不動産・住宅情報サイト「LIFULL HOME’S」を運用するLIFULLは1月24日、複数情報を集積して一括閲覧ができるアグリゲーションサイトを運営するスペインのMitula Groupの完全子会社化を完了するとともに、14年に子会社会済みのTrovit Searchと統合して新会社「LIFULL CONNECT」(ライフルコネクト)を設立すると発表した。

 

新会社は、向こう半年をめどに設立する予定。住宅・不動産を中心にサイトのグローバル化を加速し、ボーダレスなプラットフォームを目指す。

 

同社の主力事業は住宅・不動産のポータルサイト運営。生活の多様化とともに対応していく。このほか、介護施設を探すサイトやインテリア、引っ越しなども展開。海外にも開発拠点を設けている。

 

TrovitとMitulaを合わせた規模は、ユニークユーザー数が1.7億人を超えて展開国は63カ国、情報量は5億件以上に上る。海外事業の売り上げは、足もとで1割ほどだが、Mitula加入による新会社設立で2割になる。井上高志社長は、「目標値を掲げているわけではないが、売り上げベースでの海外事業比率を3割、5割と拡大できればいい。日本語で世界200カ国の住まいが簡単に探せるようにしたい」と意気込みを語った。統合後の新会社では、個々のサービスを残して相乗効果を得ていく。

 

新会社のCEOにMitulaのゴンザロ・デル・ポゾ氏が、COOにTrovitのモウリシオ・シルバ氏がそれぞれ就任して設立に向けて準備を進める。

 

同日、新会社の設立会見に伴い同社グローバル本部長でサッカー日本代表の長友佑都選手のメッセージに続き、同選手の妻でタレントの平愛利さんが駆け付けた。イタリア・トルコなどの海外生活を踏まえながら、「外国で家探しをする際に日本語で検索できるのはうれしい。海外での住まい探しでは浴槽があるかを重視している。イタリアやトルコでは天井が高く開放的な住まいだった」などと話した。

 

公開日: 2019年1月24日

 

出典:週刊住宅タイムズ

 

●ご存じですか? 不動産売買の仲介手数料は半額以下になることを

東証一部上場企業グループの不動産流通システム(REDS)は、不動産売買の仲介手数料を半額から最大無料としつつも、お客様からの満足度の高いサービスを実現しています。

広告宣伝費などのコストを徹底的にカットしつつ、資質と経験を兼ね備えたベテランスタッフの運営でサービスの質は高め、お客様に利益を還元しています。

業界の常識を覆すREDSの新たなビジネスモデルは、「ワールドビジネスサテライト」「とくダネ!」などのテレビ番組をはじめ、各メディアでも紹介されています。    平日・土日祝日も営業中(10:00-19:00)です。お気軽にお問い合わせください。フリーコールはこちら0800-100-6633


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る