REDSエージェント、宅建士、宅建マイスターの井原です。REDSは不動産売買の仲介手数料を「割引から最大無料」としています。他のほとんどの不動産会社が法定上限の「取引価格の3.3%+6.6万円」にしているのですが、実は大手業者でも特定の場合には、仲介手数料を値引きすることがあります。

 

手数料値引き

(写真はイメージです)

 

マンション購入を検討して大手の不動産会社を訪ねると、ほとんどすべてで仲介手数料は上記の上限ギリギリ価格であると告げられるため、おかしいと感じる方もいるでしょう。これはそのとおりで、購入のお客様への割引は、ほとんどありません。

 

大手が仲介手数料を値引きする場面とは、ほぼ「売却査定時」に限られます。このとき、上記の3%が2%に、場合によっては1.5%になることもザラにあります。

 

なぜ購入のお客様には仲介手数料を割り引かないのに、売却のお客様の仲介手数料はこのようにじゃんじゃん割り引くのでしょうか。答えはひとつで、不動産会社の収益構造が理由です。

 

不動産会社にとっての「商品」は、売却依頼を受けた物件であり、商品がなければ、集客もできません。売り物件があれば、購入希望者が現れたとき、社内でマッチングさせる「両手仲介」が狙えます。半分の労力で、売り手からも買い手からも仲介手数料を取れる両手仲介は、非常に効率のよい稼ぎ方となります。

 

なので、各社は売り物件の取得を何よりも優先し、売主側の仲介手数料を少しくらい値引きすることは何の問題もないのです。両手仲介ができれば結果オーライですから。一方で、徹底的な囲い込みが行われるのもこれが理由です。

 

現に、大手の仲介手数料率の平均料率は、概ね4%以上(会社によっては5%以上)の統計が出ております(こちらの記事をご参照ください)。

 

ただ、売却査定時に仲介手数料の割引を提示されても、「仲介手数料が安くなるの? ラッキー!」となるのではなく、逆に用心が必要です。先述のように、こういう不動産会社は囲い込みに走ることが多いからです。囲い込みをされたら、ダメージは買主よりも売主のほうが大きくなります。なにしろ、売却に出した物件がいつまでたっても売れないわけですから。本来なら3カ月で売却できるものを3年たっても売れないのでは、売主にとってはツラい日々が続くでしょう。精神面だけでなく、金銭面での損失も大きなものとなります。

 

このように業界の裏側を明かしてしまっては、もう何を信じればいいのか分からなくなるという方もいるかもしれません。しかし、答えはシンプルです。「囲い込みをいっさいやらない」と明言している不動産会社なら問題ありません。ぜひ、不動産会社に足を運んだとき、担当者にストレートにぶつけてみてください。

 

この記事を執筆したエージェントプロフィール

井原 直樹

いはら なおき

4.817件

ご覧くださいまして、ありがとうございます!

 

◎特にマンション売買に自信があります。

◎知識と実績を裏付けに、一長一短をご説明します。

◎お客様へしっかり還元します。

 

仲介手数料が

【もれなく割引、さらには無料も】

今すぐ!お気軽にご相談ください。