REDSエージェント、宅建士・宅建マイスターの井原です。

 

REDSの仲介手数料は、購入でも売却でも、必ず割引もしくは無料になります。ただ、この「割引」という表現はあくまでも便宜上のものです。正確にいうと、宅建業法で上限と定められていて、他のほとんどの不動産会社が定価としている「売買価格の3%+6万円+消費税」を割り引いた額がREDSの定価、正規の額になります。

 

ところで、法定上限価格を請求する不動産会社もたまに割引をすることがあります。ただ、この「たまに割引をする」不動産会社と、REDSのように「割引が当たり前、割引が定価」という不動産会社とでは、大きな違いがあることを解説します。

 

不動産の割引

(写真はイメージです)

 

繰り返しになりますが、REDSはどんなときも、いつも、必ず、「仲介手数料は割引から最大無料」です。だから、もう「割引から最大無料」が定価なのです。

 

実際に担当する営業マンの立場になれば、同じ仕事でも「割引」と「定価」では、仕事の質に差が出るのは当然ではないでしょうか。

 

売却を依頼した際、仲介手数料を割引で請け負ってもらえることになったとすると、割引額にもよりますが、ほぼ確実に囲い込みされます。

 

なぜかというと、多くの不動産仲介会社では、「売買価格の3%+6万円」が入ってくることを前提に経営しているためで、現場レベルの売上目標も、この「3%+6万円」を前提に計画されています。そこで手数料を割り引くなんてことをしていたら当然、目標達成は難しくなります。

 

したがって、さまざまな理由をつけて、片手仲介をしません。片手仲介をしないということは、広告を見て他社を通じて「この物件を買いたい」という人が現れても、取り次がないということです。それでは、売却機会が損なわれるということがお分かりでしょう。ひどいことに、囲い込みを行っていることを知らないのは売主様だけです。

 

一方、購入にかかる仲介手数料、これは基本的には割引されることがほとんどありません。リピーターの方なら、10万円程度なら割引があるかもしれませんが、その程度です。なぜなら、両手仲介の最大のうまみである部分だからです。

 

そもそも両手仲介をモットーとする会社は、顧客軽視の傾向が強いです。仮に、手数料を割引するよう上から指示された場合、その営業マンの仕事のクオリティは著しく低下するでしょう。これは私ども現場の人間からすると、容易に想像できることです。

 

・住宅ローンの提案や、手続きをしてくれない
・内見する件数を意味もなく制限された
・単純にレスポンスが遅い

 

この程度では済まないでしょう。他のお客様に比べて、優先順位が下がるからです。

 

このように、法定上限価格を定価としている不動産会社が割引価格で仲介を請け負うと、必ず弊害が生まれます。

 

REDSの仲介手数料は「必ず割引から最大無料」ですが、仕事の品質が下がることがないのは、それが定価だからです。

 

この記事を執筆したエージェントプロフィール

井原 直樹

いはら なおき

4.826件

ご覧くださいまして、ありがとうございます。

 

2021年も「ご縁に感謝」の思いが、最も強く印象に残った一年となりました。

2021年実績

お取扱高:15億円程度

ご契約件数:30件以上(全エージェント最高成績)

ご契約いただきましたお客様には、改めて感謝申し上げます。

2022年は更なる飛躍の年となります様、一層頑張ってまいります。

 

私の特徴

◎お客様から望まれないセールスは一切いたしません。

◎知識と実績を裏付けに、一長一短をご説明します。

◎住宅ローンも豊富な知識に自信があります。

 

仲介手数料が【必ず割引、もしくは無料】になります。

どうぞ宜しくお願い申し上げます。