方の内見対応には、週末がつぶれますので正直、イヤだなとは思っていましたが。
5月になって、川口さんから「REDSで買い取るサービスを始めるのでいかがでしょうか」と提案を受けました。それを聞いて「いい話だ」とは思ったんですね。ただ、提示価格によってはお断りしようとは思っていました。当初の売却希望価格が4,200万円で、さすがにその価格で買い取ってもらうことは考えていませんでしたが、4,000万円を切る価格だったら、そのまま仲介を継続してもらおうと。

REDS買い取りでお得に感じたことはありますか?

K様 買い取りが決まってからは早かったですよね。5月初旬に話をもらって、中旬にはもう引っ越しが終わっていましたから。しかも、高値で買っていただけたので、ローン残債を払っても1,900万円が手元に残りました。Uターン後に自宅をリフォームしたり、カフェを作ったりなどの資金にあてられますので助かりました。

マンションを購入された当時、これほどの価格で売れると予想されていましたか?

K様 住み替えで高く売ることを考えて買ったわけではありません。場所は浅草の近くなんですが、東京の大きな観光地に住めることはなかなかいいなと思っていました。ただ、4路線が使えますし、羽田に行くのも成田に行くのもすごく便利で、とても良好な立地であることは実感していました。だから、物件の資産価値にはそこそこ自信があり、妥協したくなかったんです。そこに、希望に添うような価格をご提示いただいたので、すごく満足しました。

※4路線→銀座線/大江戸線/都営浅草線/つくばエキスプレス

REDS買い取りを検討される方にメッセージをお願いします

K様 私は金額に折り合いつかなければ断るつもりでした。4,100万円だと最初の希望価格とほぼ同じなので受け入れられるのです、4000万円を切ってしまうと、うまみがなくなってしまいますよね。なので、お金に困っていてすぐにほしいという方よりも、気持ちに余裕のある方に向いていると思います。REDSでの売却は私にとってはいいことだらけでした。
最近、家の売却をしたいという知り合いがいたので、さっそく担当だった川口さんに連絡しましたよ(笑)。

不動産コンサルタント 牧野知弘氏による推薦の言葉

「仲介手数料を無料、半額で仲介サービスをしているREDSだからこそ、高値でマンションの買い取りができる仕組みがあるのです。
しかも東証一部上場企業のヒノキヤグループの関係会社であることも判断の一助になるでしょう。」

オラガ総研株式会社 代表取締役 牧野知弘氏

東京大学経済学部卒業。第一勧業銀行(現:みずほ銀行)、ボストンコンサルティンググループを経て1989年三井不動産入社。数多くの不動産買収、開発、証券化業務を手がけたのち、三井不動産ホテルマネジメントに出向し、ホテルリノベーション、経営企画、収益分析、コスト削減、新規開発業務に従事する。2006年日本コマーシャル投資法人執行役員に就任しJ-REIT(不動産投資信託)市場に上場。2009年株式会社オフィス・牧野設立およびオラガHSC株式会社を設立、代表取締役に就任。2015年オラガ総研株式会社設立、代表取締役に就任する。著書に『なぜ、町の不動産屋はつぶれないのか』『空き家問題』『民泊ビジネス』(いずれも祥伝社新書)『老いる東京、甦る地方』(PHPビジネス新書)『こんな街に「家」を買ってはいけない』(角川新書)『2020年マンション大崩壊』『2040年全ビジネスモデル消滅』(ともに文春新書)などがある。テレビ、新聞などメディア出演多数

マンション買取のお問い合わせ

 

物件情報

弊社の営業エリアは東京都を中心に神奈川県・千葉県・埼玉県の一部となります(詳細はお問合せください)。

マンション名必須
郵便番号任意
住所必須
住宅ローンの残債必須
 万円
間取り必須
築後年数必須
築後   年くらい
専有面積必須
約   m2
部屋番号必須
現況必須

お客様情報

お名前必須
お名前(フリガナ)必須
メールアドレス必須

(※メールアドレスは、お間違えのないようにお願いします)

メールアドレス(再入力)必須
ご希望の連絡方法必須
連絡先電話番号必須
ご希望の時間帯必須
郵送先郵便番号必須
郵送先住所必須
エージェント指名任意
前任者とは別の担当者よりご連絡をいたします。
指名エージェント必須
(エージェントを詳しく見る)
ご質問・ご要望など必須
当社を何で知りましたか?
(複数選択可)任意
シリアル番号またはご紹介者様のお名前をご入力ください
個人情報保護方針必須
個人情報保護方針について
  • マンション売却のリアル
  • Rマンション 新しいマンションの選択肢として私もお勧めします
  • 不動産のリアル
  • REDSには宅建マイスターが在籍しています
  • いつも、新しい答えを。桧家グループ
  • 実録 家売るオトコたちの素顔
ページの先頭へ
ページの先頭へ
Fudousan Plugin Ver.1.9.1

フリーダイヤルで
REDSに電話発信する