上場グループがお届けする仲介手数料最大無料のサービス

エージェント紹介agent

冨永 晴彦(宅建士)

とみなが はるひこ

haruhiko@red-sys.jp

33年間不動産業一筋に『誠意』『笑顔』『感謝』で営業してまいりました。

REDSの不動産エージェント 冨永です。

手数料は割引または最大無料ですが、「安心」「満足」をお約束します。

実は「熱意」も無料です。

仲介実績1000件以上です。

ご指名ください。

 

生年月日
7月21日 蟹座のA型
出身地
東京都
趣味
DIY直すの半分壊すの半分です。
今年はフローリングの張替え・間取りの変更等々
車とオートバイ
乗るのも修理も大好きです。
犬と遊ぶ
現在は飼っていませんが
豆柴からグレートデンまで飼っておりました。
鳥と遊ぶ
最大は、鳥籠(自家製)5籠で50羽ほど飼っておりました。
紅雀から白色レグホン(鶏)まで。
つがい(ペア)から大切に愛情を注ぐと増えるものですね。
実は人間も大好きです。
資格・特技
・宅地建物取引士
・宅建マイスター
・普通自動車免許
・大型自動二輪免許
・簿記
・珠算
・ファイナンシャルプランナー(勉強中)
担当エリア
・東京23区
・神奈川県
・千葉県
・埼玉県
得意な物件
・中古マンション等居住用の物件
・新築/ 中古戸建
・土地(住宅建築用)
・投資用物件(区分マンション、一棟アパート・一棟マンション)
メッセージ
はじめまして。
仲介手数料最大無料REDSの不動産エージェント 
冨永晴彦(とみながはるひこ)と申します。
こちらのページをご覧いただきありがとうございます!
今年から笑顔が素敵とお子様から言われることが多くなりました。

平成31年度もお客様のおかげで
お取引金額が約30億円ご成約いただきました。
『感謝の気持ち』でいっぱいです。

30年間不動産業界一筋で仕事をしてまいりました。

売却のお客様
①早く売りたい。
②希望価格で売りたい。
お任せください。

購入のお客様
①出来るだけ安く買いたい(諸費用もおさえて)
②不安を払拭したい。
③心配事を相談したい。
④疑問に答えてほしい。
お任せください。

あれ❕❕❕
希望価格なら安く買えないでしょ。
ご安心ください。

売却の専任エージエント

購入の専任エージェント

弊社では一般仲介会社様が好む、両手仲介(売主買主双方から手数料を頂く仲介)は行いません。
単純明快、売主様と買主様の利益にならないからです。
そこで、どちらかに徹底します。

お客様の専任エージェントして「安心」「満足」の、お取引をお約束します。

「笑顔」でご契約して「安心」「満足」でお引渡し致します。
冨永をご指名いただければ幸いです。



エージェントインタビュー

冨永 晴彦

とみなが はるひこ

  • #01

    趣味や休日の過ごし方を教えてください。

    DIYと自宅の庭の手入れ、手先を動かしたり体を動かしたりすることが趣味です。車も好きなので、オイル交換など車のメンテナンスや、特殊工具を使って車両の調整をしています。自宅が小・中学校の通学路に面しているので、娘の友達や近所の方に庭を見られることが多く、自宅周りをきれいにするように心掛けています。

  • #02

    出身地や地元での思い出話などお聞かせください。

    東京の浅草です。父が浅草で町工場を経営していましたので、そこで機械をいじったり、手先を動かしたりすることを遊びにしていました。その幼少期の体験が今の趣味につながっているのだと思います。

  • #03

    REDS(レッズ)に入るまでの経歴を教えてください。

    2016年4月にレッズのお客様専属エージェントになるまで、約30年以上にわたって不動産業界に携わってきました。バブルの崩壊もリーマンショックも経験してきました。仲介業はこれまで1社のみで、土地と戸建ての仕入れを取り扱う不動産会社で働いていました。

  • #04

    レッズで他の不動産会社との違いを感じたことは?

    スローガンとして、お客様第一主義をうたっている会社はたくさんありますが、「お客様の利益のために仕組みを作っている」のがレッズだと思います。

    通常、不動産の仲介会社は手数料収入を増やして、自社の利益を増やす仕組みを作ります。しかし、レッズでは、お客様が得をする仲介手数料無料もしくは半額で取引ができる仕組みを作り、エージェントも徹底して実践しています。

  • #05

    レッズのアピールポイントは何でしょうか。

    レッズには、「早い、正確、安い」という三拍子があります。ですから、お客様が「レッズを選ばない理由はない!」と自信を持っています。
    まず「早い」とは、早期売却、早期購入が実現可能です。承った物件を、自社だけのお客様の中でお取引をするのではなく、市場全体で買いたいお客様を探すので、買主様をより早く見つけることができます。

    次に「正確」とは、経験豊富で不動産業に精通したエージェントが担当するため、具体的なノウハウと動きが分かっています。また、仲介手数料や購入・売却の手順をきちんと説明し、ご納得いただいた上でお取引をします。ですから、お客様には安心してご相談とお取引をお任せしていただいております。

    そして「安い」は、仲介手数料を無料から半額以下で承っているという点です。他の不動産仲介会社では、この3点がそろっていることはなく、レッズの大きなアピールポイントだと思います。

  • #06

    お客様への対応で心掛けていることを教えてください。

    先ほどの「三拍子」にもありましたが、早く動くこと、正確に対応をすること、コストをいかに圧縮するかを心掛けています。コストとは、仲介手数料、登記の手続き費用、ローン関係の諸経費など、不動産売買に付随する諸費用のことですが、私どもエージェントは、長年の経験と知識からこれらのコストを抑える方法をご提案することができます。そして、コストを抑えることで、お客様の利益を増やすことを心掛けています。

  • #07

    得意とされている仲介業務はどのような内容ですか。

    私は、感謝されることに喜びを感じるという性格なので、難しい案件、他のエージェントや不動産仲介会社が受けない特殊案件を担当することが得意です。
    特殊案件とは、借地と素地の同時売却、相続に関わる土地の整理の仲介です。他社ですとこのような案件は避ける傾向がありますが、今後、相続に関わる土地の売買整理の件数は増えてきますし、前職で主にこれらの取引を扱ってきたので、レッズのシステムと私の経験で、今後も取り扱いたいと思います。

  • #08

    この仕事を「やっていて良かった」と感じたことは?

    あるお客様から「登記費用の計算とローンの計算を自分でしたい」とお申し出がありました。理由を伺うと、不動産業に関する書籍の中に「ローンの計算、登記費用の計算を不動産会社にしてもらうと事務手数料が発生する」と書いてあったからということでした。

    実際、他の不動産仲介会社にはそのようところもありますが、レッズではそのような費用を頂くことは一切ありません。その旨をご説明したら、とても驚かれて、「安心して話ができる」と言ってくださいました。相談だけで手数料を取られるのではと感じたり、事務手数料がやたらと高い設定だったりするなど、不動産会社に対するグレーなイメージを持っているお客様は少なくありません。そうした印象を払拭できた時、非常に喜びを感じます。レッズの仕事を通して、お客様の利益を一番に考える不動産仲介会社が世に浸透するといいなと思っています。

  • #09

    お客様へのメッセージをお願いします。

    レッズの仲介手数料は無料または半額以下ですが、私は笑顔と満足を、2倍でお届けします!
    この私のスローガンは変えません。レッズのエージェントとして、購入のときは買主様、売却のときは売主様の立場で取引をしますので、買って喜ばれ、売って喜ばれる、というところで業務を進めていきたいです。

エージェント一覧

不動産事業プロデューサー 牧野知弘氏による推薦の言葉

 世の中に名の通った大手でも、地域密着の中小でも、不動産会社に「仲介手数料」をたずねるとほとんどの場合「物件価格の3%+6万円」と答えます。でも私は知っています。それはあくまでも法律で決められた上限であり、定価ではないことを。だからREDSが行っている「仲介手数料の割引サービス」は、本当はとても自然な取り組みであり、これまでなかったことが不思議なくらいです。営業スタッフ全員が宅建士で、さらに上級資格の宅建マイスター認定者が多く在籍するREDSは、横並びの不動産業界に新たな息吹を吹き込むことでしょう。

オラガ総研株式会社 代表取締役 牧野知弘氏

東京大学経済学部卒業。第一勧業銀行(現:みずほ銀行)、ボストンコンサルティンググループを経て1989年三井不動産入社。数多くの不動産買収、開発、証券化業務を手がけたのち、三井不動産ホテルマネジメントに出向し、ホテルリノベーション、経営企画、収益分析、コスト削減、新規開発業務に従事する。2006年日本コマーシャル投資法人執行役員に就任しJ-REIT(不動産投資信託)市場に上場。2009年株式会社オフィス・牧野設立およびオラガHSC株式会社を設立、代表取締役に就任。2015年オラガ総研株式会社設立、代表取締役に就任する。著書に『なぜ、町の不動産屋はつぶれないのか』『空き家問題』『民泊ビジネス』(いずれも祥伝社新書)『老いる東京、甦る地方』(PHPビジネス新書)『こんな街に「家」を買ってはいけない』(角川新書)『2020年マンション大崩壊』『2040年全ビジネスモデル消滅』(ともに文春新書)などがある。テレビ、新聞などメディア出演多数

  • LINEでのお問い合わせ絶賛受付中!
  • Rマンション 新しいマンションの選択肢として私もお勧めします
  • 不動産のリアル
  • REDSには宅建マイスターが在籍しています
  • いつも、新しい答えを。桧家グループ
  • 実録 家売るオトコたちの素顔
LINE

フリーコールで
REDSに電話発信する