上場グループがお届けする仲介手数料最大無料のサービス

渋谷駅周辺に住むデメリットとは

最終更新日:2016年7月19日
公開日:2016年1月14日

前回は、渋谷駅周辺に住むメリットについてご紹介致しました。

しかし、住まいを考える際は、メリット・デメリットを比較・検討して決定することが大切です。

そこで今回は、渋谷駅周辺に住むデメリットについてご紹介致します。

まず、人が多すぎることが挙げられます。

渋谷駅周辺は、他の街から多くの人が来ますので、人混みが苦手な方にとっては苦痛となるかもしれません。

ただ、渋谷駅から15分ほど離れた猿楽町などは、閑静な住宅街となっており、代官山駅なども近くにありますよ。

次に、子どもが遊ぶ場所が少ないという問題があります。

子どもが遊べて、家に近い公園というのは、あまりありません。

そのため、子どもの時に公園などで遊ばせたいという方には、あまりおすすめできません。

そして、大型スーパーが少ないです。

小型のスーパーはあるものの、郊外によくあるような大型のスーパーは少ないでしょう。

そのため、家族の人数が多く、大家族用の食材などを買う際は、不便と感じてしまうかもしれませんね。

このように、渋谷駅周辺に住むことには、デメリットもございます。

ご自身に合った住まいを選ぶことが大切ですね。

カテゴリー :

赤坂駅周辺の特徴って?

最終更新日:2016年7月19日
公開日:2016年1月8日

港区赤坂ってどんなところか、ご存知でしょうか。

「大人の街」というイメージを持たれている方も多いですよね。

今回は、赤坂駅周辺の特徴についてご紹介致します。

赤坂に住む最大のメリットは、「交通の便の良さ」と言えます。

赤坂駅はもちろんですが、赤坂周辺には多くの駅があります。

赤坂駅・赤坂見附駅・六本木駅・乃木坂駅・青山一丁目駅の5つの駅が近くに存在しているのです。

また、東京駅から8分、新宿駅から10分、渋谷駅から7分で着き、主要駅から近くて大変便利です。

そして、赤坂駅周辺には、多くの飲食店やショッピングモールが集まっています。

しかし、駅から少し歩くと、その名の通り、坂が多く存在します。

運動不足の方やダイエットをしている方は、意外と苦にならないかもしれませんね。

「遊びに行く街」というよりも、「住むための街」と言えるでしょう。

また、イメージの通り、「大人の街」としての側面もあります。

赤坂は、政治の中心地である「永田町」の隣に位置しているため、政治と深い関係があります。

高級料亭が数多くあるなど、日本の中枢の繁華街と言えるでしょう。

赤坂に住むことをお考えの方は、ぜひREDSまでご相談くださいね。

カテゴリー :

下町の風情あふれる街、浅草について

最終更新日:2016年7月19日
公開日:2016年1月6日

浅草には、下町の風情あふれる建物が多く残っています。

とても華やかではありますが、その分、観光客も多いです。

そんな浅草は、住みやすいと言えるのでしょうか。

今回は、住みやすさの観点から、浅草の特徴についてご紹介致します。

まず、アクセスは良好です。

銀座線と浅草線が通っており、銀座線では渋谷に行くこともできます。

JRに乗り換える場合は、上野に行くと便利ですよ。

また、茨城や群馬へのアクセスも良好です。

次に、安くて美味しい老舗が多くあります。

天ぷら屋さんやお蕎麦屋さんなど、和食を中心に何でも揃っています。

そして、服やアクセサリーなども何でも揃います。

浅草は特に靴屋さんが多いです。

問屋さんが並んでいる通りがあるため、安く良いものを買うことができます。

物価も安く、特に革製品が安く手に入りますよ。

また、夏場には「隅田川の花火大会を見やすい」というメリットがあります。

マンションの屋上やベランダから、ゆっくりと花火を鑑賞することができます。

観光客が多いことが気にならない方の場合、浅草では楽しい生活が送れることでしょう。

浅草に住むことをお考えの方は、ぜひREDSまでご相談くださいね。

カテゴリー :

通勤や出張が楽??馬込駅周辺の住まいについて

最終更新日:2016年7月19日
公開日:2015年12月27日

大田区の馬込って、どんな特徴があるかご存知でしょうか。

今回は、馬込駅周辺の住まいについてご紹介致します。

まず、通勤や出張、帰省をするのが楽と言えるでしょう。

その理由としては、都営地下鉄浅草線の馬込駅・西馬込駅を利用して、都心部や空港に行くのに便利だからです。

一度の乗り換えで品川や渋谷、新宿などのオフィス街へ30分程度で行けます。

さらに、なんと言っても、西馬込駅は都営地下鉄浅草線の始発・終着駅ということがメリットでしょう。

通勤ラッシュの時間でも、電車で座れる可能性が高いです。

それだけでも、毎日の通勤が楽になること間違いなしですよね。

次に、駅周辺では生活必需品を揃えることができます。

西馬込駅の近くには、夜1時まで営業しているスーパーがあるため、食事には困りませんね。

また、ドラッグストアやホームセンターなど、生活に欠かせないものも駅周辺で手に入りますので、毎日の生活が快適になると言えます。

そして、大田区は東京23区の一つですが、静かな住環境です。

比較的街灯も多く、一人暮らしの女性でも安心と言えるでしょう。

楽に通勤や出張がしたい方は、馬込駅・西馬込駅周辺の住まいを検討してみてはいかがでしょうか。

カテゴリー :

不動産事業プロデューサー 牧野知弘氏による推薦の言葉

 世の中に名の通った大手でも、地域密着の中小でも、不動産会社に「仲介手数料」をたずねるとほとんどの場合「物件価格の3%+6万円」と答えます。でも私は知っています。それはあくまでも法律で決められた上限であり、定価ではないことを。だからREDSが行っている「仲介手数料の割引サービス」は、本当はとても自然な取り組みであり、これまでなかったことが不思議なくらいです。営業スタッフ全員が宅建士で、さらに上級資格の宅建マイスター認定者が多く在籍するREDSは、横並びの不動産業界に新たな息吹を吹き込むことでしょう。

オラガ総研株式会社 代表取締役 牧野知弘氏

東京大学経済学部卒業。第一勧業銀行(現:みずほ銀行)、ボストンコンサルティンググループを経て1989年三井不動産入社。数多くの不動産買収、開発、証券化業務を手がけたのち、三井不動産ホテルマネジメントに出向し、ホテルリノベーション、経営企画、収益分析、コスト削減、新規開発業務に従事する。2006年日本コマーシャル投資法人執行役員に就任しJ-REIT(不動産投資信託)市場に上場。2009年株式会社オフィス・牧野設立およびオラガHSC株式会社を設立、代表取締役に就任。2015年オラガ総研株式会社設立、代表取締役に就任する。著書に『なぜ、町の不動産屋はつぶれないのか』『空き家問題』『民泊ビジネス』(いずれも祥伝社新書)『老いる東京、甦る地方』(PHPビジネス新書)『こんな街に「家」を買ってはいけない』(角川新書)『2020年マンション大崩壊』『2040年全ビジネスモデル消滅』(ともに文春新書)などがある。テレビ、新聞などメディア出演多数

  • LINEでのお問い合わせ絶賛受付中!
  • Rマンション 新しいマンションの選択肢として私もお勧めします
  • 不動産のリアル
  • REDSには宅建マイスターが在籍しています
  • いつも、新しい答えを。桧家グループ
  • 実録 家売るオトコたちの素顔
LINE

フリーコールで
REDSに電話発信する