学生情報センター(京都市下京区、吉浦勝博社長)は1月10日、買い取りのプラットフォームを運営するウリドキネット (東京都品川区)の家財売却サービス「URIDOKI買取Day」をナジックが管理運営する学生マンション入居者に向けに提供を始めた。卒業後の学生からの家財処分の問題に対応する。

 

学生は、「ウリドキ」の専用ページにて売りたい商品を登録し、ウリドキネットが提携するリユース会社が登録商品を事前査定し、学生が査定価格での売却を希望すれば、指定された日時にリユース会社に商品を引き取ってもらい金額を受け取る。限定したマンションで実施し、利用状況やニーズを検証しながら他の管理マンションに展開する予定。

 

公開日: 2019年1月10日

 

出典:週刊住宅タイムズ

 

●ご存じですか? 不動産売買の仲介手数料は半額以下になることを

東証一部上場企業グループの不動産流通システム(REDS)は、不動産売買の仲介手数料を半額から最大無料としつつも、お客様からの満足度の高いサービスを実現しています。

広告宣伝費などのコストを徹底的にカットしつつ、資質と経験を兼ね備えたベテランスタッフの運営でサービスの質は高め、お客様に利益を還元しています。

業界の常識を覆すREDSの新たなビジネスモデルは、「ワールドビジネスサテライト」「とくダネ!」などのテレビ番組をはじめ、各メディアでも紹介されています。    平日・土日祝日も営業中(10:00-19:00)です。お気軽にお問い合わせください。フリーコールはこちら0800-100-6633


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る