REDSエージェント、宅建士、宅建マイスターの志水です。

 

初めて住まいを買う人にとって、不動産会社からこう尋ねられることに不安を持っている人がいるのではないでしょうか。

 

「頭金はいくら出せますか?」「自己資金はいくらありますか?」

 

店頭で尋ねられてうろたえることがないように、頭金と自己資金についてご説明したいと思います。

 

0円

(写真はイメージです)

 

まず、不動産を購入するとき 「物件価格」と「諸費用」が必要になります。諸費用とは、不動産会社に支払う仲介手数料をはじめ登記費用、ローン融資費用、固定資産税および都市計画税、印紙税、火災保険料などのことで、一般に物件価格の7%前後とされています。たとえば、物件Aの価格が7,000万円、諸費用は550万円とします。

 

ローン融資を申し込み、融資金が6,300万円だった場合、頭金は700万円となります。少しでも毎月の支払いを減らしたいと考えるなら、頭金が700万円で十分だったとしても、1,000万円出しても2,000万円出してもよいのです。このように「頭金」とは、物件価格のうちローンに頼らず現金で支払う部分のことをいいます。

 

「諸費用」は基本的に現金で用意したほうがいいでしょう。手持ちがない場合は「諸費用ローン」を利用することもできますが、住宅用ローンよりも金利が高いため、できれば避けたほうがいいでしょう。最近は、諸費用部分もローンで賄えないかとのご要望も多いのですが、諸費用は現金でご用意いただいた方が、審査・金利面で有利になる場合があります。

 

次に、自己資金について説明します。上記物件Aの場合、物件価格7,000万円+諸費用550万円で総額7,550万円かかります。ローン6,300万円を利用する場合は、自己資金は1,250万円(頭金700万円+諸費用550万円)となります。

 

つまり「自己資金」とは、物件価格+諸費用を合わせた総額のうち、ローン以外の金額(現金で用意する金額)のことをいいます。

 

広告によく「頭金0円から購入可能!」とありますが、「ローンを組むための現金が不要」という意味ではなく、は、諸費用は別に現金で必要になります。

 

逆に「自己資金0円で購入OK」とあると、本当に現金ゼロで全額ローンで購入できるということになります。

 

諸費用は不動産会社によって大幅に少なくすることが可能です。他社は仲介手数料として不動産価格の約3%を請求しますが、当社REDSでは「すべて割引から最大無料」です。このため、7%前後が相場の諸費用から1.5~3%を引けるということです。

 

上記の物件A(7,000万円)の場合、仲介手数料が半額で約118.8万円、無料になれば約237.6万円の節約が可能です。ぜひご検討ください。

 

 

志水恵吾(REDSエージェント、070-1475-4269、ke.shimizu@red-sys.jp)
京都府出身、宅建士。マンション売買が最も得意。売買仲介を中心に、買い取りやリノベーション再販など幅広い分野で取引に携わる。また大手と中小の両方を経験しており、双方のメリットとデメリットを熟知している。
プロフィールページはこちら