REDSエージェント、宅建士の手塚です。最近、不動産の売却物件には「リノベーション物件」とうたっているものがあふれていますが、それらを見ているといちいちこうツッコみたくなります。「それはリノベーションではなく、リフォームだろ!」と。

 

比較する女性

(写真はイメージです)

 

それだけリノベーションという言葉の印象が消費者にとってはよくなっているということでしょうか。しかし、リフォームとリノベーションには明確な差異があります。なので、安易な「リノベーション推し」を危惧するわけです。

 

言葉の定義をウィキペディアより抜粋してみましょう。

 

《リノベーションとリフォームは混同されやすい言葉である。どちらも住宅に手を加える点では同じだが、厳密にはその目的の部分で次のような違いがある。リフォームは「老朽化した建物を建築当初の性能に戻すこと」を指し、元に戻すための修復の意味合いが強い。古くなったキッチンを新しいものに変えることや、汚れた壁紙を張り替えるなどの小規模な工事は「リフォーム」に分類される。

 

一方リノベーションは、修復だけでなく「用途や機能を変更して性能を向上させたり価値を高めたりする」行為も含むため、より良く作り替えるという目的が含まれている。工事の規模も、間取りの変更を伴うような大規模なものを指すことが多い。》

 

要するに、リフォームとリノベーションの違いはこうなります。

 

・表面だけ直す工事がリフォーム
・古くて現在のライフスタイルに合わない間取りなどを変更し一新する工事がリノベーション

 

どちらにしろ工事が入り、見た目もキレイになり、住みやすくなることは共通しています。

 

ところで、リノベーション工事をご自身で考えている方にぜひ気をつけていただきたいことがあります。

 

不動産を購入する方で、売ることまで考えている人はほとんどいないと思いますが、リノベーション工事を考えている方にうかがいたいのは、そのリノベーションは他の方が住んでも住みやすいといえますか?ということです。以下のようになったリノベーション物件にあなたは住んでみたいでしょうか?

 

・2LDKのお部屋が1LDKに、または大きいワンルーム(スタジオタイプ)になっている
・お部屋の真ん中にお風呂を配置して全面ガラス張りになっている
・天井を高くしたいから、コンクリートむき出しで、裸の配線もウジャウジャ出ている

 

お持ちの不動産に市場価値を求めないなら、お好きなように手を入れることを否定するわけではありません。ただ、資産として不動産を見る場合、いざというときに売ることができなければ、不動産が「負動産」になりかねません。

 

結論ですが、あまり凝りすぎたリノベーションは、同じ感性の方しか買わないでしょう。高く売却すること、早く売却することを考えたら、少ないお客様を探すより大多数の一般人が求めるリノベーションにしておくことも、大事ではないでしょうか。自分の趣味や個性を反映させることばかりではなく、そこそこに抑えるほうが将来あなたの危機を救ってくれるかもしれません。

 

 

手塚竜也(REDSエージェント、電話:090-3317-1600、メール:tatsuya@red-sys.jp)
神奈川県出身。所有資格は宅地建物取引士、宅建マイスター、損害保険一般資格、生命保険一般資格。担当エリアは首都圏一円。居住用、投資用どちらも得意。
紹介ページはこちら
インタビューはこちら