不動産サービス大手のJLL(東京都千代田区、河西利信社長)は10月22日、2018年1~9月期の日本の商業用不動産投資額を発表し、速報ベースで前年同期比4%増の3兆930億円(ドル建て同7%増の281億ドル)となった。7~9月期では10%増の 8420 億円(ドル建て同 8%増の74億ドル)だった。

 

同社では、「17年第4四半期からの不動産取引の拡大傾向が続いている。投資物件に対する需要は依然として高い。ただ、大量供給の懸念をよそに予想を超えてオフィス賃貸市場が好調な東京都心では、再び売り物件が少なく取引額は減少してきた。一方、大阪圏は、限定的な新規供給により賃料上昇が著しい。不動産価格が上昇してきたことで、地方都市でも取引が見られる」としている。

 

商業用不動産の投資上は今後も良好な状態が続き、18年通年の取引額は前年比5~10%の増加となる見通しとした。

 

公開日: 2018年10月22日

 

出典:週刊住宅タイムズ

 

●ご存じですか? 不動産売買の仲介手数料はすべて割引!さらには無料になることを

東証一部上場企業グループの不動産流通システム(REDS)は、不動産売買の仲介手数料をすべて割引、さらには最大無料としつつも、お客様からの満足度の高いサービスを実現しています。 ・広告宣伝費などのコストを徹底的にカットしつつ、資質と経験を兼ね備えたベテランスタッフの運営でサービスの質は高め、お客様に利益を還元しています。 ・業界の常識を覆すREDSの新たなビジネスモデルは、「ワールドビジネスサテライト」「とくダネ!」などのテレビ番組をはじめ、各メディアでも紹介されています。    平日・土日祝日も営業中(10:00-19:00)です。お気軽にお問い合わせください。フリーコールはこちら0800-100-6633


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る