REDSエージェント、宅建士の酒井です。火災保険や自動車保険などのオプションとしてつけることができるものとして「個人賠償責任特約」というものがあることをご存じでしょうか。

 

単体の保険ではなく、本体の保険契約にオプションで付与するもののため、気づいたら契約していた、なんてことがよくあります。とはいうものの、この「個人賠償責任特約」ですが、ほぼ必須の特約といえるかと思います。

 

自転車事故

(写真はイメージです)

 

この特約について保険会社のウェブサイトには「日常生活において、お客さまご自身またはご家族の方が他人にケガを負わせたり、他人の物を壊したりした結果、法律上の損害賠償責任を負担することによって被る損害を補償します(自転車での事故を含む)」とあります。

 

文面だけではピンとこないかもしれませんが、かなり広範囲な内容をカバーすることが可能です。具体例を挙げてみましょう。

 

・自転車で人をはねてケガをさせてしまった
・子供がキャッチボールをしていて他人の家の窓ガラスを割ってしまった
・飼い犬が他人を噛んでケガをさせてしまった
・お店で未会計の商品を落として壊してしまった
・マンションで水漏れを起こして階下の部屋に被害を与えてしまった
・ゴルフのプレー中にボールが曲がって他者にぶつけてケガをさせてしまった

 

このように、絶対に発生しないとは言い切れないケースが想定されています。お子様がいらっしゃるご家庭の場合、自転車での事故は特に心配なところではないでしょうか。お子様の自転車の事故について、一つの事例をご紹介します。

 

賠償金額:9,521万円 (神戸地方裁判所、平成25年7月4日判決)
<事故の概要>
当時、11才の男児が夜、自転車で走行していたところ、歩道と車道の区別のない道路において歩行していた62才の女性と正面衝突。その女性は、頭の骨を折るなどし、意識が戻らない状態となったものです。

 

この判決が裁判所から出たとき、賠償額が高額だったこと以外に、子供が起こした事故について母親に支払い命令が出されたことが大きく報じられ話題になりました。子供が自転車事故を起こすと親が責任を負う場合があるということを示した判例でもあります。

 

日常生活の中には、いきなり1億円近くの賠償金が発生するリスクがあるということですね。しかしながら、普通の方にとって1億円を支払うというのは現実的ではありません。こんなときに助けてくれるのが「個人賠償責任特約」というわけです。保険会社や選択するプランにより上限額には差がありますが、「1億円」というものや「無制限」まであります。

 

どんなに気を付けて生活していても、トラブルを完全に避けることは不可能です。いざというときのために、ご自身の契約内容にこの特約があるかどうか、ご確認になり、今からでも遅くないので導入されることをおすすめします。

 

 

酒井智(REDSエージェント、080-3316-8123)
大阪生まれ、東京育ち。所有資格は宅地建物取引士。担当エリアは東京23区と埼玉、千葉。居住用、投資用ともに広く扱ってきた。不動産歴は17年、仲介、分譲、リフォームと全般を経験している。
プロフィールページはこちら