年中無休/10時〜19時 0800-100-6633

新聞に「伏魔殿」と呼ばれた不動産業界。中古住宅を安全に売買する手段は

REDSエージェント、宅建士・宅建マイスターの井原です。先日の日経新聞に面白い特集がありました。2021年11月28日付日経電子版記事『中古住宅、データは伏魔殿 不動産IDに既得権の壁』で一部を読むことができます。

不動産業界の現場にいる者として非常に刺激的で引かれる見出しで一気に読んでしまいました。この記事の中身を解説します。

タブレット上のビル

(写真はイメージです)

日経記者も「伏魔殿」と感じた不動産業界の閉鎖性

それにしてもタイトルの「伏魔殿」とはなんとも仰々しいタイトルです。「伏魔殿」を辞書で引くと、①魔物のひそんでいる殿堂②見かけとは裏腹に、かげでは陰謀・悪事などが絶えず企まれている所――とのことでした。

陰謀や悪事が絶えず企まれている…なにやら物々しい雰囲気ですが、どういうことでしょうか。記事を読んでいると、「伏魔殿」とは取材の過程で出てきただれかのセリフではなく、記者の感想というか、取材を通じて選ばれた言葉のようでした。

では、不動産業界のどこが「伏魔殿」なのか、記事を引きながら紹介していきましょう。

不動産を一気に活性化しそうな「不動産ID」構想

国交省では2021年より「不動産ID」のルール整備について検討を始めています。

「不動産ID」とは、売買される不動産にIDを割り当て、売買履歴や、修繕履歴、インフラの整備状況、登記情報、法令制限などを紐づけられるようにする仕組みです。

イメージ的には「●×マンション201号室」のIDを検索すれば、現在の販売情報はもちろん、過去の取引価格やリフォーム歴などが瞬時にわかるというものです。現在、不動産業者専用の検索端末「レインズ」で提供されている情報よりもはるかに多い情報量です。また、売り物件はIDにより管理されるので、すでに売却済みにもかかわらず魅力的な物件情報を掲載して集客を狙う「おとり広告」なども排除できます。

また、不動産テック企業はIDに基づいた情報を利用し、より精度の高い情報提供が可能になります。エンドユーザーのみならず、不動産業界にとっても、生産性が格段に向上します。不動産情報をオープン化する取り組みは、お客様にとっては悪いことは何もないのです。

不動産情報のオープン化を阻む伏魔殿

しかし、この記事が警鐘を鳴らしているのは、「伏魔殿」においては不動産情報のオープン化など実現するはずがないという現状です。

以下、記事より一部引用しますが、「伏魔殿」と記者が呼びたい理由がこれでもかと書かれています。

“売主と一対一の専任契約をした不動産会社は5~7日以内にレインズに物件情報を登録する義務があるが、違反が少なくない。自社で買主も見つけ、売主と買主それぞれから仲介手数料が取れる「両手取引」につなげたいからだ。

両手取引は不動産会社の実入りが大きいが、高く売りたい売主と安く買いたい買主との利益相反がかねて指摘されてきた。09年に当時の民主党政権が政策集で原則禁止を打ち出したものの、業界の猛反発で撤回した。

レインズに登録しても他社から物件内覧の依頼があると「先客と商談中」と噓をついて断る囲い込み行為は絶えず、ルール違反の処分も甘い。

レインズに登録されるはずの売買の成約価格もデータの欠落がある。中古物件をリノベーション(大規模改装)して再販するビジネスでは、競合会社やリノベ物件の買主に原価を知られぬよう形式的に専任契約を解除するテクニックが一部でまかり通る。データの公益性はないがしろにされている。”

不動産の現場にいる私からしても、「まさにそのとおり」です。記事中に「新規参入企業や一般消費者が得るデータが増えれば、既得権が脅かされる」と本音を語る仲介会社社長の声が紹介されていましたが、オープン化されると利権を失う勢力が、徹底抗戦しているのでしょう。

信頼できる仲介会社と組んで自衛しましょう

これでは今後も不動産業界が「伏魔殿」であることは変わらない。どの業界でもそうですが、既得権益を破壊することは困難です。

そんな状況の不動産業界ですから、消費者の皆様は自分の身は自分で守らないといけない、という結論になります。とはいえ、不動産売買は専門性が求められるため、自衛は困難。そうなると、信頼できるパートナー(仲介会社)とタッグを組むことが、最も有効といえるのです。

REDSは「リアル正直不動産」として、サポートさせていただきます。しかも、仲介手数料は、「伏魔殿グループ」なら法定上限価格ですが、REDSでは必ず割引もしくは無料になります。

●ご存じですか? 不動産売買の仲介手数料はすべて割引!さらには無料になることを ●ご存じですか? 不動産売買の仲介手数料はすべて割引!さらには無料になることを

LINEで気軽に相談したい方へ!

Googleクチコミ

総合評価:4.7

総クチコミ数:71(2022年5月25日 現在)

  • 40代男性(マンション売却)
    こちらでマンションの売却をいたしました。
    比較した大手の不動産屋よりも専門知識が豊富に感じ、なおかつ仲介手数料も安かったのでこちらにお願いしました。
    結果、売り出し価格で1回の内覧で決まり、満足しています。
    無駄な勧誘が一切なかったのもおすすめできます。
  • 50代女性(マンション購入)
    マンション購入にてお世話になりました。
    担当の鈴木朋子さんには、本当に親切にしていただき感謝しかないです。 いつも私たちの目線になり、分かりやすいアドバイスをしてくださりました!子供への気遣いも嬉しかったです。 何より、鈴木さんの表裏のない感じが私も夫も大好きです。(笑)
    不動産購入で後悔したくない方、安心して物件探しや手続きを進めたい方にはぜひお勧めしたいです! お世話になり、本当にありがとうございました。
  • 40代男性(中古マンション購入)
    中古マンション購入にあたり、いくつかの不動産仲介会社にあたってたところ不動産流通システムさんに辿り着きました。他の仲介会社さんは営業の電話が激しく、仕事の障害になる程でうんざりしておりましたが、不動産流通システムにて担当頂いた成田さんは、押し売りする様なことは一切無く安心して物件を探せました。

    女性ならではの細かい気配りと単刀直入に物件の懸念点をプロの目からアドバイス頂き、納得のいく物件選びができました。会社名が大手の不動産仲介会社ほど知れ渡ってはおりませんが、ネットでの口コミで良いサービスが良いものとして伝わり、より多くの消費者が良いサービスが受けれる様になればと思い書き込ませて頂きました。
    大手の名前だけに騙されて無駄な手数料払うのは、勿体ないですよ。
    不動産流通システムさんで物件を売り買いするのに、大手に引けを取らないサービスをより安価に受けれますので
  • 40代女性(住み替え:購入・売却)
    不動産の売却・購入の両方お世話になりました。
    以前中古マンションを購入する際は、不動産ポータルサイトに掲載している不動産会社に問い合わせをしないと内覧ができなかったことが何度かあり、大手不動産会社に任せると、売却の際幅広く宣伝活動がされないのではないかという不安がありました。
    そこで、「囲い込みはせず、他社にドンドン広告掲載してもらい幅広い媒体で宣伝してもらう」「LINEからの問い合わせも可能」「仲介手数料が安い」の3点に惹かれ、お任せしました。
    担当の鈴木さんの明るく、お茶目な人柄も好きだったので、購入売却にかかる庶務も憂うつにならずに対応できました。 いつも家族のことや、部屋についてもポジティブなことを言ってくれるので安心してお任せしました。
    最寄駅にはないので、いつでも会って相談するというのむずかしいかもしれませんが、心配なことはメールや電話ですぐに対応してくれるので、私達には十分満足できました。
    結果としては売却も1ヶ月で売出価格で決まり、購入時のローンも紹介していただき、購入・住み替えもスムーズに決まりました。また住み替えの際にはぜひお願いしたいです。
  • 50代男性(マンション売却)
    マンション売却で、担当していただいた津司さんには本当にお世話になりました。
    次に住む所の相談と住んでいるマンションの売却を同時進行で行いましたが、分かりやすい説明と進め方の提示が手際良く、安心してお任せする事が出来ました。
    ネットで何でも調べられる時代ですが相手が何を考え、何を優先するかは会話の中でこそ分かると思います。プロフェッショナルを感じました
  • 30代女性(マンション購入)
    とにかくレスが早い。
    専門知識も豊富で、説明が分かりやすいです。
    担当してくれた方は非常に業界に通じており、ホスピタリティーに溢れていてかなり信用できます。 他社と比べて手数料もとても安いのでオススメの会社です。
  • 60代男性(戸建て購入)
    酒井智様にご担当して頂きました!細かい相談も小さな不安も毎回本当に迅速に対応して頂き、無事マイホームを購入できました!
    酒井さんは大変親切な方でREDSを選んで本当に良かったです。
    仲介手数料も無料で!今物件等お探しで検討してる方は絶対REDの酒井さんに相談してみてください!
※Google口コミより他の口コミを見る
嬉しい口コミも多数いただいております

一生に一度あるかの家の購入・売却…

相談したいけど、まだ買うか売るか決まっていない…

いきなり不動産屋さんへ相談へ行くのはハードルが高い…

そんな方へ!LINEから気軽に相談でき、宅建士のプロが対応します。

宅建士が対応! LINEでご相談

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る