不動産流通システム(REDS)の村上 太朗(宅建士、宅建マイスター)が 、YouTubeの『REDSチャンネル』でプロフィールやREDSの特徴・メリット、お客様へのメッセージをお伝えしています。

 

 

不動産業務の経験は?

 

今年でちょうど19年目になります。もともと車業界で働いていたのですが、29歳の時に不動産業界、売買仲介に転職しました。地元のいわゆる駅前不動産でしたので、基本的にREDSのように経費を削減している会社ではなく、莫大な経費がかかる中でやっていたので、囲い込みをせざるを得ないような、そのような店舗状況でした。その中で、15年勤務していたのですが、最後の6年間は責任者、店長として店舗の運営をしていました。

 

REDSの特徴、メリットとは?

 

REDSのキャッチな部分は、やはり仲介手数料の最大無料、割引というところですが、他社より優れているところは、やはりエージェントの質だと思います。全員、宅建士の資格を持っているということ、あとは手数料が安いのですが、手数料を満額頂く業者よりもレスポンスが良く、きちんとアフターフォローもしていますので、お客様に必ず満足してもらえる営業スタイル、それがREDSだと思います。

 

お客様へのメッセージ

 

自己紹介ページにも書いてありますが、本当に謙虚、笑顔、真心を忘れずに営業しています。そして、自画自賛になるかもしれませんが、REDSでは、一番一生懸命営業していると思います。その理由としては、お客様に喜んでいただきたいという点が一番大きいと思いますので、ぜひご指名をお待ちしております。よろしくお願いいたします。

 

テレビ東京の番組出演について

 

年末に、テレビ東京の『どっちの家を買いますか』に出演させていただきました。結果的には、私が紹介するマンションの方をご購入いただいたのですが、一番初めは、自由が丘で3千万円台の物件を探したいというご依頼だったので、私もそうですが、相手の不動産会社の方も、非常に物件紹介するのに困ったと思います。やはりどれかを妥協していただかなければいけないということで、私は、なるべく新しい物件、ただし、駅から多少離れてしまうというものを優先していました。どちらかといえば、物件の綺麗さや資産価値、そのあたりを重視していました。相対して、後で聞いた話ですが、相手の不動産会社の方は、駅に近くて予算オーバーのものを紹介し続けていたようです。予算をきちんと守り、なおかつ一番新しい物件を紹介したというところが、一番お客様に響いていて選ばれたということでしたので、ニーズをしっかり掴んで営業できたと思いました。私自身もテレビを見ていて、勉強になった次第です。