REDSエージェント、宅建士の三堀です。

 

弊社REDSの特長は、仲介手数料最大無料または割引ですが、同時に、お客様に迷惑をかけている不動産業界の悪しき商慣習であるいわゆる囲い込みを糾弾し、絶対にやってはいけないこととして強く戒めています。

 

最近、激しく囲い込みをする業者と、ほとんどしない業者という区別がハッキリと色分けされてきているのではないかと感じるようになりました。

 

住宅と手

(写真はイメージです)

 

不動産の「囲い込み」とは、自社で「両手仲介」を実現して仲介手数料を売主と買主の双方から得るために、売却依頼を受けた物件の情報を市場に公開しない行為のことを指します。他の不動産会社が介在する「片手仲介」に比べて、収益が2倍となるため、不動産会社の多くは両手仲介を目指して、自社の顧客網やネット媒体などによる広告でお客さんを探すことに注力しています。

 

こうした行為自体は、法律に違反しない商行為ですが、依頼者の利益よりも、不動産会社の利益を優先し、消費者を置き去りにした行為とも言えます。詳しくはこちらをご覧ください。

 

これまでは、名の通ったいわゆる大手不動産仲介業者ほど、こうした行為に手を染めていました。ところが、最近はシェア1~4位くらいの業者は、昔と違い囲い込みをしなくなってきているように感じます。驚くくらいに、改善されてきて喜ばしい限りです。もちろん、営業所や担当者によるところも大きいので、まだまだ油断はできませんが。

 

一方、中堅の不動産仲介業者は、今でも平然と、露骨に囲い込みをしています。その露骨さはあぜんとすることも多々あります。そのひどさには名前を出してさらしてやりたいくらいです。

 

本来なら定められた期限内にレインズに販売図面を登録しなければならないのに、いつまでたっても登録しない業者、購入希望のお客様を紹介可能か連絡しても、居留守を使ったり折り返しの連絡をするといってしてくることはなかったり、電話口に出たとしても嘘ばかりついて、結局はその売却物件に近づくことさえできないことはもう日常茶飯事です。到底納得できるはずもない言葉で濁され、ひらりとかわされてしまうことが多く、預かった売却物件を早く買主に紹介して早く売って差し上げようという意識は皆無です。開いた口が塞がりません。

 

そんな中、最近、最大手のMで始まる不動産業者様はとても良心的で、親切で、丁寧な対応をしていただきました。レインズ登録期限日よりずっと前の物件を快く紹介していただくなど、囲い込みばかりやる業者とは一線を画した対応をしていただけました。

 

何がきっかけで好転したのかは分かりませんが、不動産業界全体のためにも、不動産売買をするお客様のためにも、囲い込みをなくしていこうじゃありませんか。

 

この記事を執筆したエージェントプロフィール

三堀 雅人

みつぼり まさと

51件

(株)不動産流通システム【REDS】宅建士の
三堀 雅人(ミツボリ マサト)と申します

早いもので不動産仲介営業に携わり約20年を迎えようとしています。
地場の不動産会社から大手不動産会社等経験し現在に至ります。

【正確 丁寧かつ迅速】をモットーにしています。

かなりフットワークは軽い方ので、不動産の事でしたら何なりとお申し付けください。