三好不動産(福岡市中央区、三好修社長)は、ネコを飼う人向け専用の賃貸マンションを来年春に竣工する。飼育に必要な設備を備えた部屋のほか、共用部にもネコと暮らすために必要な施しをする。一棟丸ごと全20室がネコ共生仕様とする。

 

同プロジェクトの背景について、同社では、「ペットのネコブームが続く半面、捨てネコも後を絶たず、特に福岡県は、ネコの殺処分頭数が全国的で上位にランクされている」といい、そうした現状を踏まえてネコと暮らせるマンションを増やしていくことで捨てネコの数を減らしたいと自社開発する。

 

規模は鉄筋コンクリート造6階建て延べ705平方㍍で、部屋のタイプは1Kとなる。専有部には、スモールキャットドアや天吊り・壁面のキャップステップ、キャットウオーク、見守りカメラ、トイレが置ける洗面台、24時間換気システムなどを備える。

 

共用部分には、グルーミングスペース、ペットボタン付エレベーター、保護ネコ情報の掲示板、ペット用ごみ置き場などを設置する。

 

東京には、ネコと暮らせるマンションやネコのホテルが併設された物件、共同でネコを飼うシェアハウスなどがある。福岡でも需要は高いとみる。今回のプロジェクトは、作詞家で歌手・タレントの依布サラサ氏がプロデュースした。

 

今後は、物件のオーナーに対して、ねこ専用のマンションの建設やリノベーション工事も提案していくとともに、空室対策として展開する。

 

公開日: 2018年12月6日

 

出典:週刊住宅タイムズ

 

●ご存じですか? 不動産売買の仲介手数料は半額以下になることを

東証一部上場企業グループの不動産流通システム(REDS)は、不動産売買の仲介手数料を半額から最大無料としつつも、お客様からの満足度の高いサービスを実現しています。

広告宣伝費などのコストを徹底的にカットしつつ、資質と経験を兼ね備えたベテランスタッフの運営でサービスの質は高め、お客様に利益を還元しています。

業界の常識を覆すREDSの新たなビジネスモデルは、「ワールドビジネスサテライト」「とくダネ!」などのテレビ番組をはじめ、各メディアでも紹介されています。    平日・土日祝日も営業中(10:00-19:00)です。お気軽にお問い合わせください。フリーコールはこちら0800-100-6633


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る