REDSリフォーム、建築士の沢井仁です。世の中にはたくさんのリフォーム業者があり、「ぼったくられるのではないか」「手抜き工事をされたら困る」などと不安を感じている方もいるでしょう。たしかに、そんな業者がいないとは言えません。また、使わない可能性が高いのにあまりに高品質な設備を買うよう誘導する業者もあります。

 

なので選択に当たっては注意が必要なのですが、ではその中から「よい業者」を見分けるにはどうしたらいいのでしょうか。

 

リフォーム

(写真はイメージです)

 

お客様がいちばん気にされるのはやはり価格でしょう。同じリフォームでも、その価格は会社によって差があります。主な理由は仕入れ値の差と利益の取り方の差の2つです。

 

大手の場合、工事件数が多く大量に仕入れるため仕入れ値は安くなります。半面、人件費や広告費などは高額になり、それが値段に反映されます。

 

一方で中小は逆で、人件費や広告費などには経費をかけていないことが多いのですが、仕入れ数が少ないため大手と比較すると割高になってしまう傾向があります。

 

価格も重要ですが、いいリフォーム業者を見分けるために、それ以外にもぜひ知っていただきたいことがあります。それは「リフォーム担当者の提案の幅」です。提案の幅とは、引き出しの多さとも言え、担当者の経験値とセンスが大きくものをいいます。こうした担当者なら、お客様の悩みや要望から考えをまとめて「お客様の希望をかなえるリフォームの方法はひとつだけではないですよ」と分かりやすく複数の選択肢を提示してくれるでしょう。

 

また、お客様が知らなかったことを、経験や専門知識によって提案することがあります。それは決して追加サービスの押し売りではなく、とても価値があることです。「近い将来、間違いなく下地も傷むので、今回のリフォーム時に下地も変えた方が後々お得です」などという提案は、おそらく専門知識のないお客様なら考えつかないことでしょう。しかも、こうした工事はまとめて同時にやる方が断然安くできます。

 

誠実なリフォーム業者は、過去の経験から予算内に収まる範囲で「満足度が高いリフォームができるか」「どうやったら少しでも無駄な費用がかからないリフォームの提案ができるか」などを真剣に考えてくれます。決して押し売りではないことが後になって分かるでしょう。

 

逆に、お客様にとってオーバースペックだと感じた場合、「もっと安いので十分ですよ」と提案することもあります。たとえばキッチン交換を希望しているお客様に対し、家族構成や使用頻度、使う機能などをを考慮して「これほど高いグレードでなくても問題なさそうです。グレードを少し落としても満足できるものがありますよ」と提案するでしょう。こんな提案は売り上げばかりに走る業者ではできませんね。

 

インターネット上には大手でも中小でもなく、無名なのに激安の業者もあります。こうした業者を使う場合、「工事中の追加費用が発生しないか」「後々のアフターサービスについてはどうなのか」だけは必ず確認しましょう。ネット上で口コミを調べてから発注しても遅くありません。

 

以上、よいリフォーム業者を選ぶにあたって知っておいていただきたいことを述べてきました。リフォームは価格や技術に加え、担当者がいかにお客様の事情を踏まえて誠実に提案してくれるかを考えて判断しないといけません。

 

 

沢井仁(REDSリフォーム、090-9157-7940)
所有資格は二級建築士、インテリアコーディネーター、福祉住環境コーディネーター2級、応急危険度判定士、不動産キャリアパーソン、既存住宅状況調査技術者、住宅省エネルギー技術者。大手私鉄系住宅会社などでリフォーム事業や建売・注文・デザイナーズ住宅の設計に従事してきた。