一般に不動産業は、企業(不動案会社)と顧客との「情報の非対称性」が大きい業種です。不動産に関する知識・情報量は企業の方が顧客よりも圧倒的に多く、それが顧客にとって、マンション売却などの不動産取引に対する一抹の不安につながっていると思います。

 

しかし近年はICT(Information and Communication Technology)の進展により、この情報の非対称性を打ち破る様々なイノベーションが現れました。いわゆる「不動産テック」と呼ばれるものです。

本稿では、この不動産テックの1つである「不動産一括査定サイト」について、その概要や注意点などを見ていきます。

 

マンションとスマホ

(写真はイメージです)

 

マンション売却の強い味方?不動産一括査定サイトとは

 

従来の不動産売買は、売主や買主が近隣の不動産会社を訪れて売買の仲介を依頼する形態が一般的でした。
店舗の優劣や信頼性も分からない状態で、マンションの売却・購入という個人にとって人生最大級のプロジェクトを任せるのは心もとない状況と言わざるを得ません。
また、個人が独力でマンションを売却しようとする場合は、本人が多くの店舗を訪問して物件の概要説明や仲介依頼を地道に繰り返すことになります。その身体的・時間的な負荷はもちろん、取引に関する知識の習得も大変です。

 

こうした背景の中、WEB上で売主と不動産会社とのマッチングを行う「不動産一括査定サイト」という不動産テックが誕生しました。
ホームページで必要な情報を入力するだけで、数多くの不動産仲介業者からマンションや不動産の売却価格を手軽に査定してもらえるサービスです。

 

一括査定サイトの利用料は基本的に無料で、サイトの運営費は不動産会社からの加盟料金で賄われています。またサイトの運営者は多くの場合、不動産仲介業とは独立したネットビジネス系の企業グループです。

 

不動産一括査定サイトの利用の流れ

 

実際に一括査定サイトでマンション売却価格の査定を行う流れをご説明します。インターネット上には、不動産・マンション売却の一括査定サイトが数多くありますが、どのサイトも基本的な手続きや流れは同じです。

 

1.サイトにアクセスし、「不動産売却」「不動産を売る」などのメニューを選択します。

 

2.売却を考えているマンションの、所在地や広さなどの情報をサイトの指示に従って入力します。

 

3.利用者(売主)自身の連絡先や個人情報を入力します。

 

4.売却物件の種類や特徴に応じて、査定を依頼する不動産会社を選択します。

 

5.情報の入力が終了して査定をスタートさせると、所定の期間を経てメールなどで各社からの査定結果が届きます。

 

一括査定サイトの情報や査定価格は信頼できる?

 

一括査定サイトでは、1回の手続きで複数の不動産会社から売却の見積査定を入手できます。しかし、このように集められた情報は果たして信頼できるものなのでしょうか?

 

実は、その査定価格が形成される構造に問題点があるのです。

 

 

査定サイトに加盟している不動産会社は、マンション売却を考えている利用者の情報や物件の情報を、サイト運営者に「情報料」を支払って手に入れます。このコストを取り戻すにはもちろん、利用者と媒介契約を取り付けて仲介手数料を得るしかありません。

 

利用者は一般的に「自分の物件をより高く売りたい」と考えるでしょう。そこで不動産会社は、利用者に振り向いてもらうために高額の査定を出そうとします。しかしこれは当然、他社も同様に考えます。したがって一括査定サイトの査定価格は、実勢価格(実際の市場で取引が成立する価格)より高値での競争になりがちなのです。

中には契約欲しさに、実際にはとても売却できないような高値の見積を提示する不誠実な不動産会社もあります。そのような査定はとても信頼できるものではありません。

 

不動産売買の経験がなく正しい相場観を持たない利用者は、サイトから得られた査定価格を信用して不動産会社と契約します。しかし売り出した物件を査定価格通りに売却するのは難しいでしょう。やがて不動産会社は販売価格の見直し、値下げを提案してくるかもしれません。

最終的な販売価格は市場が決めることになりますが、どのような結果にせよ一括査定サイトの査定価格を信じていた利用者は大きく裏切られることになります。

 

もう一つ情報の信頼性ということで申しますと、先にも少し触れたように、一括査定サイトの運営会社は実際に査定や販売活動を行うわけではありません。

査定価格の信頼性はもちろん、その物件が最終的に売却できるかどうかについても一切責任を持ってくれないのです。結局は利用者と不動産会社との交渉次第という立ち位置です。もちろん当のサイトには免責事項として書かれていますが、そうとは知らず利用している人もあると思います。

 

このように一括査定サイトで得られた査定価格はそのビジネスモデル上、実勢価格とかい離したものになる場合も多く、そのまま鵜のみにしていては、思っていた以上に売却に時間がかかったり、購入希望者が現れても、希望の売却価格を大きく下回る結果にもなりかねません。

 

「無料査定」は一括査定サイトだけの特典?

 

「でも、無料で査定してくれるんだから、参考にする程度ならいいんじゃないの?」

 

そう思われる方もあるかと思います。でもちょっと待ってください。実は一括査定サイトを使わなくても、マンション売却価格の査定は「無料」でできるのをご存じですか?

 

なぜなら法律上、全ての不動産会社が仲介手数料を得られるのは、売買契約が成立した場合のみだからです(いわゆる成功報酬)。その前段の価格査定に手数料は定められていません。

また、不動産会社は不動産の売買価格に関して意見を述べる場合は、合理的な根拠を示すよう法律で義務付けられています。無料だからといって根拠のないでたらめな査定を行うことはありませんのでご安心ください。

「査定無料」は、決して一括査定サイトの専売特許ではないことを知っておきましょう。

 

マンション売却のために不動産一括査定サイトを使うならば、あくまでも参考情報として、多くの見積を手早く入手するという目的に絞って使うのが無難でしょう。

 

実際には、物件周辺の相場や実勢価格を見ながら様々な要素を検討した上で販売価格を設定することになりますが、一般の利用者ができるものではありません。信頼できるプロフェッショナルの不動産会社を見つけることが大切といえます。

 

 

八木 裕(Life Assets Design 代表)
兼業サラリーマン大家として賃貸物件を経営している。優良経営を実践するために宅建士試験合格後、賃貸不動産経営管理士試験、土地活用プランナー試験に合格し、個人資産のコンサルティングを行っている。(FP2級技能士)