去る2020年3月17日(火)、「幸せ!ボンビーガール」(日本テレビ系)が放映されました。同番組ですっかり「リフォームのカリスマ芸能人」として有名になった森泉お嬢様が、風呂無し・築56年・和室2間の2階建て空き家を、予算100万円でリフォームして一般の方に貸し出すという企画です。

 

森さんの妊娠出産などもあり、507日間という超長期のスペシャル工事もついに終了。番組を代表して、劇団ひとりさんと水卜麻美アナが訪問レポートを実施するとのことでした。筆者も、久しぶりのお嬢様のお仕事をじっくりと鑑賞させていただきました。

 

住宅販売 電卓 緑の背景

(写真はイメージです)

 

三軒茶屋のリフォーム補助制度

 

番組内では、リフォームの予算を、「東京都のリフォームに対する補助金を目安に、1世帯100万円を目標金額とした」といいます。そこで、物件のある三軒茶屋でリフォームする場合にどういった支援制度があるのか、少し調べてみました。

 

三軒茶屋は、東京都世田谷区にあります。東京都庁や世田谷区役所のホームページから三軒茶屋のリフォームに関する支援制度を調べたところ、以下の5つの支援制度を見つけることができました。

 

リフォームに係る支援制度

No.

都道府県

実施団体

制度名

支援分類

支援方法

金額

1 東京都 世田谷区 木造住宅の耐震化支援事業 耐震化 補助

Max

100万円

2 東京都 世田谷区 環境配慮型住宅リノベーション推進事業補助金 省エネ化 補助

Max

20万円

3 東京都 世田谷区 植栽・屋上・壁面緑化助成制度 環境対策 補助

Max

25万円

4 東京都 東京都 既存住宅における高断熱窓導入促進事業 省エネ化 補助

Max

50万円

5 東京都 東京都 家庭におけるエネルギー利用の高度化促進事業 省エネ化 補助

Max

60万円

 

耐震化や省エネ化、環境対策として住宅設備の改修を行う場合には、投資金額に応じて一定の額を補助する支援制度があることは分かりました。筆者は札幌市で開業していますのでこれ以上詳しく調べる必要性を感じませんでしたが、ご興味のある方は東京都庁などにお問い合わせください。

 

上述の支援制度の中で、番組で目安とされていた補助金額に一番近いのは、表No.1の「木造住宅の耐震化支援事業」でしょうか。

 

この制度は、昭和56年5月31日以前に着工した木造在来軸組工法あるいは枠組壁工法の住宅について、無料の耐震診断士派遣や補強設計・改修工事、建て替え費用の一部を助成する制度です。詳細は世田谷区のホームページからパンフレットを見ることができます。

 

工夫を凝らしたリフォーム、驚きのキッチン!

 

森泉お嬢様のリフォームの内容は、番組ではもうおなじみですが、至れり尽くせりの心配りが行き届いた、まさに工夫の塊です。

 

玄関からして以前の家とは見違えるよう。もともとは玄関に入ってすぐに2階まで11段の急階段が待ち構えていたのですが、この踏み幅を3cm広げ15段に増やして傾斜をなだらかにし、手すりを付けることで子供も安心して上れるようにしています。また階段の床には吸音用の穴あき発泡シートを敷き詰め、階下の部屋に響かないよう配慮しています。

 

3畳の和室は洋室に変え、窓は60cmも上に広げて日当たりを良くしました。トイレも和式から洋式に変え、お風呂も新設。狭い室内も、構造的に必要のない壁はくりぬいたり、デッドスペースや鏡の裏、階段まわりも収納スペースにしたりすることで、限られた空間を有効に使えるよう工夫されています。天井を取っ払ってロフトにしたのも良いですね。また、壁材や壁紙をスペースや用途によって使い分けることで、楽しさやおしゃれな雰囲気を演出しています。

 

特筆すべきはキッチンです。「キッチンとかの水回り、洗面台とお風呂にしちゃったのかな? 見当たんないけど、どうしたのだろう?」と思って見ていましたが、まさか押し入れスペースを改造して収納式のキッチンにするなんて、全く想像がつきませんでした。収納式のキッチンを見たのは、筆者は初めてです。恐れ入りました。勉強不足で申し訳ありません。

 

ネットでググっても、「キッチン収納」についての工夫や商品はいくらでも検索できますが、キッチンそのものを壁に収納する、というものは見つけられませんでした。まさに森泉お嬢様の自由な発想ならでは。レポーターの劇団ひとりも「日本の将来の住宅事情を変える!」と絶賛していましたが、筆者も同感です。

 

使い勝手には一抹の不安を抱きますが、何より秘密基地っぽくて男の子にはたまりませんね。

 

賃借希望者も即決。三軒茶屋のアパートの相場はおいくら?

 

番組では、250人の応募者の中から、8歳の男の子を育てるシングルマザーの方が賃借希望者として内覧に来ていました。男の子はやはりロフトにくぎ付けでしたね。収納式の机もまた秘密兵器っぽくて心をくすぐります。

 

お母様にはまず、三軒茶屋駅徒歩7分という立地条件が魅力的だったようです。現在のお住まいは高幡不動駅から徒歩30分ということで、恵比寿のご勤務先までの通勤時間は片道1時間半~2時間。これが片道15分になるのはぐっと楽ちんで、まさに職住近接です。1日につき2時間半~3時間半も、子どもと過ごせる時間が増えることになります。1日400円ほど通勤費用が節約できるのも大きいですね。20日勤務としても月額8千円の節約です。

 

さらに、家賃も従来の7万3千円から6万5千円(水道代込み)と、8千円も節約となります。しかも築56年とはいえ森泉お嬢様のリノベーション物件。即決で契約が決まるのも当然でしょう。

 

ちなみに三軒茶屋における同程度の広さのアパート相場を、某不動産ポータルサイトで調べてみたところ、1Kのアパートで家賃は約7万円。6万5千円のリノベーション物件はかなりお得感があります。

 

気になるお値段は? 三軒茶屋のリフォーム価格

 

507日間をかけて完成した三軒茶屋の空き家リフォーム企画。森泉さんの見事な手腕で素敵な部屋に生まれ変わり、それぞれ賃借人も決定しました。大家さんもさぞやお喜びのことでしょう。

 

最後に気になるのが、リフォーム費用。今回番組で紹介された2階部分だけでも、通常のリフォーム業者に依頼すると約680万円はかかると言われたそうです。これが、実費ベースで外部塗装込み122万円の仕上がりとのこと。1階の112.5万円と合わせると、234.5万円でリフォームが完成です。

 

1世帯当たり100万円の予算は若干オーバーしたものの、ユニットバス代が45万円ということもあり、十分お安くできたと言えるのではないでしょうか。

 

これほどお得にできるのであれば、ご自宅のリフォームやリノベーションを、ご自身でやってみたいと思われる方も増えてくるでしょう。

 

もっとも、森泉お嬢様はかなりリフォームの経験を積んでいますし、DIYの技術もあり、知識も豊富です。また建物の躯体にかかわるような工事には専門家による判断が欠かせません。うかつに工事を始めてしまうと、建築基準法に違反したり、危険な工事になったりしてしまいかねません。慎重に計画を立てて、専門家の助言を得るようにしたほうが良いでしょう。

 

筆者としましては、今後も森泉お嬢様の企画があるようですので、弊社が管理している築古アパートにぜひとも来ていただき、できるだけオシャレに、かつ、お安くリフォームしてもらいたいものだと妄想しております。

 

 

プロフィール
早坂 龍太(宅地建物取引士)
龍翔プランニング代表取締役。北海道大学法学部卒業。石油元売会社勤務を経て、北海道で不動産の賃貸管理、売買・賃貸仲介、プランニング・コンサルティングを行う。