REDSエージェント、宅建士の村上です。REDSでは不動産業界にはびこる「囲い込み」という悪しき商慣習について、ファイティングスタイルを取っていて、エージェントが次々と実態を告発しています。

 

最近、私もこの囲い込みに出くわしました。お客様に物件をご覧いただくまでには、こうした営業妨害に近い商慣習との戦いがあることをぜひ知っていただければと思い、筆を執りました。

 

ビジネスマンと住宅

(写真はイメージです)

 

改めて簡単に説明すると、不動産業者は預かった売却物件を自社で見つけた買主に購入させると、手数料を売主と買主の双方からもらえます。このため、他社から購入のアプローチがあると、適当な理由をつけてブロックしてしまうわけです。売主にとっては売れる機会が減ってしまい、買主にとっては買える機会が減ってしまうということになります。

 

先日、住まいをお探しのお客様より、墨田区に見たい物件があるので内覧したいとのお問い合わせをいただきました。住宅情報サイトHに登録してある物件で、掲載業者は東京都福生市にあるX社でした。媒介契約は「専任媒介」となっていました。

 

宅建業法の決まりで、専任媒介で物件をお預かりした場合、「7日以内にレインズ(不動産業者専用の物件情報データベース)に登録しなくてはいけません。レインズで調べたところ、登録がありませんでしたので、直接その業者に連絡をすることしました。X社が物件を預かってから7日以内に住宅情報サイトに掲載した可能性もあるからです。

 

村上:Hで掲載されている墨田区のマンションですが、ご紹介していただけるのでしょうか?

 

X社:えーと、業者さんには紹介してないのですよね…。

 

村上:え? 御社は専任媒介ですよね? (しかも、なんでレインズに載せていないの?)

 

X社:そうですが…。業者さんには紹介していないのですよ…。ガチャっ!(切られた)

 

ここまでストレートに囲い込みをされたのは、久々です。レインズに登録し、情報を公開している物件を囲い込みするこうした手法を「売り止め」と言います。公開はしているものの「販売を一時中断」するやり方です。ただ、こうした場合、物件に問い合わせがあったら「現在商談中です」「他の方からお話が入っています」などの返答でかわすのがふつうです。こういう回答だと法令違反ではないからです。

 

私がお客様に物件をご案内できなかったのもさることながら、かわいそうなのは売主様です。すぐに物件を見たい、買いたいというお客様が現れても、自社で見つけた買主でない限り案内されることはありません。このような業者に物件を預けてしまった売主様が気の毒でなりません。

 

X社はそこまでして両手仲介がしたいのでしょうか。

 

一方、REDSでは、専任媒介でお預かりした売却物件はすべて、7日以内にレインズ登録します。REDSは自社では広告活動を積極的に行わないので、物件の囲い込みをしたら売れなくなってしまいます。ですので、絶対に物件の囲い込みはできないシステムになっているのです。価格設定さえ間違いがなければ、物件はすぐに成約となります。

 

売却はREDSにお任せいただけると、手数料も安く早期に、更に高額で取引できますし、他社様で囲い込まれていつまでたっても売れないという事態を防げることになります。

 

 

村上太朗(REDSエージェント、080-4741-9123、taroumurakami@red-sys.jp)
千葉県出身。所有資格は宅地建物取引士、宅建マイスター、損害保険募集代理人資格。リフォーム済み中古マンション、新築・中古戸建てが得意。約20年の不動産営業で約520件の売買にかかわる。
プロフィールページはこちら
インタビュー記事はこちら・動画はこちら

「家売るオトコたちの素顔」記事はこちら