エージェントブログAGENT BLOG

渡部 親三(宅建士・リフォームスタイリスト)

安心と信頼を御提供できるよう努めさせていただきます。

4.9

66

最終更新日:2023年7月1日
公開日:2023年6月10日

REDSエージェント、宅建マイスターの渡部です。

 

弊社・REDS不動産流通システムは1都3県を営業エリアとしており、特定の狭い地域で営業する多くの不動産会社とは異なり営業エリアがとても広いという特徴があります。

そんな広域営業の不動産会社だからこそ分かる、各地域の特徴や魅力。

今回は東京23区の一つ、【足立区】をご紹介させていただきます。

 

 

足立区の歴史

足立区の歴史は古く、縄文時代から人々が住んでいたとされています。
江戸時代には、千住宿が日光街道と奥州街道の宿場町として栄えました。
明治時代には、東京のベッドタウンとして発展し、現在は、住宅地、商業地、工業地が混在する区となっています。

足立区は、江戸時代以前は、武蔵国足立郡に属していました。
足立郡は、現在の東京都足立区、北区浮間、板橋区舟渡の一部、埼玉県北足立郡伊奈町、草加市の綾瀬川以西、川口市、戸田市、蕨市、さいたま市北区、さいたま市大宮区、さいたま市西区、さいたま市見沼区、さいたま市中央区、さいたま市桜区、さいたま市浦和区、さいたま市南区、さいたま市緑区、上尾市、桶川市、北本市、鴻巣市の元荒川以南の地域に相当します。

江戸時代には、千住宿が日光街道と奥州街道の宿場町として栄えました。
千住宿は、江戸から約10kmの位置にあり、多くの人々が行き交う場所でした。
千住宿には、旅籠、商店、寺社仏閣などが多く立ち並び、活気にあふれていました。
千住は、あの松尾芭蕉が『おくのほそ道』の旅立ちの地としても知られています。
芭蕉は「おくのほそ道」の中で千住宿に立ち寄った際の様子を描き、以下の句を詠んでいます。

行春や鳥啼魚の目は泪

千住宿は、江戸時代の宿場町として栄えただけでなく、文学や俳句の世界にも多くの影響を与えました。
芭蕉の訪問以外にも、多くの文人や歌人が千住宿を訪れ、その風景や人々の生活を詠んだ作品を残しました。

また、千住宿は日光街道と奥州街道の交差点でもあり、この地を通る旅行者や商人が多く集まりました。
そのため、千住宿は賑わいと交流の場でもありました。
旅人たちが立ち寄る旅籠や、さまざまな品物が並ぶ商店、そして歴史ある寺社仏閣が千住宿を彩りました。

明治時代には、東京のベッドタウンとして発展し、現在は、住宅地、商業地、工業地が混在する区となっています。
足立区には、北千住駅、竹ノ塚駅、綾瀬駅などの主要駅があり、交通の利便性が高いです。
また、荒川、綾瀬川、中川などの河川が流れています。

 

足立区の地質は?

足立区の地質は、古くから川が流れ、海が広がっていたため、軟弱な土壌が多くなっています。
また、足立区は、関東平野の中央に位置し、標高が低いため、地震や洪水などの自然災害の影響を比較的受けやすい地域です。
足立区は、四方を荒川、綾瀬川、中川、隅田川、江戸川などの河川に囲まれているため、洪水が発生しやすく、また標高が低く平坦な地形であるため、内水氾濫が発生しやすいといえます。
地域の特定の箇所というよりも、広く区内全域が地質的に類似しているところがあり、例えば土地に建物を建築する場合、どの地域であっても地質の特性に合わせた適切な地盤補強工事が望まれます。
これは隅田川以東のいわゆる「城東地域」全域に言えることでもあります。

 

足立区の公共施設など

足立区には、足立区立郷土博物館、足立区立図書館(区内に15か所※2023年5月現在)、足立区生物園、ギャラクシティ(西新井文化ホール)などの文化施設があります。
(足立区立郷土博物館は2023年5月現在、施設改修のため休館中です。)

また、区立花畑公園、都立東綾瀬公園、区立元淵江公園、都立舎人公園などの公園もあります。

また2005年(平成17年)まで区内に大学がなかった足立区では、大学進出による様々な効果を期待して積極的に大学を区内に誘致してきました。
近年では千住地域を中心に6つの大学(放送大学、東京藝術大学、東京未来大学、帝京科学大学、東京電機大学、文教大学)が進出し、地域に開かれた大学を目指し、区や地域との連携を進めています。
大学が地域に存在することで街のブランド力が上昇し、若者が住み始めることにより街が良い方向に変わっていくことが期待できます。

 

足立区の治安はどうなの?

「足立区は治安が悪い」というイメージをお持ちの方がいらっしゃるかもしれません。
足立区の治安を示す指標として、1000人あたりの犯罪件数が参考になるでしょうか。
2022年の足立区の件数は、1000人あたり5.32件です。
これは、東京都全体の平均(1000人あたり4.8件)よりもやや高いですが、大阪市(1000人あたり12.23件)や福岡市(1000人あたり7.03件)などの他の大都市と比べると低い水準です。

また、足立区では、犯罪発生件数は減少傾向にあります。
犯罪件数の最も多かった2001年は、1000人あたり27.3件でしたが、2022年には5.32件と、約20年間で5分の1以下に減少しています。
何をもって「治安が悪い」とするかはともかくとして、他の都市・街との比較で極端に犯罪件数が多いということはないことだけは確かです。 

 

足立区の人気の街

足立区で人気の街は、北千住、綾瀬、西新井、梅島、竹ノ塚などです。
これらの街は、都心へのアクセスが良く、家賃や地価が比較的安いことが人気の理由です。
また、公園や図書館などの公共施設が充実しているため、子育てしやすい環境も魅力です。

北千住

北千住は、JR常磐線、東武スカイツリーライン、東京メトロ日比谷線、東京メトロ千代田線、つくばエクスプレスの5路線が乗り入れているターミナル駅です。
上野駅や秋葉原駅、東京駅、大手町駅まで乗り換えなしで行くことができ、都心へのアクセス抜群です。
また、商店街や飲食店が充実しており、グルメやショッピングを楽しむことができます。

綾瀬

綾瀬は、東京メトロ千代田線とJR常磐線の2路線が乗り入れている駅です。
大手町駅や日比谷駅まで乗り換えなしで行くことができ、都心へのアクセスも良好です。
また、駅前にはイトーヨーカドーや東急ストアなどの商業施設が充実しています。

西新井

西新井は、東武スカイツリーラインの駅です。
北千住駅まで乗り換えなしで行くことができ、都心へのアクセスも良好です。
また、西新井大師や西新井氷川神社など、歴史的な神社仏閣が多いのも魅力です。

梅島

梅島は、東武スカイツリーラインの駅です。
北千住駅まで乗り換えなしで行くことができ、都心へのアクセスも良好です。
また、駅前にはスーパーや商店街が充実しており、生活に便利な街です。

竹ノ塚

竹ノ塚は、東武スカイツリーラインの駅です。
北千住駅まで乗り換えなしで行くことができ、都心へのアクセスも良好です。
また、竹ノ塚駅前にはドン・キホーテ や西友などの商業施設が充実しています。

まとめ

弊社のように広域で営業活動していると1都3県の様々な地域に訪れることになります。
そうした経験をベースに申し上げると、やはり足立区は東京都心部へのアクセスの良さが非常に魅力と感じます。
区画整理がしっかりしていて道路は広い地域が多く、公園などの緑も多いと感じます。

足立区は、都心へのアクセスが良い割に、家賃や地価が比較的安い、子育てしやすい環境など、住みやすい街がたくさんあります。
足立区をあまり知らない方もぜひ一度訪れて環境を体験していただきたいと思います。

 

 

カテゴリー:

最終更新日:2023年7月1日
公開日:2023年6月7日

菅野です。

この会社で10年ほどブログを書かせていただいておりますが、今週よりエージェントブログの内容が少しずつ変わってまいります。
これからも充実した内容の記事を提供できるよう頑張ってまいりますので、引き続きご期待くださいますよう、よろしくお願いいたします。

さて、今回のお題ですが、「なぜ足立区と葛飾区の区界(くざかい)はうねうねしているのか」という件についてです。

まず、区界(くざかい)について見てみる

これは、足立区の南東部分が葛飾区に陸地で接しているところの境界です。

 

これ、実感として分かる方は足立区の綾瀬駅や亀有駅最寄りの地域にお住まいの方くらいかもしれません。

綾瀬駅の北と南を境に足立区綾瀬と葛飾区小菅に分かれている、というわけではなく実は、足立区綾瀬1丁目と2丁目がJR常磐線の線路から南に出張っている感じです。

 

また、そこから東の亀有駅方面に進むと一転、常磐線の線路から北側に境界が出ていきます。
葛飾区西亀有2丁目の一部が北に出張ってきて、いったん足立区東和1丁目に線路まで押し戻されたかと思ったら、葛飾区西亀有4丁目がグワーッと線路の北に出っ張り、亀有5丁目が亀有駅の北側を覆いつくし、環七通りを超えてさらに東に行くと今度は足立区中川が線路の南側まで出っ張ってくるという感じです。

 

実際の区界の様子をGoogleストリートビューで見てみます。

足立区綾瀬1丁目と葛飾区小菅4丁目の境目、綾瀬川通りの交差点です。南東側に小川があります。

 

 

 

綾瀬駅に近いところの、足立区綾瀬2丁目と葛飾区小菅4丁目の境目です。駐輪場があります。

 

 

少し古いものを見るとよくわかるんですが、もともと長々と法務局辺りまで駐輪場があって、昔は水路だったんじゃないかと予想できます。
こちらは2014年5月のストリートビューです。駐輪場に「綾瀬袋橋」の文字があります。

 

 

まあ、ここまでくると勘の良い方はお分かりかと思いますが、この区界は昔、川が流れていたんですね。
川の名前は「古隅田川」といいます。その名の通り、昔の隅田川がここをながれていたそうです。
この古隅田川を境に、武蔵国足立郡と下総国葛飾郡が分かれていて、それが現在の区界になっているのだそうです。
もともとは国境だったということですが、今その区界を歩いてみると、全く境目って感じがしません。

 

地質図を見てみると

ただ、地質図をみると一目瞭然です。

出典はこちら

産総研:都市域の地質地盤図 (gsj.jp)

この薄青のところは地質が「旧河道埋積堆積物」となっていて、昔は川でした!ってのが、はっきりとわかります。

これがほぼそのまま区界になっているのがお分かりでしょうか。

ちなみにその周りの黄色いところは「自然堤防堆積物」となっています。

 

旧河道は災害危険性に注意

まあこれだけですと、昔の川が区界だったんだな、で終わっちゃいますが、最後に注意喚起です。

 

こちらはNHKの災害列島という特集サイトです。

地図はいまも悪夢を知っている 浸水地域の地形に「旧河道」- NHK

以下引用です。

旧河道とは、読んで字のごとく、かつて川が流れていた地形のことです。周囲より低いため、水が集まりやすいのが特徴だといいます。さらに今は道路に舗装されたり住宅が建ったりして、ほとんどわからないというのです。

地形のリスクについて興味を持って調べていくと、冒頭の記事が研究者の間では有名だったことを知り、何度も目にすることになりました。

小森さんが多摩川の下流沿いで広い範囲に浸水被害が確認された川崎市や東京 世田谷区など15の地域を調査した結果、13の地域で旧河道が含まれていたことがわかりました。

ということは、この区界は水害に遭いやすい場所の可能性があるということです。

先ほどの産総研のサイトを見ていただきたいのですが、もともと足立区・葛飾区は昔、海や湖沼に面した湿地帯で、縄文時代までさかのぼると海の下でした。

地質も低湿地帯に属します。その中でも旧河道はさらに低く水が集まりやすい状態になっているというのです。

 

この旧河道は、以前はハザードマップには記載されていませんでしたが、法改正後の最新の足立区ハザードマップには、区内でも特に低い場所を「早期立退き避難の検討が必要な区域」として記載があります。
(斜線のしましまのところが「早期立退き避難の検討が必要な区域」です。)

 

この区界近くにお住まいの方、転居予定の方は、大型台風やゲリラ豪雨などの大雨時には速やかに避難するなどの心構えを持っていただいたほうがよろしいかと思います。

(確認していませんが、先日の大雨は大丈夫だったのでしょうか?)

 

最後に

締めとして、不動産、特に土地や戸建てを購入検討する際には、こういった地質なんかも注意していただくと、不意の災害時にダメージコントロールができるのかな、と思います。

REDSのエージェントは宅建マイスターや公認不動産コンサルティングマスターなどの資格をもち、こういった部分のリスクにも対応できますので、不動産を購入する際はぜひREDSへご相談ください。

 

カテゴリー:

最終更新日:2017年1月22日
公開日:2017年1月21日

こんにちは。

 

売るときも買うときも、不動産売却、不動産購入の

仲介手数料《無料・半額》の【REDS】(レッズ)の小野田です。

 

今週は、先週のブログでご報告していた、買付を頂いたお客様のご契約が無事に1件終了致しました。

(もう1件も明日ご契約予定です)

 

今週ご契約が終了したのは、足立区にある新築戸建て住宅でした。

 

こちらの物件、お客様は《 仲介手数料【無料】》でご購入されました!

 

売主は、今回はじめてお取引した「良栄」さんという業者さんでしたが、

問い合わせの段階からの対応も丁寧で、建物の造りも丁寧な良い印象を受けました。

(何というか、細かい所もちゃんとやってあって、セコくないんです)

 

敷地の境界標も隣地の方との立会いのもとで、新しく再生されているので、境界もハッキリしていて安心です。

 

役所で浸水履歴等を調べても、全く問題ない物件でしたので、安心してご契約頂きました。

 

こちらの物件の場合、

通常の不動産業者をご利用の場合、仲介手数料は税込で約100万円必要でしたが、

弊社のご利用で、《 仲介手数料【無料】》となりました。

 

更に値引き交渉で80万円値引きして頂いたので、

合計で約180万円お得にご購入となりました。

 

おめでとうございます!

 

お引渡しまでしっかり、サポートさせて頂きます。

 

次にお得にご購入されるのは、あなたの番かも知れません!

 

気になっていた物件が、いつの間にか他の人に買われてしまった何て事が無い様に、気になる物件がございましたら、まずはお気軽にお問合せください。

カテゴリー:

最終更新日:2016年12月25日
公開日:2015年9月12日

仲介手数料最大無料の不動産流通システム・REDS(レッズ)の菅野洋充です。

「足立区扇1丁目一戸建て」が早々にご成約となりました。

ちょっと取り合いのようになってしまうほどの人気でした。

ご検討頂いたお客様、ご紹介頂いた不動産業者様、有難うございました。

 

REDS(レッズ)の事務所は秋葉原が最寄り駅です。

REDS(レッズ)の販売手法を駆使すれば、秋葉原エリアだけではなく、東京23区、23区周辺の東京都下及び都内通勤エリアまでも対応可能なエリアとなります。

 

売却相談・無料査定」・「仲介手数料査定」・「お問合せ」は、メールであれば24時間受付中です。メールでも迅速な対応を心掛けています。

お気軽にお問合せください。

 

REDS(レッズ)は水曜日も9:00-19:00まで営業(電話受付け)しております。

もちろん土日祝日も営業しています。お気軽にお電話ください。

皆様からのお問合せを心よりお待ちしております。

 

仲介手数料が無料、半額と聞くと「大丈夫なのだろうか」と疑問に思う方も少なくないと思います。「そんなうまい話があるわけない!」、「仕事が雑なのでは?」、「他に追加費用がかかるのでは?」などと思っていませんか?

 

今までREDS(レッズ)をご利用いただいた多くの売主様・買主様も、初めのうちは多かれ少なかれ、そのような疑問を持っておられたと思います。

 

それでも「本当に仲介手数料が安くなるのなら・・・」と思ってお問合せをいただいた結果と評価を「お客様の声」や、お客様へのインタビューでご紹介しています。

手前みそで恐縮ですが、大変ご好評をいただいておりますので、ぜひご覧ください。

 

私、菅野洋充のプロフィールはこちらです。

REDSでは、売るときも買うときも一生懸命お手伝いさせて頂きます。

どうぞよろしくお願いいたします。

 

 

カテゴリー:

最終更新日:2020年9月3日
公開日:2015年3月19日

仲介手数料最大無料の不動産流通システム・REDS(レッズ)の菅野洋充です。   実は受任しましたが、広告を出すやいなや案内希望が殺到し、売出後3日で申込が入り、その1週間後にはご成約となってしまいました。 「シティハウス成増ステーションコート」というマンションです。 こちらは外観写真だけとなります。申し訳ありません。 シティハウス成増ステーションコート 最後に、「ルフォン中野上鷺宮弐番館」「グリーンフォレスト戸田」「足立区谷在家3丁目土地」がご成約となりました。 「ルフォン中野上鷺宮弐番館」も「グリーンフォレスト戸田」も私が受任後、最初のご案内のお客様にご購入頂いております。 ご検討頂いたお客様、ご紹介くださいました不動産業者様、ご協力頂いた皆様有難うございました。   良い物件は足が速いです! ご検討の物件がございましたらすぐにREDS不動産流通システムまでお問い合わせください!   REDS(レッズ)の事務所は秋葉原が最寄り駅です。 REDS(レッズ)の販売手法を駆使すれば、秋葉原エリアだけではなく、東京23区、23区周辺の東京都下及び都内通勤エリアまでも対応可能なエリアとなります。   「売却相談・無料査定」・「仲介手数料査定」・「お問合せ」は、メールであれば24時間受付中です。メールでも迅速な対応を心掛けています。 お気軽にお問合せください。   REDS(レッズ)は水曜日も9:00-19:00まで営業(電話受付け)しております。 もちろん土日祝日も営業しています。お気軽にお電話ください。 皆様からのお問合せを心よりお待ちしております。   仲介手数料が無料、半額と聞くと「大丈夫なのだろうか」と疑問に思う方も少なくないと思います。「そんなうまい話があるわけない!」、「仕事が雑なのでは?」、「他に追加費用がかかるのでは?」などと思っていませんか? 今までREDS(レッズ)をご利用いただいた多くの売主様・買主様も、初めのうちは多かれ少なかれ、そのような疑問を持っておられたと思います。   それでも「本当に仲介手数料が安くなるのなら・・・」と思ってお問合せをいただいた結果と評価を「お客様の声」や、お客様へのインタビューでご紹介しています。 手前みそで恐縮ですが、大変ご好評をいただいておりますので、ぜひご覧ください。   私、菅野洋充のプロフィールはこちらです。 REDSでは、売るときも買うときも一生懸命お手伝いさせて頂きます。 どうぞよろしくお願いいたします。    

カテゴリー:

最終更新日:2020年2月1日
公開日:2014年10月19日

(注:本物件は販売を終了しております。)

仲介手数料最大無料の不動産流通システム・REDS(レッズ)の菅野洋充です。   新規売り出し開始しました。 足立区谷在家三丁目 324.03㎡の土地、価格は7800万円です。 南側幅員6m公道に約11m接し、区画整理済の整形地です。  お問い合わせお待ちしています。   REDS(レッズ)の事務所は秋葉原が最寄り駅です。 REDS(レッズ)の販売手法を駆使すれば、秋葉原エリアだけではなく、東京23区、23区周辺の東京都下及び都内通勤エリアまでも対応可能なエリアとなります。   「売却相談・無料査定」・「仲介手数料査定」・「お問合せ」は、メールであれば24時間受付中です。メールでも迅速な対応を心掛けています。 お気軽にお問合せください。   REDS(レッズ)は水曜日も9:00-19:00まで営業(電話受付け)しております。 もちろん土日祝日も営業しています。お気軽にお電話ください。 皆様からのお問合せを心よりお待ちしております。   仲介手数料が無料、半額と聞くと「大丈夫なのだろうか」と疑問に思う方も少なくないと思います。「そんなうまい話があるわけない!」、「仕事が雑なのでは?」、「他に追加費用がかかるのでは?」などと思っていませんか? 今までREDS(レッズ)をご利用いただいた多くの売主様・買主様も、初めのうちは多かれ少なかれ、そのような疑問を持っておられたと思います。   それでも「本当に仲介手数料が安くなるのなら・・・」と思ってお問合せをいただいた結果と評価を「お客様の声」や、お客様へのインタビューでご紹介しています。 手前みそで恐縮ですが、大変ご好評をいただいておりますので、ぜひご覧ください。   私、菅野洋充のプロフィールはこちらです。 REDSでは、売るときも買うときも一生懸命お手伝いさせて頂きます。 どうぞよろしくお願いいたします。    

カテゴリー:

アーカイブ