REDSエージェント、宅建士の手塚です。

 

日本中が、そして世界中が新型コロナウイルスと戦っているところですが、REDSは創業以来、不動産業界の悪しき商習慣である「囲い込み」と戦ってきました。戦いは今も続いています。 

 

仮面をつけたビジネスマン

(写真はイメージです)

 

詳しくはこちらのコラムをご覧いただきたいのですが、要するに「両手仲介」をしたいから 不動産業者間の情報サイト「レインズ』に登録義務があるのに掲載せずに、折り込み広告や捨て看板、不動産ポータルサイトには掲載するわけです。他の仲介業者を通じての購入申し込みを排除し、売主様を欺き続ける違法なやり方です。

 

少し前は、レインズには掲載しているのに「その物件は購入のお話が入っています」「商談中です」などのウソが定番でした。それが今回の新型コロナウイルスの件を奇貨として、新しい囲い込みの言葉を使うようになっています。

 

「売主様は医療従事者の方なので、今はとても忙しくて連絡が取れません」
「売主様はコロナの影響で不特定多数の方を家に入れたくないとおっしゃっています」
「売主様はお勤めの会社から 不要不急の外出や家に他人を招くことが禁止されました」

 

直近でこの3つの言葉を私は確認しました。そこでREDSエージェントとしてではなく、私が個人としてフリーアドレスから「コロナの影響がありますが、内覧はできますでしょうか?」と具体的な日時を指定しながら問い合わせたところ、あっさり「内覧できます」と返信がありました。「なんという手のひら返しか」と思われるかもしれませんが、もう驚きません。辟易はしていますが、これが囲い込みの実態ですから。

 

それにしてもオレオレ詐欺じゃありませんが、よくもまあ最新の社会情勢を踏まえた言葉がポンポン出てくるもんだと感心させられてしまいます。最近はテレワークを行っている業者も多いですが、こちらが業者と分かった途端に電話に出なくなるのも顕著になってきました。

 

「売主様はあなたやあなたの会社に期待して売却をお願いしてます。あなたが両手取引をしたいのは分かりますが背信行為です!」と小一時間、問い詰めたくなります。

 

いまだにダークなイメージが付きまとうこの業界ですが、コロナを機に、少しでも明るくクリーンな仕事をしていこうじゃありませんか。悲観的な記事も多いですが、もっとプラスに考えて、みんなでこの困難を乗り切りましょう。

 

 

手塚竜也(REDSエージェント、090-3317-1600、メール:tatsuya@red-sys.jp)
神奈川県出身。所有資格は宅地建物取引士、宅建マイスター、損害保険一般資格、生命保険一般資格。担当エリアは首都圏一円。居住用、投資用どちらも得意。
紹介ページはこちら
インタビューはこちら

 

■関連するYouTube