REDSエージェント、宅建士の水谷です。住まい探しの際、みなさまそれぞれ絶対に譲れないポイントをお持ちだと思います。築年数だったり、立地だったり、日当たりだったり。これらに並んで重視する人が多いのが、中古マンションの耐震性でしょう。

 

ひらめく女性

(写真はイメージです)

 

あえて旧耐震を選ぶのもアリ

 

ご存知のとおり、建築基準法の改正で、建築確認が昭和56(1981)年6月以前の建築物は旧耐震、それ以降は新耐震、と適用基準が変わりました。震度6強~7程度の揺れでも倒壊しない新耐震構造基準に対し、旧耐震は震度5強程度の揺れでも建物が倒壊しないとされています。

 

旧耐震基準は震度6以上の揺れを想定していないわけですから、旧耐震の物件に不安を感じてしまうのは普通のことだと思います。安心感を優先するなら新耐震基準のマンションを購入するべきですし、旧耐震のマンションはそもそも築40年前後と古いので、住宅ローン控除や、すまい給付金の制度が利用できないなどのデメリットがあります。

 

一方、旧耐震のマンションは価格が低かったり、立地がよかったりといったメリットもあります。なので、あえて旧耐震マンションを検討するという選択肢もアリかと思われます。ただ、その場合いくつかポイントがあります。

 

地盤、構造、形状がポイント

 

地盤の強い場所か

 

地盤の強い場所であれば揺れは少なくなります。これは地盤マップ(こちらのサイト『地盤サポートマップ』では住所を記入すればマップで示され、レポートをPDFで無料ダウンロードできます。スマートフォンのアプリもあります)や液状化マップ(各自治体の公式サイトに掲載しているところがほとんどで、未掲載の場合も問い合わせれば教えてくれます)などで確認することができます。

 

壁式構造で造られているか

 

築年数の古いマンションで多く採用されている構造で、重心が低く、揺れに対して壁で建物を支える強固な造りになっているため、耐震強度は高いとされています。

 

建物の形状

 

1階を柱だけの空間にして2階以上の建物を支えるピロティ構造は地震の揺れに弱いとされています。一方、平面、立面がそろっている正方形の低層マンションは地震に強い形状とされています。

 

旧耐震を頭から除外するのはもったいない

 

これは気持ちの問題かもしれませんが、旧耐震マンションにも都市銀行をはじめ金融機関は最長35年間抵当権を設定して何千万円もの住宅ローンを融資しています。不安かもしれませんが、これまでの地震や災害に建物は耐え抜いてきた実績があるわけですから。

 

そう考えると、物件を探す際に旧耐震というだけで候補から外してしまうのは、実はもったいないかもしれません。視野を広げることで、掘出物に出合えるもしれません。

 

 

水谷岳洋(REDSエージェント、080-7564-4400、t.mizutani@red-sys.jp)
東京都出身。所有資格は宅地建物取引士、2級ファイナンシャルプランニング技能士など。城東・城北エリアの戸建てやリノベーションマンションを得意とする。
プロフィールはこちら
インタビュー記事はこちら