住宅業界では今、「ウッドショック」という言葉がさかんにやり取りされています。2021年の3月ごろに表面化したのですが、戸建ての建築資材として使う輸入木材の需給が逼迫して価格が高騰し、大きな混乱が生じているのです。

 

この件で影響を受けるのは新築戸建てです。コロナ禍で都心マンションから郊外の戸建てに住まい選びがシフトする中、どんな影響が出てくるのでしょうか。

 

木製の家

(写真はイメージです)

 

実はここ数年、世界の木材消費量は増加傾向にありました。

 

アメリカでは低水準の住宅ローン金利やコロナの影響で、都心から郊外への転居の増加などを背景に戸建て建築が進み、木材価格も上昇しています。産業用丸太の世界最大の輸入国である中国では、アフターコロナの経済回復への期待から木材需要が増しています。

 

一方、コロナ禍で製材工場の稼働率は下がるなどして、世界中で生産力が下がっています。日本では人口減少から新設住宅着工戸数はここ数年、連続して減少しているため、2020年は木材の輸入量を大幅に減らしました。世界の市場からするとあまりいいお客さんではなかったためか、2021年になって少なくなったパイを奪い合おうとしても買い負けてしまうという状況が生まれてしまいました。

 

ウッドショックはこうして起こってしまい、住宅会社からは「木材が調達できない」「工期が遅れる」「収益を圧迫する」などの影響が出ています。なかでも「新築戸建て」への影響は大きいようで、ある建売業者によると木材の供給が遅れていて、工期に影響がではじめているとの話がありました。木材価格の値上がりにも及んでいるような状況です。

 

実はウッドショックは今回で3回目なのだそうです。1990年代初頭、世界的な天然林保護運動をきっかけとして木材需給のひっ迫が発生したのが第1次。第2次は2006年にインドネシアの伐採制限によるものでした。

 

今回はコロナの影響がもろに出ているわけですが、原因は複合的で、少し長引きそうだというのが業界のミカタのようです。今後は国産材にも光が当たるのかも知れません。ただ、日本の林業は高齢化を迎えており、急な増産には対応できないとのことです。戸建てをお求めになるお客様への影響が少なくなることを願うばかりです。

 

 

坂本和典(REDSエージェント、080-7959-2317、ka.sakamoto@red-sys.jp)
広島県出身。所有資格は宅建士、2級FP技能士。大手不動産仲介会社で売買仲介業務や買取再販売業務を行ってきた。業界での経験と自宅の住み替え体験を生かして活動している。
プロフィールページはこちら