野村不動産アーバンネットは10月1日時点の「住宅地価格動向」の調査をまとめた。調査地点数は住宅地168地点。7~9月期を見ると、首都圏エリア平均では 0.2%(前回7月1日 0.1%)の変動率となった。

 

「値上がり」を示した地点が 12.5%(同8.3%)、「横ばい」を示した地点が 85.1%(同 88.7%)、「値下がり」を示した地点が 2.4%(同3.0%)となり、値上がり地点が増加し、横ばいと値下りが減った。

 

年間ベースの「住宅地価格」では、首都圏エリア平均0.5%(前回0.5%)の変動率だった。「値上がり」を示した地点が25.6%(同25.0%)、「横ばい」を示した地点が64.3%(同61.9%)、「値下がり」を示した地点が10.1%(同13.1%)だった。値上がりと横ばいが増えて、値下がりが減少した。

 

公開日: 2018年10月10日

 

出典:週刊住宅タイムズ

 

住んで快適な新築?家計に優しい中古?

新築と中古の両方のよいところを取り入れた第三の選択肢。それがRマンション

「Rマンション」とは、東証一部上場企業のヒノキヤグループの不動産流通システム(REDS)が、既存マンションのキッチンやバス、トイレなどの水回りを中心とする基本設備を再生して、納得感のある価格で販売するマンションです。

快適性と安心感は新築なみ!月々のお支払いは中古なみ! Rマンションはそんな新しい選択肢です。

最新キッチンにピカピカのお風呂・保証も充実。新築の快適性を中古価格で提供!

Rマンション物件を見る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る