不動産流通システム(REDS)の下山 聡(宅建士)が 、YouTubeの『REDSチャンネル』でプロフィールやREDSの特徴・メリット、お客様へのメッセージをお伝えしています。

 

 

不動産業務の経験は?

 

不動産業界では、まず、大手の不動産会社に入り、その時にやっていたメインの仕事が土地を紹介して注文住宅を建ててもらうという、そのような仕事をしていたのですが、併せて、新築の戸建とか中古のマンションとか、あと中古の戸建、そのような仲介も一緒にやっていました。その時の私の上司と一緒に二人で、町場の不動産業者、地域密着型の不動産会社を設立して、そこで約7年間、二人でずっとやっていました。その時に一から十まで全部一人で不動産をやることを学んだという経験を活かして、今のREDSに入りました。

 

REDSの特徴、メリットとは?

 

一番は仲介手数料というところで、皆さんにいろいろなお問い合わせをいただくのですが、実は(メリットは)そこだけではなくて。不動産業界自体がこの10年くらい、すごく急激に変化しています。その変化に逐一対応できている会社というのが、一番のアピールポイントだと思います。例えばメールでのやり取りだったり、お客様自身が物件を選んでくれたりなど、最近ですとLINEでお問い合わせいただいたり、あとはWebを使ってテレビ電話で物件を紹介したりとか、逐一そのような最先端の技術を取り入れて、会社自身も全体としてどんどん成長を遂げている、そのような会社だと私は思います。それを常にお客様に還元する。一番の還元の仕方は仲介手数料を無料、もしくは割引という形であり、お客様に還元する為に努力を惜しまない会社だと私は思います。

 

お客様へのメッセージ

 

私たちの会社、REDSという会社は、お客様から物件を選んでもらったり、それに対して私たちエージェントがお客様に対するアドバイスをしたりするということをやっております。実はこれは斬新なもので、今までの不動産業界は不動産業者が物件を探してお客様に提案するというスタイルが一般的だったのです。ただ、今までの時代の流れで情報がかなり増えています。そうなると、(今は)お客様の方で物件を探すことができる時代なのです。その中で、お客様が探してきたものに対して僕らはそれに対する余計なフィルターをかけない。私が一番意識してるのは、この余計なフィルターをかけないというところです。お客様が探してきたものに対して、ここに私の意見を入れてしまう、私がお薦めをする物件、あと私が物件見つけてきましたとやってしまうと、どちらかというと不動産業者が売りたい物件になりかねないのです。なので、私はできるだけお客様が見つけてきた物件に、フィルターをかけずにそれに対するアドバイス(をします)。要は、エージェントということなのですが、例えば「この物件とこの物件どちらが良いですか」と聞かれれば、それに対する意見はもちろん、いろいろなものをご提案いたします。さらに、何か資料が来た時に、それに対して私の方で精査してフィルターをかけるのではなくて、その情報はその情報でお客さんにお渡しします。そこで一緒に私と考えましょう、という形で、時間はかかるかもしれないですが、お客様にとって一番良い家が一緒に見つけられればと思います。これが私のアピールポイントになるかと思いますので、ぜひご指名のほどよろしくお願いいたします。