REDSエージェント、宅建士の成田です。最近体験したことですが、タイトルどおり、お客様が予算オーバーにもかかわらず気に入っていただけた物件なのに「やめておいたほうがいいです」とアドバイスし、別の物件を買っていただいたというお話です。

 

住宅と停止マーク

(写真はイメージです)

 

せっかくお客様が気に入っているのに、あえてやめてもらい、新たに探してもらうなんて、ふつうの営業マンからしたら時間のロスでしかありません。なので、少々のことには目をつぶり「お客様が買いたいというのなら買ってもらって何が悪い」と開き直ることも珍しいことではないのです。

 

しかし、私に限らず、REDSのエージェントは物件の欠陥を見抜き、それがお客様の利益にならないと判断すれば、あえてその物件ではなく、別の物件を探していただくことをおすすめします。

 

先日、築15年の駅近マンションをお客様にご案内しました。少々予算オーバーながらお客様の条件にピッタリということで、お客様は買う気満々でした。ただ、築15年なりにお部屋の状況はとてもひどく、住むにはフルリフォームが必要でした。当然ですが、フルリフォームをすれば、多額の費用がかかってきます。

 

しかし、悪いところはこれだけではなかったのです。そのマンションの売主担当業者は大手のN不動産ですが、担当者がもごもごと「浴室の水を流すと勢いよすぎるのか、洗い場の水を流すところから水があふれてくるらしいです。浴室の水が勢いよすぎるのですね!」と言ってきました。この日本語、「ちょっとなに言っているか分からない」というレベルだと思われませんか?

 

あきれる気持ちを抑えつつ「それって、配管が詰まっているのでは?」と反論。すると、さらにあやふやな返事でコミュニケーションが成立しません。水の勢いが強ければ弱めればいいだけの話で、水が浴室にたまるのは配管が詰まっている以外に理由はないのです。目に見えない欠陥を白状したも同然でした。

 

ただ、配管の変更はリフォームの範囲ではなく、さらに工事代がかかるリノベーションの領域です。お部屋のリフォームだけでも500万以上の費用が見積もられているのに、配管まで直すことになれば、大幅な予算オーバーとなってしまいます。

 

私はお客様に2つ提案しました。1つは具体的な原因を詳しく教えてもらったうえで売主側に直してもらう。もうひとつは価格も決して安くないので別の物件を探す。見えないところの配管に不具合があるような物件はよろしくないのです。

 

結局お客様は、他の物件を購入されることになりました。次にいい物件が見つかるまで時間がかかるかもしれませんし、多くの営業マンが取る行動ではないと思います。しかし、われわれは不動産のプロなので、悪いところはしっかりお伝えしないと仕事をしたことにはならないと考えています。

 

 

成田育子(REDSエージェント、メール:i.narita@red-sys.jp)
東京都出身。所有資格は宅地建物取引士、公認不動産コンサルティングマスター、損害保険一般資格、第一種外務員資格。担当エリアは首都圏一円。得意分野はマンション、戸建て、土地の仲介。
紹介ページはこちら
インタビューはこちら
さらに深いインタビュー記事はこちら