REDSエージェント、宅建士の大沢です。

 

不動産のご売却をお考えのお客様に相談にうかがった際に、弊社REDSで売却をお任せいただいた場合、どんなメリットがあり、どんなデメリットがあるのかについてご質問をいただくことがあります。そのとき、私がどのようにお答えしているのかについてお話しさせていただきます。

 

メリットとデメリット

(写真はイメージです)

 

まず、メリットからです。いわずもがなで仲介手数料が無料もしくは割引になることです。ほとんどの不動産会社で、仲介手数料は売却価格の3%+6万円+消費税がかかります。

 

しかしREDSでは、不動産会社が買取の場合には仲介手数料が無料、5,000万円以上の物件では仲介手数料が最大半額となります。これは決して手抜きや別途代金をいただくようなことをしているわけではなく、コストを徹底して抑えているため、仲介手数料をお安くご提案させていただくことが可能なのです。

 

次に、これは売主様にとってたいへん重要なことですが、REDSでは両手仲介を行いません。

 

両手仲介とは1人の営業マンが売主様の物件を自分で見つけた買主様とマッチングさせることです。ですが、「高く売りたい」という売主様と「安く買いたい」という買主様の希望を両立させることなど無理な話で、「利益相反」という民法ではそもそも禁止されている行為なので、REDSでは行わないのです。

 

そして、両手仲介の延長線上にある「囲い込み」は絶対に行いません。囲い込みとはお客様からお預かりした売却物件の買主を自分で見つけるまで市場からブロックしてしまうという、お客様への背信行為ともいえるものです。自分で買主を見つけるまでは売却物件を塩漬けにしてしまうことにほかならず、ひどい商慣習だと思います。

 

REDSでは、大手不動産会社でも小さな町の不動産会社でも情報を開示し、先方のお客様で内覧や購入ご案内希望があれば、売主様へそのままお伝えします。売却の機会が多くなるため、売主様にとっては高い成約が見込まれます。

 

最後に、インターネット広告掲載が豊富ということです。不動産会社に売却を依頼をした場合、スーモやアットホームなどのポータルサイトと自社のホームページに物件を掲載します。当社もポータルサイトへの掲載を行うのはもちろん、大手不動産会社(野村不動産アーバンネット、住友不動産販売、東急リバブルなど)のウェブサイトへも、売主様のご承諾がありましたら掲載することが可能です。

 

一方のデメリットです。どんな商売でも通常「自社製品を購入することのデメリット」などは書かないことがふつうですが、お客様に誠実になろうとするほど、そこから逃げないのがREDSの社風でもあります。

 

まず、大手不動産会社の中には「設備保証サービス」というものがあります。不備があった場合に10万円までは保証するというものですが、残念ながら、REDSではそのようなサービスは行っておりません。

 

REDSでは設備保証の10万円はありませんが、仲介手数料が無料もしくは割引ですから、1,750万円以上の物件であれば仲介手数料でその分の元はとれます。

 

次は、3種類ある媒介契約のうち、一般媒介での受任が不可という点です。一般媒介では他の不動産会社と掛け持ちで売却依頼をすることができます。ただ、REDSは他の不動産会社とは仲介手数料の金額が異なるため、掛け持ちでの売却のご依頼を承ることができないのです。

 

REDSでの媒介契約は専任、もしくは専属専任をお願いしています。その媒介契約によってお客様がデメリットを感じることがないよう、専門知識豊富なエージェントがお客様に寄り添い、最適なご提案をさせていただきます。

 

この記事を執筆したエージェントプロフィール

大沢 孝一

おおさわ こういち

4.819件

不動産のご購入・ご売却は人生の中で大切な節目でもあります。

そんな大切な節目に最高のお手伝いが出来るよう誠心誠意努めて参ります。

お客様に、大沢に任せて良かった。今後も不動産のことについては大沢に任せたいと思われるのが最大の喜びです。