年中無休/10時〜19時 0800-100-6633

リノベーション済みマンションはリスクもあれば住む人も選ぶ

立地がよく、購入価格も値頃な中古マンション。ただ、古い物件だと間取りが現代人の感覚に合わなかったり、設備も老朽化していたりして、どうしても見劣りしてしまいます。そんなとき、リノベーション済みマンションを不動産会社の営業マンにすすめられることがあります。リノベーションマンションは中古マンションの劣化した部分を新しくし、住む人の個性やライフスタイルを間取りに反映させることでマイナス面をプラスに引き上げており、若者を中心に人気を集めています。では、リノベーション物件には欠点はないのでしょうか? メリットとデメリットを詳しく解説します。

ワンルームマンションリフォーム

(写真はイメージです)

■リノベーション済みマンションのメリット

リノベーション済みマンションを取得するメリットは以下のとおりです。

(1)購入価格や諸経費が新築より安い

第一に挙げられるメリットは、取得のためのトータルコストが新築よりも抑えられることです。マンションは新築状態から一瞬でも誰かが住んだら中古に変わりますが、その時点で一気に2割ほども価格が下がります。この価格差を「新築プレミアム」と呼びます。中古に変わった時点で、不動産市場でつけられる相場価格で取引されることになります。リノベーション済み物件は価値を底上げしているので中古物件をそのまま買うよりは価格が上乗せされていますが、新築より高くなることはありません。

このほか、消費税や不動産取得税などの税金や、不動産会社に支払う仲介手数料といった諸経費も新築より安くなります。これらは物件価格に連動しているためです。

(2)設備が新しい

リノベーション済みマンションでは、キッチンやバス・トイレなどの水回りのほか、電灯や扉、フローリングなどが最新のものになっている点が魅力的です。ふつうの中古物件は設備が古いままなので、不便なら自分で交換する必要があります。

(3)室内を実際に確認してから買える

新築マンションは内覧会のモデルルームを確認して買うのが一般的ですが、ごくまれに、モデルルームと実物が異なることがあります。一方、リノベーション済みマンションのような中古物件は、現地で室内を内覧することができます。

(4)ローンをまとめられる

中古物件を買って自分でリノベーションする場合、物件の購入費用とリノベーション費用とでは調達経路が異なります。購入費用は住宅ローンですが、リノベ費用は別にリフォームローンを借りなければなりません。しかも、このリフォームローンの金利は住宅ローンよりも高くなっています。リノベ済みだと、このよう煩わしさはなく、ローンは1本で済みます。

■リノベーション済みマンションのデメリットとリスク

悩む女性

(写真はイメージです)

前述のようなメリットがあるリノベーション済みマンションですが、一方でデメリットやリスクも抱えています。このことを知らずに購入すると、あとで思わぬ出費が発生するなど後悔することにもなります。どんなことが考えられるのでしょうか。

(1)築40年前後の物件には耐震性に不安も

1981年に建築基準法が改正され、建物の耐震基準が厳格化されました。1981年6月1日以降の建築確認で適用された新基準では「震度6強~7程度の揺れでも倒壊しない」ような設計が求められています。旧耐震基準は「震度5強程度の揺れでも建物が倒壊しない」というものでしたので、注意が必要です。

ただ、旧耐震基準の物件でも違法建築物ではありませんし、耐震補強工事をしているものもありますので、築40年前後の物件を検討する際にはよく確認しましょう。

(2)個性的な物件だと売りにくく貸しにくい

リノベーション済みマンションは、居住者のライフスタイルが部屋の間取りに反映されているのがセールスポイントなのですが、逆に言うと、個性的すぎて、売却に出したときに買ってくれる人が限定されてしまうというおそれがあります。やはり無難で飽きのこないデザインの方が多くの人に受け入れられやすいのです。

また、投資用として購入した場合、個性的すぎると入居者がつかない可能性もあります。リノベーション費用が購入価格に上乗せされている分、家賃も高くしないと利益が出ませんので、同じ築年数の部屋よりも家賃を高く設定することになります。このため、物件選びの初期段階で検討の対象外とされてしまうことがあるのです。

(3)マージン過多の物件も

リノベーション済みマンションの価格は、基本的に物件価格とリノベーション費用の合算です。中古マンションを自分でリノベーションすると、見積もりができて工事の詳細も把握できるのですが、リノベーション済みマンションの場合はそこがすべてブラックボックスです。どんな状態の物件をどのくらいの費用をかけて修繕して新たな価値を加えたかが示されているわけではないのです。施工会社と販売会社、不動産会社の間でマージンが加算されていることもありえますので、価格の割に工事がいい加減ということもあるのです。

(4)子育てや介護に向かないことも

リノベーション済みマンションは、住む人のライフスタイルに合うよう設計されています。たいていが世帯主や配偶者のニーズを満たしたものではあるのですが、子供や高齢者にとってベストな設計とは言いがたいものも多いのが実態です。家族のライフステージが変わるくらい長く住むことを考えるなら、子育てや介護が困難ではないか、検討し直してみましょう。

(5) 共用部分の設備に難ありのことも

リノベーション済みマンションは専有部分の設備は新しいのですが、共有部分は古いままです。バリアフリーに対応していないこともありますし、配管などは適切に更新されていなければ水漏れなどの実害を被ることがあります。また、自分の部屋の配管は更新されていても、階上の部屋の配管が古いせいで水のトラブルを受けることもありえます。新しいのは自分の部屋の内部だけで、そのほかは普通の中古マンションと同じくらいのリスクがあることを心得ておきましょう。

(6)電気の契約容量が小さい物件もある

今時のマンションはエアコンやIHクッキングヒーターなどの電気を大量に使う設備が多いため、契約容量が60アンペアのものも少なくありません。しかし、築年数のある中古マンションの場合、それほどでもないものもあります。容量をアップできない場合、頻繁にブレーカーが落ちてしまうこともありえます。

(7)断熱性や遮音性までは改善されてないことも

近年は建築資材の質が向上しており、新築マンションは断熱性や遮音性が以前よりも優れたものが多くなっています。しかし、古いマンションの場合は新築よりも劣りますし、リノベーション物件といってもそこが工事で改善されているかは分からないものです。表面はピカピカでも、中身はスカスカだったということもありますのでよく確認しましょう。

■リノベーション済みマンションはデメリットとリスクを考慮して購入を

以上、述べてきたように、リノベーション済みマンションは、自分の理想とする住まいを新築ほど費用をかけることなく実現できる優れたマンションといえます。ただ、メリットとデメリットがありますし、そうした物件に住む人にも向き不向きがあります。購入を検討する際は、双方をよく理解した上で判断しましょう。

 

●ご存じですか? 不動産売買の仲介手数料はすべて割引!さらには無料になることを ●ご存じですか? 不動産売買の仲介手数料はすべて割引!さらには無料になることを

LINEで気軽に相談したい方へ!

Googleクチコミ

総合評価:4.7

総クチコミ数:73(2022年7月26日 現在)

  • 40代男性(マンション売却)
    こちらでマンションの売却をいたしました。
    比較した大手の不動産屋よりも専門知識が豊富に感じ、なおかつ仲介手数料も安かったのでこちらにお願いしました。
    結果、売り出し価格で1回の内覧で決まり、満足しています。
    無駄な勧誘が一切なかったのもおすすめできます。
  • 50代女性(マンション購入)
    マンション購入にてお世話になりました。
    担当の鈴木朋子さんには、本当に親切にしていただき感謝しかないです。 いつも私たちの目線になり、分かりやすいアドバイスをしてくださりました!子供への気遣いも嬉しかったです。 何より、鈴木さんの表裏のない感じが私も夫も大好きです。(笑)
    不動産購入で後悔したくない方、安心して物件探しや手続きを進めたい方にはぜひお勧めしたいです! お世話になり、本当にありがとうございました。
  • 40代男性(中古マンション購入)
    中古マンション購入にあたり、いくつかの不動産仲介会社にあたってたところ不動産流通システムさんに辿り着きました。他の仲介会社さんは営業の電話が激しく、仕事の障害になる程でうんざりしておりましたが、不動産流通システムにて担当頂いた成田さんは、押し売りする様なことは一切無く安心して物件を探せました。

    女性ならではの細かい気配りと単刀直入に物件の懸念点をプロの目からアドバイス頂き、納得のいく物件選びができました。会社名が大手の不動産仲介会社ほど知れ渡ってはおりませんが、ネットでの口コミで良いサービスが良いものとして伝わり、より多くの消費者が良いサービスが受けれる様になればと思い書き込ませて頂きました。
    大手の名前だけに騙されて無駄な手数料払うのは、勿体ないですよ。
    不動産流通システムさんで物件を売り買いするのに、大手に引けを取らないサービスをより安価に受けれますので
  • 40代女性(住み替え:購入・売却)
    不動産の売却・購入の両方お世話になりました。
    以前中古マンションを購入する際は、不動産ポータルサイトに掲載している不動産会社に問い合わせをしないと内覧ができなかったことが何度かあり、大手不動産会社に任せると、売却の際幅広く宣伝活動がされないのではないかという不安がありました。
    そこで、「囲い込みはせず、他社にドンドン広告掲載してもらい幅広い媒体で宣伝してもらう」「LINEからの問い合わせも可能」「仲介手数料が安い」の3点に惹かれ、お任せしました。
    担当の鈴木さんの明るく、お茶目な人柄も好きだったので、購入売却にかかる庶務も憂うつにならずに対応できました。 いつも家族のことや、部屋についてもポジティブなことを言ってくれるので安心してお任せしました。
    最寄駅にはないので、いつでも会って相談するというのむずかしいかもしれませんが、心配なことはメールや電話ですぐに対応してくれるので、私達には十分満足できました。
    結果としては売却も1ヶ月で売出価格で決まり、購入時のローンも紹介していただき、購入・住み替えもスムーズに決まりました。また住み替えの際にはぜひお願いしたいです。
  • 50代男性(マンション売却)
    マンション売却で、担当していただいた津司さんには本当にお世話になりました。
    次に住む所の相談と住んでいるマンションの売却を同時進行で行いましたが、分かりやすい説明と進め方の提示が手際良く、安心してお任せする事が出来ました。
    ネットで何でも調べられる時代ですが相手が何を考え、何を優先するかは会話の中でこそ分かると思います。プロフェッショナルを感じました
  • 30代女性(マンション購入)
    とにかくレスが早い。
    専門知識も豊富で、説明が分かりやすいです。
    担当してくれた方は非常に業界に通じており、ホスピタリティーに溢れていてかなり信用できます。 他社と比べて手数料もとても安いのでオススメの会社です。
  • 60代男性(戸建て購入)
    酒井智様にご担当して頂きました!細かい相談も小さな不安も毎回本当に迅速に対応して頂き、無事マイホームを購入できました!
    酒井さんは大変親切な方でREDSを選んで本当に良かったです。
    仲介手数料も無料で!今物件等お探しで検討してる方は絶対REDの酒井さんに相談してみてください!
※Google口コミより他の口コミを見る
嬉しい口コミも多数いただいております

一生に一度あるかの家の購入・売却…

相談したいけど、まだ買うか売るか決まっていない…

いきなり不動産屋さんへ相談へ行くのはハードルが高い…

そんな方へ!LINEから気軽に相談でき、宅建士のプロが対応します。

宅建士が対応! LINEでご相談

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る