REDSエージェントの菅野です。今回は、マンションを買うときの永遠のテーマである「買ったあと自分でリフォームする」のと「リフォームされた物件を買う」のでは、どっちがよいのかという課題について書きます。

 

それぞれに、メリットとデメリットをコンパクトにまとめます。そして、その結論とは?

 

リフォームする女性

(写真はイメージです)

 

自分でリフォームする

 

メリット

 

・自由度が高く、希望を最大限に叶えられる。奇抜な間取りだってOK!
・自分の好みの設備を安く仕入れて、安くリフォームできる!

 

デメリット

 

・最終的な総額がいくらになるか、見えにくい。理想を追求すれば予算は青天井。
・壊してみたら、マンションの構造的な制約で希望のリフォームができないことも。水回りの設置箇所や、管理規約などで設備について指定があるときは、好きなものが使えない。
・リフォーム費用はマンション購入と別立てになるので、別途、用意が必要。リフォームローンは金利が高い。
・買ってからリフォームするので、住むまでに時間がかかり、それまでは賃貸に住むなどしなければならない。

 

リフォーム済み物件を買う

 

メリット

 

・新築同然のピカピカ物件にすぐ住める。
・明朗会計で、リフォーム費用を用意しなくてもOK。全額住宅ローンで買える。
・不動産業者が売主だと、売主の瑕疵担保責任が2年あり、すまい給付金制度や住宅ローン減税の適用なども。

 

デメリット

 

・リフォーム内容が平凡か、変に凝っている場合も。希望どおりのリフォーム物件に出合えるかは運しだい?

 

Rマンションという選択肢

 

すぐに住みたい方には、買ってからリフォームする選択肢は最初からないのかもしれませんが、やはり、自分の趣味や生き方を反映させたリフォームを施したお部屋に住むのは気持ちのよいものです。一戸建てを新築するのに近い感動がそこにはあります。

 

ただ、それほどこだわりがない方には、なるべく希望に近いリフォーム済みのお部屋を買うという方法が一番かもしれません。自分でリフォームするのは、手間がかかりかなり面倒ではあります。

 

REDSではこのリフォーム済みマンションである「Rマンション」を手がけており、ご好評をいただいております(紹介ページはこちら)。新築と中古の両方のよいところを取り入れた「Rマンション」は、既存マンションのキッチンやバス、トイレなどの水回りを中心とする基本設備をリバース(再生)して、納得感のある価格で販売するマンションのこと。

 

不動産コンサルタントの牧野知弘氏からも「中古マンションにつきまとう懸念を払拭すべく、プロが監修し水回りを最新設備にしたRマンションは、新築は高すぎるし中古はちょっと心配という方に、お薦めの選択肢だと思います。水回りのリフォームで新築のような快適さを追求し、価格は中古なみに抑えたRマンションをお薦めします」とのコメントもいただいています。ぜひ、ご検討ください。

 

 

菅野 洋充(REDSエージェント、080-6789-2788、hiromitsu@red-sys.jp)
北海道出身。所有資格は宅地建物取引士、宅建マイスター、2級ファイナンシャル・プランニング技能士(個人資産相談業務)、ホームステージャー2級、競売不動産取扱主任者、ITパスポートなど。担当エリアは東京都内一円、埼玉県南部、南東部、神奈川県川崎市、横浜市。
プロフィールページはこちら
インタビュー記事はこちら

 

●ご存じですか? 不動産売買の仲介手数料はすべて割引!さらには無料になることを

東証一部上場企業グループの不動産流通システム(REDS)は、不動産売買の仲介手数料をすべて割引、さらには最大無料としつつも、お客様からの満足度の高いサービスを実現しています。

広告宣伝費などのコストを徹底的にカットしつつ、資質と経験を兼ね備えたベテランスタッフの運営でサービスの質は高め、お客様に利益を還元しています。

業界の常識を覆すREDSの新たなビジネスモデルは、「ワールドビジネスサテライト」「とくダネ!」などのテレビ番組をはじめ、各メディアでも紹介されています。

平日・土日祝日も営業中(10:00-19:00)です。お気軽にお問い合わせください。フリーコールはこちら0800-100-6633


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る