REDSエージェント、宅建士の下山聡です。

 

新型コロナウイルスの影響で国内経済が不振に陥るなか、意外かもしれませんが、現在の不動産市場はかなり活性化しています。

 

家探し

(写真はイメージです)

 

物件を見る前に申込が入って契約予定になったり、物件を見た後にすぐ他の人から申し込みが入ったり。買うべきかと迷っている間に売れてしまったり、いつ申し込んでも2番手や3番手になってしまったり。需要超過で供給とのバランスが崩れているのかもしれません。

 

需要超過の原因は家探しをする方が増えたことです。「ステイホーム」「在宅ワーク」と、とにかく家にいる時間が長くなり、多くの人が家での過ごし方や居住空間のあり方を再考し始めたのでしょう。賃貸で満足していた人、職場への利便性重視だった人、こだわりがなかった人、みなさん動き始めました。

 

それぞれが求める条件も変わってきました。在宅ワークにより通勤の回数が減った人は、郊外エリアまで広げて探すことができるようになりました。

 

私は社内、他社問わず不動産業界の現場の人と話す機会が多く、情報交換をしながら分かったことがあります。それは、今、家探しをしている人のほとんどが現在住んでいるエリアと、もともと住みたいエリアは違っていたという事実です。みなさん、本当は住みたいとは思っていないエリアに我慢して住んでいたということで、このコロナを機会に本来住みたかったエリアへと動こうとしているということです。

 

そうした方にはぜひ、注意していただきたいことがあります。

 

これまで職住近接や仕事上での利便性を求めて、住むエリアを妥協してきたはずです。せっかく、その足かせが外れたのに、依然として「この駅だと遠すぎるかも」とか「この駅の周辺環境が」とか「このエリアは買うことができるだろうか」などととらわれている人がなんと多いことか。

 

物件の善し悪しを見極めて住むか住まないかを決める作業がこれから待っているのに、そこから入ってしまってつまずいていると、判断が遅れてしまってその間にいい物件が買われ、あるのは売れ残りばかりになってしまう可能性があるということを忘れないでいただきたいのです。

 

冒頭に記したように、現在、不動産は需要超過で、いいものはどんどん売れていく状況です。いつまでもエリアの条件に悩んでないで、買いたいエリアの物件を探す行動に一刻も早く移ることをおすすめします。

 

もちろん、人それぞれ予算の制約はあります。それも踏まえた上で、買いたいエリア、買いたい駅をまず絞ってください。すぐ決まると思います。そこから、条件が合う物件を見ていけばよいのです。

 

みなさんの「ここに住みたい」という気持ちに素直になって、それを優先していただきたいと思います。それがコロナ下での住まい探しの勝ち組になる条件であると、強くお伝えしたいと思います。

 

 

下山聡(REDSエージェント、080-3082-8409、s.shimoyama@red-sys.jp)
神奈川県出身。所有資格は宅地建物取引士、損害保険募集人。担当エリアは神奈川県、東京都内。大手不動産会社などで13年、あらゆる形態の不動産取引実績を積む。
プロフィール、インタビューはこちら