レオパレス21とグループのウイングメイト(東京都中野区)は12月28日、民泊物件の運用を開始する。福岡市と愛知県豊田市の自社物件3棟で運営。同社が保有物件を民泊専用施設として自社運営するのは初めて。民泊は最大営業日数が180日のため、マンスリー契約などの短期契約を活用しながら展開する予定。19年11月までに15棟・130戸(福岡、神奈川、愛知、東京、大阪、奈良)での運営開始を目指す。宿泊の申し込みは、Airbnbや楽天LIFULL STAYなどの民泊紹介サイトを通じて受け付ける。

 

初弾は、「レオパレス博多」(福岡市博多区)、「レオパレスRX堤」(福岡市城南区)、「レオパレスRX栄町」(愛知県豊田市)の3つのマンションタイプの物件で開始する。それぞれ10戸も、9戸、2戸で運用をスタートする。

 

客室にIoTを導入し、タブレット端末で本人確認できる。電子レンジや冷蔵庫、テレビ、エアコン、ベッドといった家具家電のほか、パスコードによる開錠が可能なスマートロック、テレビ電話による滞在中の緊急依頼や問い合せに24時間対応する。日本語、英語、中国語、韓国語、ベトナム語の利用マニュアルを設置してインバウンド需要に応える。AIを使い適正な宿泊料の設定を算出する。

 

公開日: 2018年12月21日

 

出典:週刊住宅タイムズ

 

●ご存じですか? 不動産売買の仲介手数料は半額以下になることを

東証一部上場企業グループの不動産流通システム(REDS)は、不動産売買の仲介手数料を半額から最大無料としつつも、お客様からの満足度の高いサービスを実現しています。

広告宣伝費などのコストを徹底的にカットしつつ、資質と経験を兼ね備えたベテランスタッフの運営でサービスの質は高め、お客様に利益を還元しています。

業界の常識を覆すREDSの新たなビジネスモデルは、「ワールドビジネスサテライト」「とくダネ!」などのテレビ番組をはじめ、各メディアでも紹介されています。    平日・土日祝日も営業中(10:00-19:00)です。お気軽にお問い合わせください。フリーコールはこちら0800-100-6633


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る