マイホームは賃貸がいいのか、購入するのがいいのか。これは永遠のテーマで答えは出ません。しかし、私は完全に「購入派」。住宅ローンの仕組みなどを知り尽くしている立場からして、むしろ「賃貸派を救いたい」との気持ちが強いです。分かりやすく解説を試みたいと思います。

 

賃貸と購入

(写真はイメージです)

 

マイホームの購入で住宅ローンを利用する場合、気になるのは月々の支払いです。賃貸の場合は最初に契約した金額から増えることも減ることもないのですが、住宅ローンは借入額と返済期間、金利によって大きく変わってきます。

 

たとえば、現在の家賃が12万円とします。住宅ローンの返済額を月々の家賃と同じ12万円にすると、どのくらいのグレードの物件に住めるのでしょうか。

 

最近は住宅ローンの低金利が続いており、変動金利であれば金利優遇が適用され0.5%の金利でお借入れが可能です。金利0.5%のときの月々返済額からの借入額の一覧表がこちらです。

 

賃貸派-表

 

これを見ると、月の返済額が12万円で借入期間が35年だと、実に4,620万円ものお借入れが可能です。こちらは月々払いのみの試算なので、ボーナス払いを併用すれば月々の返済額はさらに圧縮されます。

 

家賃が12万円の家賃をお支払いの方は、4,620万円の住宅ローンを組んでも、今までのキャッシュフローと同じ生活水準が保てます。

 

家賃12万円で借りることができる家と4,620万円で買える家を比べてみましょう。

 

単純に坪単価で面積を比較してみると、家賃12万円の坪単価が1万円としたら12坪(約39.6㎡)の広さ、4,620万円で坪単価が200万円としたら23.1坪(約76.3㎡)の広さになります。

 

面積だけで考えても、倍近い広さの家に住むことができる計算になります。もちろん広さだけでなく、分譲マンションと賃貸マンションを比べたらキッチンや浴室などの設備のグレードも違いますよね。

 

住まいにかかる月々の負担額は変わらないのに、賃貸と分譲では広さもグレードも満足度も全く違うものになります。

 

また、購入を5年先延ばしにし、借入期間が5年短くなってしまえば、35年で4,620万円が、30年だと4,010万円になってしまいます。同じ坪単価200万円の物件を購入する場合は20.05坪(約66.2㎡)にサイズダウンするか、あるいは坪単価を173万円の物件にするか、計画を変更しなくてはならなくなります。

 

マイホームは一刻も早く購入したほうがめちゃめちゃお得なことがご理解いただけたでしょうか。あなたの脱賃貸を応援します。

 

 

菅原秀泰(REDSエージェント宅建士、080-7564-4397、h.sugahara@red-sys.jp)
東京都出身。担当エリアは都内をはじめ首都圏一円、得意物件は土地、戸建、マンション、投資物件。薬学部出身で、製薬メーカーやドラッグストアなど異色の経歴を持ち、35歳で不動産業界に飛び込んだ。
プロフィールページはこちら