家売りバトルに出演

(番組収録後のレッズ 関係者 テレビ東京六本木スタジオ玄関で撮影)

 

敏腕営業マンがガチンコ勝負する緊張の家売りバトル

2019年12月17日(火)、バラエティ番組「どっちの家を買いますか?~最強不動産屋のガチンコ家売りバトル~」(テレビ東京)が放送されました。ご覧になった方もおられるのではないでしょうか。

 

村上信五さん(関ジャニ∞)がMCを務め、三田寛子さんとつるの剛士さんをゲストに迎えた同番組では、家を買いたいご家族に、2人の敏腕営業マンが一押し物件をプレゼンします。約1ヵ月で物件を探し、収録当日に家を買うのか買わないのか、どちらの営業マンの物件を選ぶのかを決断するという、なんとも緊張感が漂うバラエティです。

 

この番組で、不動産流通システム(REDS、以下「レッズ」)は1組目の板倉様ご夫妻を担当させていただきました。

 

ご夫婦それぞれにご希望の条件が

 

東京で働くご主人と、カフェ開店という夢のため長野に移住した奥様。お二人は2年ほど離れて暮らしてきましたが、不規則な生活を送るご主人の健康を気遣い、奥様は東京に戻ることを決意されます。一方、深夜帰りも多いご主人は通勤にも限界を感じており、これを機に、会社に近いエリアで物件を購入しようと決断されました。

 

お二人のご希望条件は以下の通りです。
・自由が丘周辺
・予算:3,000~4,000万円
・間取り:1LDK(ご主人)・2DK(奥様)
・2階以上
・駐車場完備
・ペット可

 

この他、ご主人は仕事柄、深夜に部屋で音楽をかけることもあるため、寝室と作業部屋の間には防音できる仕切りが欲しいとのご希望。カフェを営む奥様はキッチンへのこだわりが強く、調理器具や業務サイズの調味料を置く広いスペース、ガスキッチンが欲しいとのこと。さらに、布団を3~4枚一度に干すのに、陽当たりが良く広いベランダも必要です。

 

勝負の決め手は「資産価値」

 

レッズを代表して登場したのは村上太朗。宅建マイスターの資格を持ち、少数精鋭のエージェントの中でも一目置かれる実力を誇ります。不動産業界17年のキャリアの中で、500件を超える売買を成立させてきました。

 

そんな村上が板倉様と初めてお会いし、ご希望を聞く中で感じ取ったキーワードは、「資産価値」です。

 

以前から物件探しをされていた板倉様は、すでに1つの物件に目星を付けていました。ところがお話を伺う中で、その物件が「借地権付き」であることが分かります。そして借地権付きの物件は将来的に売却が難しいことなどをご説明していく過程で、板倉様は「資産価値」の優先度が高いことに気付いたといいます。

 

マンションの資産価値を高める要因には、上階の騒音がないこと(最上階)や、陽当たりの良さ(東南・南西向きの角部屋)、便利な「駅近」などがありますが、中でも、物件が建っている土地の「所有権」は絶対条件です。

 

所有権付きの土地は、自宅を建てたり、土地を他者に貸したり、売買したりでき、相続や贈与も自由にできます。

 

一方「借地権」とは、家を建てる目的で土地を借りる権利です。勝手に売買はできませんし、地主に毎月、地代やその他の費用を支払わなければいけません。借地権付きの物件は建物の販売価格が割安であるなどメリットもありますが、将来性も合わせて総合的に判断することが大切です。

 

購入費用を左右する「築25年」

 

購入物件の選定には、築年数も大切なポイントです。資産価値を考えれば新しいに越したことはありませんが、築年数の浅さと価格は比例します。

 

板倉様は、今回の企画を通して多くの物件を見る中で、予算内に収めるには築年数をある程度妥協する必要があると感じられたそうです。

 

古い物件ほど価格を抑えられますが、設備などの老朽化が気になるでしょう。かといって、少しでも新しい物件をと探し続けていると、きりがありません。どこかで折り合いをつける必要があります。そこで1つの基準になるのが「築25年以内」かどうかです。

 

築25年以下の物件は、様々な優遇措置の対象になるため購入資金の負担を減らせます。具体的には次の通りです。

 

・登録免許税の軽減税率
「登録免許税」とは、土地や建物の登記登録の時に支払う税金です。金額は、土地や建物の評価額に税率をかけて算出します。中古建物の税率は通常2.0%ですが、築25年以内のマンションは0.3%に軽減されます。

 

・住宅ローン減税(住宅ローン控除)
築25年以内の中古耐火物件について、年末の住宅ローン残高の1%が10年間、所得税から控除される制度です。所得税から控除しきれない場合は、住民税からも一部控除されます。

 

・住宅取得資金贈与の特例
親族から住宅購入資金の援助を受けると通常は贈与税がかかりますが、築25年以内のマンションで、消費税10%の物件ならば、最大3,000万円分が非課税になります(2019年4月1日~2020年3月31日までの契約期間)。

 

・不動産取得税の住宅取得特例
「不動産取得税」は、土地や家を購入した時にかかる税金です。固定資産税評価額の3%が税額になります(2021年3月31日まで)が、これも中古物件の築年数に応じて控除されます。控除額は築年数が浅いほど大きくなります。

 

こうした優遇措置により、築年数の違いによって購入資金に数百万円の差が出る可能性もあるのです。

 

間取りや設備も大切ですが、物件購入後の生活を圧迫するような購入費がかかってしまっては元も子もありません。物件探しでは築年数による資金面の影響も考慮しましょう。

 

さらにレッズでは仲介手数料が無料に

 

マンション購入では、建物そのもの以外の諸費用も意外と高額になるものです。前述の税金などもそうですが、不動産会社に支払う仲介手数料もばかになりません。

 

仲介手数料は「物件価格の3%+6万円(税別)」が上限と定められていますが、不動産会社にとって大切な収入源であり、満額請求する会社が多いのが現実です。

 

番組の中では触れられていませんでしたが、実はレッズをご利用いただければ、この仲介手数料が割引、最大無料になります。

 

今回の板倉様の物件もいわゆる「業者売主」(個人ではなく、不動産会社が売主となる)物件のため、仲介手数料が無料となりました。

 

もし他社で法定上限の手数料で請求される場合は、仲介手数料は約130万円にもなります。ご負担を減らすお手伝いができたかと思います。

 

板倉様は、いくつかの不動産会社を巡る中で「仲介手数料がかかるのは仕方ない」と諦めておられたそうです。

 

「でも、かからないなら、それに越したことはないし、ありがたかったというのが正直な気持ちです。仲介手数料が無料なのは、物件を決める上でも大きな決め手になりました」と、笑顔で教えてくださいました。

 

お客さまの潜在的なニーズをキャッチし、見事勝利!

 

今回の番組企画では、お客様に最適な物件をご紹介すること自体は通常業務と変わらないものの、「テレビ番組の中で、対戦相手がいる」という状況は独特の緊張感がありました。

 

今回は板倉様とのコミュニケーションの中で「資産価値」というご要望を引き出し、「ライフスタイル」にもマッチした物件をご紹介できました。

 

レッズには村上以外にも経験豊富なベテランエージェントが多数おり、お客様に最適な物件探しのお手伝いをいたします。大切な住まい探しは、ぜひレッズにご相談ください。

 

(「不動産のリアル」編集部)

 

■関連する記事

「どっちの家を買いますか?」レッズ村上の物件が選ばれた理由

「どっちの家を買いますか?」-番組では語られなかったレッズ・ベテランエージェントの挑戦

「どっちの家を買いますか?」-レッズ・「静観」の村上にインタビュー

「どっちの家を買いますか?」キレイで安いマンションにはワケがある