不動産流通推進センター(坂本久理事長)は10月1日、第3回宅建マイスター認定試験(8月29日実施)の合格者を発表した。受験者166人のうち64人が合格した。これに伴い宅建マイスター認定者は521人となった。宅建マイスターホームページ (https://www.retpc.jp/meister/)に受験番号と解答解説を掲載している。試験時間は90分間で空欄記述問題2問、記述問題は1つの設定事例に関連した5つの設問に答える形式で実施。合格者をリーダー的な宅地建物取引士「上級宅建士」として宅建マイスターに認定する。10月中旬に宅建マイスター認定証書と宅建マイスターメンバーズクラブカードを郵送する。

 

公開日: 2018年10月2日

 

出典:週刊住宅タイムズ

 

●ご存じですか? 不動産売買の仲介手数料は半額以下になることを

東証一部上場企業グループの不動産流通システム(REDS)は、不動産売買の仲介手数料を半額から最大無料としつつも、お客様からの満足度の高いサービスを実現しています。

広告宣伝費などのコストを徹底的にカットしつつ、資質と経験を兼ね備えたベテランスタッフの運営でサービスの質は高め、お客様に利益を還元しています。

業界の常識を覆すREDSの新たなビジネスモデルは、「ワールドビジネスサテライト」「とくダネ!」などのテレビ番組をはじめ、各メディアでも紹介されています。    平日・土日祝日も営業中(10:00-19:00)です。お気軽にお問い合わせください。フリーダイヤルはこちら0800-100-6633


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る