インテリックスは12月6日、京阪電鉄不動産と京町家の再生で業務提携すると発表した。初弾事業は、プロジェクト名「継(つぐ)」として三条駅から徒歩圏にある建物面積98㎡の京町家をリノベーションして宿泊施設とする。2019年5月に開業する予定。

 

インテリックスは、1950年以前の伝統的木軸工法によって建てられた京都市内の木造建築物を手掛け、不動産特定共同事業法を用いて投資商品「アセットシェアリング」として組成している。すでに2万戸超のリノベ実績と小口化事業の実績がある。

 

京阪電鉄不動産は、地域社会への貢献の一環として提携した。初弾を皮切りに年間10棟の京町家の再生を実施する予定。

 

公開日: 2018年12月6日

 

出典:週刊住宅タイムズ

 

●ご存じですか? 不動産売買の仲介手数料は半額以下になることを

東証一部上場企業グループの不動産流通システム(REDS)は、不動産売買の仲介手数料を半額から最大無料としつつも、お客様からの満足度の高いサービスを実現しています。

広告宣伝費などのコストを徹底的にカットしつつ、資質と経験を兼ね備えたベテランスタッフの運営でサービスの質は高め、お客様に利益を還元しています。

業界の常識を覆すREDSの新たなビジネスモデルは、「ワールドビジネスサテライト」「とくダネ!」などのテレビ番組をはじめ、各メディアでも紹介されています。    平日・土日祝日も営業中(10:00-19:00)です。お気軽にお問い合わせください。フリーコールはこちら0800-100-6633


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る